新 着 記 事
(11/19)バッハ「シャコンヌ」ピアノ編曲版(ブゾーニ&ブラームス)楽譜とCD
(11/09)フィギュアスケートの使用曲たち☆グランプリシリーズ2011
(01/11)あけおめ☆ことよろ6(フィギュアおすすめCD)
(03/01)真央ちゃんからの金メダル?
(02/28)ラフマニノフ前奏曲集おすすめ楽譜☆真央ちゃんの鐘をピアノで弾こう!
(02/22)真央ちゃんの、ラフマニノフの前奏曲「鐘」(プレリュードOp3-2)
(02/08)ベートーヴェンが4割引!?
(01/09)あけおめ☆ことよろ5
(01/15)あけおめ☆ことよろ4
(12/14)フィギュア2008グランプリファイナルの使用曲☆クラシック編
(11/19)真央ちゃんの「仮面舞踏会」を弾こう! ピアノ譜ダウンロード
(11/07)小室哲哉にまつわる我が家の事件簿&ヴィヴァルディ
(10/08)アニメ☆のだめカンタービレ巴里編 気になる曲は♪
(08/07)運動会曲「道化師のギャロップ」 オーリスだって疾走中
(08/02)アマゾンで試聴できなくなった???
(07/22)アヴェマリア対決、エビピラフ VS ドルチェアイス
(07/17)CMオリジナル曲探しに お役立ちアイテム
(07/13)スズキSX4 CM曲、西本智実指揮ジュピター
(06/30)プロコフィエフのピアノロールCD、自作自演+他人の曲
(06/27)ピアノロールの話。大作曲家たちが弾いた演奏を聴こう!

ぶろぐらんく小   ☆★☆ もっと過去の記事を探す 目次・記事一覧表へ   ☆★☆トップページへ
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2005年12月12日

モーツアルトの子守歌 モーツァルトVSフリースどっち?

「子守歌」の作曲者について、調べてみました。
最近の研究では、フリースで、ほぼ確定とみてよさそうです。

海老澤敏先生 監修の 「モーツァルト事典」全作品解説事典 の 記述によりますと、
「モーツァルトの子守歌」は、

モーツァルトの遺品に 筆写譜のかたちで含まれていたものである。
・モーツァルトの死後、妻コンスタンツェの再婚相手である ニッセンの著作、「モーツァルト伝」(1828年)の付録で 初めて紹介された。
・この曲の真偽をめぐり、さまざまな論議が戦わされたが、今日では、歌曲史の研究者 マックス・フリートレンダー の結論どおり、ベルハント・フリース(1770〜?)の作品であろう と考えられている。
・真作として K350 という作品番号もつけられていたが、ケッヘル第6版でも、このフリース説 を受け入れて 疑義ある作品として 補遺に収めている。

とのことで、
この 「モーツァルト事典」 でも、他の何曲かとともに、「疑義ある作品」として 分類されています。
  注: K(ケッヘル)= モーツアルト作品目録のこと  ケッヘル番号については ここから


さらに、「世界の愛唱歌」1000字でわかる名曲ものがたり によると、

ベルリン住の 医学博士で、熱心な音楽愛好家、モーツァルトの大ファンだった、フリースが、フリードリヒ・ウィリアム・ゴッター(1746−91)の詩に 作曲し、1795年に 発表したものと判明。

とのことです。


実際に 楽譜やさんに行って見てみると、歌の楽譜はさすがに、フリース作曲「モーツアルトの子守歌」としているものがほとんどです。
「フリースの子守歌」の題名になっているものもありました。

ピアノの楽譜は、子供用の曲集、音楽療法の曲集など、新しいものでも モーツアルト作曲 になってるものが 結構ありました。
私が 今回見つけたものでは、残念ながら モーツアルト作曲 の方が多かったりして。
親切に フリース作曲で、元はモーツアルト作だと信じられていたお話を書いてある楽譜もありましたけれどもね。

うちにあった楽譜も、モーツァルト作曲が2、フリース作曲が1、出版年が かなり新しい楽譜が モーツアルト作になってたので、そちらを採用したのですが、完璧なるドルチェの勉強不足。
ちゃんと自分で調べないとダメですね。出版物も、うのみにしては、いけないということで。
お詫びして、訂正いたします。

ということで、養命酒のCM曲 の記事にも、「フリース作曲」の一文を加えておきます。

モーツアルトの父、レオポルト・モーツアルト 作曲の「おもちゃのシンフォニー」も、ずいぶん昔は ハイドンの作品だとされていた と聞いています。
日々、研究は進んでいるのですね!

K、ケッヘル番号については、明日、投稿したいと思います。 → 投稿したよ

あー、疲れたっ。 久しぶりにマジメに勉強しちゃいました(笑)。
今回は、図書館を利用しましたが、いいなぁ、この本2冊ともほしいなぁ。
でも、高いなぁ。

「モーツァルト事典」アマゾンで倍の値段になってるし。せどりの人、探してみては?
パパ・レオポルト・モーツアルトの「おもちゃの交響曲」のCDも、下で紹介しておきますね。
どーみれ どーそふぁ みーらそ そふぁみー♪ おもちゃ楽器を使う、とてもかわいい曲です。
幼児番組なんかで流れてたりしますし、小学校で聞いたかもしれないですよ。



---------------------------------------------------------------------
ドルチェのモーツァルト関連記事
  ・1月27日は モーツァルトのお誕生日
  ・モーツァルトの死、埋葬場所。 お墓にゃ、いないよ
  ・モーツァルトの頭蓋骨は、本物だったのか? 結果発表
  ・モーツァルトの お下品な歌
  ・きらきら星変奏曲って、僕の曲のこと?
posted by ドルチェせんせ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ちデータ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

有名作曲家のフルネーム & 出身国 & 生没年 No.1

やっぱさ、好きなひとの名前って、苗字だけでなく 全部知りたくなぁい?
そんなあなたの願望を満たすため、ドルチェが 一肌脱いじゃったわよぉ。
年表としても使えるように、年代順に並べてありますので、学習者の方もご活用下さいね。

国によって読みが違ってきますが、ここではごく一般的な読み方で カタカナ表記にまとめてみました。
活躍していた国や、生まれた国の読み方になってる場合が多いようです。
ゲオルグ=ジョージ=ジョルジュ  ピョトル=ペーター=ピーターだったりする・・・


[バロック]
アントニオ・ヴィヴァルディ (イタリア) 1678-1741
ヨハン・セバスチャン・バッハ (ドイツ) 1685-1750
ジョージ・フリードリヒ・ヘンデル (ドイツ→イギリス) 1685-1759

[古典派]
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン (オーストリア) 1732-1809
ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト (オーストリア) 1756-1791
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (ドイツ) 1770-1827
ニコロ・パガニーニ (イタリア) 1782-1840

[ロマン派]
フランツ・ペーター・シューベルト (オーストリア) 1797-1828
ヤコプ・ルートヴィヒ・フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ (ドイツ) 1809-1847
フレデリック・フランソワ・ショパン (ポーランド) 1810-1849
ロベルト・アレクサンダー・シューマン (ドイツ) 1810-1856
フランツ・リスト (ハンガリー) 1811-1886
リヒャルト・ワーグナー (ドイツ) 1813-1883
ジュゼッペ・ヴェルディ (イタリア) 1813-1901
ヨハン・シュトラウス2世 (オーストリア) 1825-1899
ヨハネス・ブラームス (ドイツ) 1833-1897
シャルル・カミュ・サン=サーンス (フランス) 1835-1921
モデスト・ペトロヴィチ・ムソルグスキー (ロシア) 1839-1881
ピョトル・イリイチ・チャイコフスキー (ロシア) 1840-1893
アントニン・ドヴォルザーク (チェコ) 1841-1904
エドヴァルド・ハーゲループ・グリーグ (ノルウェー) 1843-1907
ガブリエル=ウルバン・フォーレ (フランス) 1845-1924
ジャコモ・プッチーニ (イタリア) 1858-1924
グスタフ・マーラー (オーストリア・チェコ) 1860-1911

[近代・現代]
クロード・アシル・ドビュッシー (フランス) 1862-1918
リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス (ドイツ) 1864-1949
アレクサンドル・ニコライエヴィチ・スクリャビン (ロシア) 1872-1915
セルゲイ・ワシリエヴィチ・ラフマニノフ (ロシア) 1873-1943
アルノルト・シェーンベルク (オーストリア) 1874-1951
グスターヴ・ホルスト (イギリス) 1874-1934
モーリス・ジョセフ・ラヴェル (フランス) 1875-1937
オットリーノ・レスピーギ (イタリア) 1879-1936
イゴール・フェオドロヴィチ・ストラヴィンスキー (ロシア→アメリカ) 1882-1971
セルゲイ・セルゲイエヴィチ・プロコフィエフ (ロシア) 1891-1953
ジョージ・ガーシュウィン (アメリカ) 1898-1937


独断と偏見で有名どころを並べてみました。
なんであの方がいないのよっ!って不満の声も聞こえそうですが。
ドルチェ的にも涙を飲んで載せなかった方がたくさんいるのでお許しあれ。
また気が変わって追加するかもしれません。

フランツ とか セバスチャン とか、気安くよんでみると偉大な作曲家もお友達みたいでしょ?
この、お名前によるエピソードなどは、No.2に続く お楽しみに!

[ 追記 ]
posted by ドルチェせんせ at 23:27| Comment(6) | TrackBack(0) | お役立ちデータ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。