新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2008年04月16日

ピアノの打弦機構の写真&ワイセンベルク+カラヤンのDVD

弦を張ったグランドピアノ箱の中には、こんなもんが収められています。
鍵盤からつながるグランドピアノの打弦機構、アクション部分です。
日頃、あまり見る機会のない画像でしょ?
鍵盤のフタを取り外して(簡単に外れます)、鍵盤の両端下側のネジを外すと、タンスの引き出しみたいに 引っ張り出せます。
ピアノアクション  ピアノアクション2
    画像をクリックすると、もっと大きな画像で見られるよん

鍵盤を押すと、上方の白いトンカチ(ハンマー)が上下に動きます。
グランドピアノは、地面と並行に張ってある弦を、下から突き上げる形で叩いて音が出ます。
アップライトピアノだと、縦方向に張ってある弦を、きつつきみたいに叩くので、形が違います。
打鍵した後、ハンマーが自然落下するグランドピアノと、きつつき方式をスプリングで戻すアップライトでは、1秒間に可能な打鍵数が 倍くらい違います。 例えば、14 : 7

通常の調律、音程あわせだけだと、こんな風に取り出す必要がないので、私としても、しょっちゅう お目にかかれるわけではありません。 記念写真を撮ってあげました。
シフトペダルの調整のため、取り出したところです。
ハンマーの部分をいじったりする場合にも、取り出して調整することになります。
通常の調律代 + 別料金どす(涙)。

シフトペダルとは、 グランドピアノにおける 向かって左端のペダルで、踏むと 写真に写ってる部分がまるごと 横に移動します。 鍵盤ごと3ミリくらい動く。
弦が張ってあるピアノ箱は動かないので、結果、いつもと ずれた位置にハンマーが当たることになり、音質や音量が変わります
1音に対して 3本の弦を打っていたのが2本に、低音域の 銅線を巻いた2本弦、1本弦も、 端っこ叩きなさいよぉ! 状態に。
楽譜に u.c. ウナ・コルダ の記号が書いてある時は、このペダルを踏めっちゅーことです。 実際には、1本弦(ウナコルダ)じゃなく、2本弦打ってるとこが ほとんどなんだけども。
ハンマーの硬さの違う部分を利用して、音質を変えてるともいえます。
ハンマーの白い部分は、外側よりも 中心に向かうほど フェルトの巻きが堅くなっています。
ふだん 弦に当たってる部分は、ハンマーのフェルトが 削れたり硬くなってくるので、シフトペダルでずらして、より柔らかいフェルト部分で打弦することになると 音色は変わります。
ハンマーに溝ができすぎて 音色に悪影響が出るようだと、削ったり、針刺したり、ハンマーの硬さを調整する必要が出てきちゃいますけども。
ペダルの踏み込み具合で、横に移動する幅は びみょーに調整できます。
ね、ね? 楽しそうでしょ?  ミリ単位の芸術(笑)。

ちなみに、アップライトピアノの左端のペダル = ソフトペダルを踏むと、ハンマーが弦の近くに移動します。 近くから打弦することで、音量が押さえられるしくみです。
グランドとアップライトでは、ペダルの機能も違うのでーす。

かわいい ピアノの構造に興味を持たれた方、入門編には、こんな本がおすすめ かわいい
     本 ビジュアルで楽しむ ピアノの世界 本
写真、図解満載で、わかりやすくピアノの内部が解説されてて、おもしろいと思います。
鍵盤楽器の歴史も見られるし、時代ごとのピアノの進化が ひじょーにわかりやすく説明されていて、ピアノ学習者は 特に、読んでおいてほしい一冊。
ピアノを習う子供たちにも、ぜひ見せてあげたいですね!
さらに ピアノの構造に深く興味を持たれた方は、調律の本なんぞを読むと、ウホウホ楽しいですわよん!
調律師さんや、ピアノ製造側の人が舌を巻くほど、ピアノの内部構造に詳しく、わずかな異変も聞き逃さず指摘してたと言われている、ミケランジェリのようなピアニストもいらっしゃいます。
ミケちゃんの ピアノの調整に対する異常なまでのこだわりは、変態そのもの(爆)。


かわいい ピアノ演奏中のハンマーの動きまで見えちゃうDVD かわいい
今年は、カラヤン生誕100年でもありますし。

カラヤン指揮 ベルリンフィル  ピアノは、ワイセンベルクさまの
   チャイコフスキー作曲 ピアノ協奏曲第1番 のDVD
ヘルベルト・フォン・カラヤン/チャイコフスキーヘルベルト・フォン・カラヤン/チャイコフスキー

ヘルベルト・フォン・カラヤン. アレクシス・ワイセンベルク. ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 エーケ・ファルク

ニホンモニター株式会社ドリームライフ事業部 2007-06-27

Amazonで詳しく見る

1曲通しで音楽が進行する中、普通に演奏してる映像だけでなく、演奏中には 絶対撮れないであろう映像まで 見られる作品です。
不思議なアングルで、演奏中の動きや、楽器の状態が観察できます。
見てると、変態な気分になってきます。 ピアニストにまとわりつく ハエにでもなったような(爆)。
ふだんはフタで隠れてる 鍵盤の塗装してない部分が、チラリと見えたり。
最後は とうとう、ピアノのハンマーが ポコポコ動く様子が丸見えの映像に。
ハンマーの向こうに、打つべき弦が無い状態にした楽器を弾いてる ピアニストの姿が見えます。
もちろん、ちゃんと音楽に合わせた場所を弾いてるのが楽しめます。
ピアノの中身だけ出して撮ったり、フタとか いろいろ外して カメラ仕掛けたりしたんでしょうか?
おかげで、ピアノは指紋だらけ(笑)。
美しさに こだわるカラヤンさんなら、ピアノ磨きも徹底しとけば良かったのに、な〜んて思いながら 見とれているのでありました。
楽団員のハゲ頭が反射して ライティングに悪影響を及ぼすってんで、ヅラを被せたとかなんとかゆー話も耳にしますし(爆)。

なんでも、「ワイセンベルクがペトルーシュカを弾く」っちゅー映画があったらしく、それを見たカラヤンが、自分とベルリン・フィルの音楽映画を制作するためにこの映画監督と このピアニストも連れて来い! ってことになったらしい。
カラヤン、音楽ビジュアル化大作戦。
ペトルーシュカの演奏では、あらゆる角度から撮影するために、ピアノを部分的に取り外したり、弦を通して撮影した などと、ワイセンベルク様が書いてらっしゃるので、チャイコンでも そーゆーことしたと思われ。

カラヤンとワイセンベルクのチャイコンを聞いてみたい人は、こちらから。
  → Tchaikovsky: Piano Concerto No. 1; Rachmaninov: Piano Concerto No. 2
チャイコフスキーの第1番と、ラフマニノフの第2番のピアノ協奏曲が 試聴♪できます。
チャイコフスキーは、DVDとは違って パリ管との録音ですが、ラフマニノフは ベルリンフィルです。

おまけ: ワイセンベルクが弾くペトルーシュカの試聴♪は、ペトルーシュカおすすめ第2弾(のだめアニメ第22話) の記事でよろしく〜。


お久しぶりです。
さぼっているのは、なかなか中耳炎が治らず苦戦しているからでーす。
やる気が出ないので、写真でごまかそうと思ったら、ついでにDVDに見入ってしまい・・・。
音楽がへんてこりんに聞こえて悲しい時は、映像に走るっちゅー楽しみ方も いいかもぉ。



posted by ドルチェせんせ at 03:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 音楽おもしろネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ、写真付きだ。グランドピアノの中身は、普通なかなか見る機会もないので貴重です!
子供のころから分解好き(女子なのにメカ好き)だったもんで、電化製品はもちろん、実家のアップライトピアノも当然、ふたを開けて確認してました(笑)
調律って、分解好きには異常に興奮する作業なんですよね〜。あの、素人にはわからない微調整を繰り返す感じがなんともいえず。
「高音部をもう少しかために」とか何とか言って、フエルトを微妙に削ってもらうのが憧れ(爆)
そして、このDVDはすごい。演奏中のハンマーの動きまで見えるとは!マニアックだー。
指紋だらけ、などというツメの甘さも、外国っぽくて(?)笑えます。(でもどうせならピカピカに黒光ってて欲しいな)
Posted by Haru at 2008年04月16日 12:59
昔、ピアノの譜面を書くときには詳細に
ペダル記号を表記していたのですが…

「あ〜 無視しやがったな!
 ア〜タ! この記号が見えない?」
「フン、そんなの演奏者の勝手でしょう」
おっしゃるとおりです。

現在は一切記入せず、演奏者に「おまかせ」しております。
Posted by PINK MOZART at 2008年04月16日 22:43
Haruさん
うぷぷ。分解少女だったのね(笑)。
確かに、中がどうなってるか、未知の世界を覗くのって、たまらなく刺激的。
ピアノの中で、あんなにたくさんの部品が活躍してると思うと、興奮せずにゃいられましぇん。
調律見てると楽しくて、合間にいろんなお話聞かせてもらったり、よく邪魔してます。
料金を全く気にせず、徹底的に自分の好みの状態にピアノをいじってもらうの、夢だなぁ。
気分だけ、大ピアニストになれそう(爆)。
このマニアックDVD、ペダル、足元は全然映さないのが残念でしてねぇ。
ダンパーの動きは、少し楽しめるんだけど、もっと見せろ〜!です。
ドラマの撮影シーンで、ちょっと撮るたびに、メイクやらヘアスタイルやらいじってるのあるじゃない?
あんな感じで、ピアノ磨き人を配置しておけば・・・。
あの指紋だらけのピアノ、カラヤンの美学に反しなかったのが不思議(笑)。
Posted by ドルチェ at 2008年04月17日 08:30
PINK MOZARTさん
書き手と、弾き手の、見えざるバトル?
う〜ん、どんなに頑張っても、奥深いペダルの世界をきっちり表記するなんぞ無理がありますから、演奏側は勝手癖ついてるかも(笑)。
一応、何でそーゆー指示したのかは考慮しますけどね、理解に苦しむ指定に出合ったり、その場で残響計算して変えるし、こっちのがいいじゃん!とか。「おまかせコース」なほうが、両者ストレスたまらなくてすむかな。
楽譜書く人は、やってほしいことを伝える努力を、演奏側はその思いを拾う努力を、で、歩みよれなかった時は、それぞれ相手のせいにでもしてみましょうか(爆)。
Posted by ドルチェ at 2008年04月17日 08:54
ドルチェさん、こんばんは!

ハンマーむき出しの解剖写真、初めて見ました!
生徒さんたちも狂喜乱舞しそうですね〜
こ、これら一つ一つに画鋲をつければチェンバロに…!?
さらに別料金が掛かってしまいそうですが(汗)

それにしても鍵盤とハンマーの色のギャップがすごい…!
改めてピアノって木造なんやなぁ…という感想を持ちました。。
Posted by sumito96 at 2008年04月19日 23:36
あ、コラコラ!
こんなピアノ向けサイトで、あの「悪行」を
バラしたらダメだって、必ずマネっこがでるんだから…

ドルチェ先生

sumito96氏のコメントは「削除」しちゃいましょう! あまりにも危険です(爆
Posted by PINK MOZART at 2008年04月20日 14:20
こんにちは〜
カラヤンにワイセンベルクなんて、
恋いえ、濃い組み合わせですねぇ。

ピアノの中の構造を知っていると、
腱鞘炎になりにくいと聞いたことがあります。
それで、一回はふたを外して、中を子どもに見せていますが、先日ハメ損ねて、傷をつけてしまいました。(もう2度と外さんぞ!)

今年の花粉はしつこい。
ついでに足も痛い。
今日は一日お休みしております・・・はい。
Posted by あるまんど at 2008年04月20日 14:58
sumito96さん
残念ながら、生徒ちゃんたちに、この赤裸々な姿をナマでは見せてあげられないので、写真で興奮してもらってます。
あとは、隙間から、のぞき見してもらって。
って、主語ないと、何だか勘違いされそな文だな(爆)。
あ、どなた様かの悪行伝説の?!画鋲チェンバロですね!!
ダメ、そんな太いの刺したら・・・。
フェルトを柔らかくするのに針刺しますが、画鋲なんぞぶっ刺しちまったハンマーフェルトは、その後どのような運命が???
あぁ、いたわしや・・・。
Posted by ドルチェ at 2008年04月21日 01:09
PINK MOZARTさん
ピアノにかわって、おしおきよっ!!(気分は、セーラームーン♪)
そこのピンク色のボク、悪い子は、おしりペンペンです(爆)。
良い子のみなさんは、自分の大切なピアノに画鋲刺しっぱなしにしたりしないだろうけど、学校のピアノに危険が迫る?
ダメです、だめです。絶対にいけません。
チェンバロごっこは、良い子のドルチェのように、弦の上に定規を乗せて音だけで楽しむようにっ。
Posted by ドルチェ at 2008年04月21日 01:17
あるまんどさん
せんせのとこのカラヤン記事で、このDVDのことを思い出してしまい、ヨダレ垂らしながら魅入ってる日々です。
う〜、いい男だなぁ(爆)。
そうですよね、ピアノの構造も、身体の構造も、知っておいたほうが、絶対にいいですよね!!
うちのピアノも傷だらけです・・・。 鼻クソとか付けられるし。
私が行ってる耳鼻科は、一時の気違い沙汰に比べるとずいぶん空いてきました。
ヒノキ族は、スギ族に比べると少ないのかしら?
花粉の辛さも、足の痛さも、あるまんどさんとお揃い!と思って、私の方も頑張りますわ。
早く、おしゃれな靴を履いて、歩き回れるようになりたいですね。 あぁ、痛い。
Posted by ドルチェ at 2008年04月21日 01:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。