新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2008年03月29日

キリンビール円熟CM曲、仮面舞踏会

キリンの缶ビール「円熟」のCM曲として、ハチャトゥリアン作曲 組曲「仮面舞踏会」の第1曲目「ワルツ」 が、使われています。
[追記 2008.11月:浅田真央選手のフリー曲です。2008グランプリシリーズ
 真央ちゃんの「仮面舞踏会」を弾こう! ピアノ譜ダウンロード の記事もどうぞ]
   KIRIN のサイトでCM動画 が見られます → http://www.kirin.co.jp/brands/enjuku/cm/
すごいよ、曲名のみならず、指揮者やオケ名、どのCD使用してるかまで書いてくれてます。
ぶらぼー! CM公開サイトの鏡じゃ。 他の企業も、ぜひ真似してくださいませ。
ドラマティックでゴージャス。 大人じゃん! な円熟の香りというか、黄金、琥珀色、麒麟マークにもよく似合う、いかした選曲だと思いマス。


「仮面舞踏会(マスカレード)」  1940年作曲
アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン (1903.6.6 − 1978.5.1)  ソビエト

レールモントフの戯曲 「仮面舞踏会」のための劇音楽を、後に 5曲構成の組曲にしたもので、「円熟」のCMでは、組曲での第1曲目「ワルツ(円舞曲)」 が使われています。
ハチャトゥリャンによる音楽で 「仮面舞踏会」の劇が上演されたのは、1941年。
レールモントフの「仮面舞踏会」 の内容を知らないので、CDの解説を引用させていただくと (ラザレフ指揮、ボリジョイ交響楽団のCDより、後ほど おすすめCDとして ご紹介します)、帝制ロシアの貴族社会を舞台に、嫉妬にかられた夫が妻を殺してしまうという悲劇 だそうです。

ハチャトゥリアンの表記については、ハチャトゥリャンだったり、ハチャトゥーリアンになってたり、いろいろあって 悩みます。
アルファベット表記では、Khachaturian で検索すると探しやすいかしら?
ロシア音楽事典 という本には、ハチャトゥリャーン Khachaturyan で載ってますが、これだと見つけにくくなっちゃいます。 ロシア語の発音に近い書き方で載せてるらしく、チャイコーフスキイとか、ラフマーニノフ、ムーソルグスキイ、プロコーフィエフ。んな感じ。

ハチャトゥリアンは、現在でいうグルジア、トビリシ生まれ。 んで、アルメニア人
アルメニア民謡、アゼルバイジャンの音楽などに囲まれて、カフカス地方で育ちます。
18歳でモスクワに出てきて、モスクワ大学理工学部に入学するものの、音楽に取り付かれてしまい、翌年、グネーシン音楽院のチェロ科へ転校(新設されたばかりで入りやすそうなのがチェロ科だった)。その後、作曲科に転入。 → 26歳で モスクワ音楽院へ、作曲を学びます。
理工学部の学生が、音楽の道へ、作曲家になりたくなっちゃった きっかけが、たまたま モスクワ音楽院の大ホールに初めて入ったら、ベートーヴェンの第九交響曲と、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を 演奏してた。感動、もう止まりましぇ〜ん! って感じだったらしい(笑)。
社会主義国家ソヴィエトの作曲家として活動。 モスクワで死去。
ソ連における、アルメニア民謡ってか、カフカス地方民謡伝承担当係? 民族音楽と西洋音楽的作曲技法のミックス。

ハチャトゥリアンは、ショスタコーヴィチと同世代です。
プロコフィエフは、10歳くらい上の世代。
ハチャトゥリャンが モスクワ音楽院で作曲を学んだ ミヤスコフスキー先生は、プロコフィエフの親友です。 (プロコ様より さらに10歳年上だけど、ペテルブルク音楽院の同級生だった頃から、長いこと仲良くしてくれた ミャスコーフスキイ)
みなさま ご一緒に、国家が決めた音楽方針に振り回され、持ち上げられたり、落とされて干されたり、大変でございました。  スターリン賞 グッド(上向き矢印)  音楽における反人民的犯罪者 バッド(下向き矢印)

スターリン体制下ソヴィエト 「社会主義リアリズム」 の音楽規制については、
  ・アクオス携帯のCM曲は? 予想外だ! の記事で。

ショスタコーヴィチが出場した、第1回ショパンコンクールの話。 その時の優勝者、レフ・オボーリン(アシュケナージのピアノの先生)は、ハチャトゥーリアンのピアノ協奏曲を初演した人。作品を献呈されてます。  ・ショパンコンクールでのショスタコーヴィチさん
ハチャトゥリアンのピアノ協奏曲って、かっこいいのよん。 後ほど、試聴リンクはりますので、ぜひ聞いてみてね!
バルトークや、プロコフィエフのピアノ協奏曲が 嫌いでなければ、ハチャトゥーリアンのも はまると思うんだけどなー。

☆ ハチャトゥリアンの曲といえば、こればっか有名な「剣の舞」は、ドラマ「のだめカンタービレ」のBGMにも登場。  ・ベートーヴェン交響曲ピアノ版☆のだめ第4話

ハチャトゥリアンは、極太の眉毛に、目も鼻も口も大づくり、はっきり言って かなり濃い(笑)。
強烈なリズムが魅力的な、エネルギッシュで ドラマティックな音楽が 目立ちますが、やっぱ、見た目とも よく合っていると思います。
私たちは学生時代に、ハチャトゥリアンのことを、「まゆげ」 とか 「セサミ」 とか お呼びしていました。セサミストリートに 眉毛のすごいキャラがいたんだもん・・・。


ハチャトゥリアン 仮面舞踏会のワルツ をピアノで弾いてみたい人へ
「仮面舞踏会の舞曲 Tanze aus Masquerade」 としてピアノ譜が出ているようです。
私は この楽譜持っていないので、楽譜探しの必殺アイテム ピアノ・レパートリー事典 に載ってた楽譜の番号を書いておきます。
  Sikorski2105 と Boosey & Hawkes3490
うちにも、ハチャトゥリアンのピアノ作品集のCDに、「マスカレードのワルツ」ピアノ版が入ったのがありました。 ピアノでも 結構ステキよん。
[追記: ピアノ譜 無料ダウンロード の記事へ]


晴れ さて、ついでに 抱き合わせ販売曲をば。
円熟のCM曲が好きな人は、きっと気に入ると思う、おすすめのピアノ曲。
「仮面舞踏会のワルツ」 っぽい、ドラマティックなワルツはいかが?
   ハチャトゥリアン <少年時代の画集>より 「誕生日のパーティー」  1947年作
  試聴&ダウンロードイリーナ・メジューエワ『バースデー・パーティー(ハチャトゥリャン)』るんるん
(もっとドラマティックで逞しい演奏のが好きなんだけど・・・。正直、こーゆータイプのピアニストは苦手デス。でも、美人さんですヨ。)

子供の発表会曲として 重宝しています。 なんちゅーか、すごく発表会映えする曲だと。
○○ちゃんが弾いた曲、かっこ良かった〜! ってファンが増えます。
ピアノレッスンを再開した大人の生徒さんなんかにも、好評。
この曲を紹介すると、弾く人も、聴く人も、気に入ってしまうことが ヒジョーに多いのよー。
うちでは、紹介成功率100%の曲。
まぁ、向いてそうな人、好きそうな人にしか おすすめしないから、当たり前なんだけど(笑)。

ハチャトゥリャンの 「バースデイ・パーティー」 を弾く場合には、オーケストラ版 「マスカレードのワルツ」 を聴いて、イメージを膨らませてもらったりしています。
ピアノの楽譜って、色指定のない ぬり絵みたいなとこがあるから、オーケストラの曲、特に 同じ作曲家さんの 似た雰囲気の曲を聴くと、色彩が見えてくるような、ドラマが見えてくるような、良いことがいっぱいあると思うのです。
最初に 「誕生日のパーティー」 の楽譜見た時に、「マスカレード」 が浮かんでしまったせいで、私にとっては、すっかりセットになってしまいました。

全音から楽譜が出版されいるので 入手しやすいです。
  ピアノ譜 → ハチャトゥリャン こどものためのアルバム 第1集 少年時代の画集
全音楽譜の難易度では、第2課程〜第3課程。チェルニー30番、ソナチネアルバム程度。
ピアノの先生ホヤホヤの頃は 特に、発表会の曲探しに 血まなこになりますが(笑)、この曲集は おすすめです。 「誕生日のパーティー」 以外にも 魅力的な曲が入ってます。
チェックしてもらえたら嬉しいなぁと思う、お気に入りの曲なのでした。
仮面舞踏会と一緒に、よろしくね!


ハチャトゥリアン 仮面舞踏会 おすすめCD 試聴♪

   

左から:
*試聴用サンプル ディスク2−1が、円熟CMの マスカレードのワルツ。 組曲<仮面舞踏会>は 5曲別々に、他に、ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、交響曲第2番が、試聴できます。
(注意:2008.8月頃から、このCDは amazonで試聴できなくなったようです)
同じCDが、HMVで試聴できまするんるんピアノ協奏曲(ラローチャ)、ヴァイオリン協奏曲(リッチ)、交響曲第2番(ハチャトゥリアン&ウィーン・フィル)、ほか(2CD)
icon
試聴できまするんるん 組曲<仮面舞踏会>は、全5曲収録。 他に、運動会で聴いたことあるかも カバレフスキーの 「道化師のギャロップ」、2007〜2008中野友加里選手のフリー曲 リムスキー=コルサコフの 「スペイン奇想曲」。
*<仮面舞踏会>は 「ワルツ」と「マズルカ」2曲だけの収録ですが、「剣の舞」でおなじみのバレエ<ガイーヌ> や、バレエ<スパルタクス>の音楽が楽しめて、ハチャトゥリアン入門におすすめ。 ラザレフ指揮 ボリジョイ交響楽団。
マスカレードのワルツ ピアノ版。 ハチャトゥリアン ピアノ作品集。


オーケストラのミニチュアスコア 楽譜
   スコア ハチャトゥリアン 組曲「仮面舞踏会」 (Zen‐on score)


posted by ドルチェせんせ at 09:47| Comment(8) | TrackBack(0) | あの曲は何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、Sesame StreetのBERTそっくり!

アーサー・C・クラークが亡くなりましたね。
「2001年 宇宙の旅」で効果的に使われていた
「ガイーヌのAdagio」=少年時代の画集「インヴェンション」を追悼公開しようと考えましたが、
没年が1978年ですから権利関係が非常に「ややこしく」てあきらめました。

もう一つ、Vl'-Concertoを三味線コンチェルトに作り替えると「破天荒でおもしろだろうな」
と密かにたくらんでいます…でも、

20年後にやっと解禁か… フゥ。
Posted by PINK MOZART at 2008年03月29日 12:57
PINK MOZARTさん
セサミストリートのまゆ毛キャラは、バートくんって言うのか〜。(知らんかった人より)
「少年時代の画集」の話がすぐ通じるあたり、感激しちゃうな。
ハチャトゥリアンのヴァイコンで三味線をかき鳴らし・・・
あまりにもはまりすぎだっちゅー(爆)。
鼻血噴出させながら、狂喜乱舞。一緒にエア三味線して遊ぶ予定。
20年後、楽しみにしておりまする。
先が長い話だなぁ。
ねぇねぇ、その前に、著作権切れの作曲家さんで、抱腹絶倒ものってのは、やっぱダメ?
Posted by ドルチェ at 2008年04月01日 01:47
ハチャトゥリャンって、どこにアクセント付けて言うんだろう?ロシア語分かりませ〜ん。

「誕生日のパーティ」も知らないです(汗)
う〜ん楽譜チェックしなくっちゃですねぇ。

発表会に映える曲って、なかなか難しくってね。
良い情報をありがとう〜

今日は雨だから、ちょっとラク・・・カフン、ハックション
Posted by あるまんど at 2008年04月08日 11:01
あるまんどさん
私の音楽の好みからすると、ロシア語やるべきだよなぁと思いつつ、文字見ただけで恐ろしくて手がつけられずにいます。
あぁ、情けにゃい。語学の才能ゼロなの・・・。
「誕生日のパーティー」は、3ページの短い曲ながら、ドラマがあるし、いろんな手の使い方が研究できたり、学習アイテムとしても気に入ってるのです。
あえて調号なしで、全て臨時記号で書かれてるあたりも、人によっては学習させやすいかと。
へんてこ愛好家の私にしては、まともな曲集だと思うので(爆)、よかったら、一度立ち読みでもしてみてくださいませ。
早く花粉が終わらないと、ノイローゼになりそです。私の耳を返せ! 美肌を返せ?!
風が強い日は特につらいですよね。共に戦いましょうぞ。
Posted by ドルチェ at 2008年04月10日 02:32
ドルチェさん、こんばんはー。お久しぶりです!
いろんなことが重なって(家の引っ越しとか)、ご無沙汰してしまいました<(_ _)>
耳のほうはいかがですか?

最近まともにテレビも見てないんで、CMにもさっぱりついていけません。。。
にしても、「濃いまゆげ→セサミ」となるセンスには爆笑!
つながり眉毛のキャラですね(笑)個人的には、モジャモジャのモジャボーも好き♪
って、どーでもいい話ですね(^_^;)
Posted by Haru at 2008年04月16日 01:15
Haruさん
また旅に出てるかなぁと、おみやげ話を期待してたんですが、お引越しとは大イベントで!
エネルギー使いますよね、お引越し。 片付けて、落ち着くまで、ほんとに大変。
耳はねー、まだ通院してたり(汗)。
そうそう、子供の頃のHaruさんみたいに、治療中に鼻血ボタボタ、とうとうやりました!
したらね、他は通常の治療だったのに、いつもより処置代が高かったの・・・。
鼻血止めるぶん加算されたのか? なんか損した気分だな(笑)。
モジャボー?
早速、検索して見てみよっと。
名前と顔が一致しないんだけど、何となくアイツかな?ってのは浮かんでます。
みなさん、セサミ、詳しいのねん。
Posted by ドルチェ at 2008年04月16日 04:04
再び登場です。
鼻血ブーやっちゃいましたか(T_T)治療費が高くなるとは気付かなかった。
粘膜が弱ってるとクセになるらしく。お気をつけくださいねー。
ところで、モジャボーじゃなくて、正確には「モジャボ」でした。
勝手に伸ばして呼んでた(笑)一応訂正をば。。。
Posted by Haru at 2008年04月16日 13:05
Haruさん
モジャボですね。 訂正のご報告ありがとうございます!
モジャボーのが、かわいいぞー。
セサミのサイトで見てきたんだけど、昔とは、キャラの雰囲気が変わったような。
私が想像してたモジャモジャなのは、もういなくて、違ってたの。ぐすん。
そういえば、耳鼻科の治療始めてから、いつもビミョーに鼻血出てるような感じになっちゃってます。
Haruさんがおっしゃるように、粘膜弱ってきちゃったのかも。気をつけねば。
Posted by ドルチェ at 2008年04月17日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。