新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2005年11月01日

「鬼嫁日記」鬼嫁からの恐怖の着メロ 曲名は?

ベートヴェン の 「運命」 でしょ?
ここまでは、クラシック に興味のない人でも知ってる人多そうです。
うちは一応専門サイトですからね、もうちょっと掘り下げてお話してみようと思います。

まず正式名称でいうと、ベートヴェン作曲 交響曲第5番 「運命」
この 第1楽章 の冒頭の部分が使われています。
運命が扉を叩いている音です。
ベートヴェン のお弟子さんが、後に語った エピソード によりますと、師匠は「運命はこのように扉を叩くのだー!」と、この ソソソミ♭ー についておっしゃってたとか。
クリスタル のCMでは、ク・リ・ス・タ〜ル♪ と替え歌していますね。

ベートーヴェン が35歳くらいの時の作品ですが、すでに耳が聞こえなくなってきていたと。
しかも、治らず、どんどん悪くなるばかり。音楽家 が難聴におかされるなんて、過酷な運命としかいいようがありません。(涙)

交響曲シンフォニー ってのは、簡単に言っちゃえば、オーケストラ版ソナタ のこと。
ソナタ。冬ソナ? って思った人、いずれ ソナタ や、ソナタ形式 のお話もしますので、もう少しお待ちになってね。あせっちゃダメよん♪
今回はとりあえず、オーケストラの曲 ってことにしときましょ。

で、あの 着メロ の出だしの部分、
ソソソ ミ♭ーー ファファファ レーー だと思われがちですが、
ほんとは、あたまのところに短いお休み(8分休符)があり、
(ん)ソソソ ミ♭ーー  (ん)ファファファ レーー です。

この(ん)がね、とっても大事なんだよぉ。
この休符ゆえに、本当は指揮者泣かせの難曲なんだ!と指揮のせんせがおっしゃっていました。
そのわりに、有名曲なので素人に毛が生えたようなのがてきとーに指揮をして困る!とえらくご立腹で・・・
 先生、あのぉ、すいません、学生相手にグチはやめましょう。
  (音大では、ピアノ専攻でも少しだけ 指揮法 の授業がございます。)

ベートーヴェンの 交響曲は、全部で9曲。
6番はあの CM に使われてますし(いずれ書くけどぉ)9番は大工じゃなかった、第九として年末(日本でだけ)歌われまくってるあの 合唱 がついてるヤツです。

ベートーヴェン「運命」の CD はこちら

 

左から:
ブリュッヘン指揮 18世紀オーケストラ 古楽器による演奏はいかがでしょうか?
 昔の曲は、昔の楽器で聴くと、とっても素敵ですよ。
グレン・グールド による、ピアノ版「運命」と「田園」
 リスト編曲のが有名ですが、これもそうなのかな? ごめんね、知らなくて。
 でも、すっごく心惹かれたので。


posted by ドルチェせんせ at 21:53| Comment(9) | TrackBack(1) | あの曲は何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DOLCE様
はじめまして。最近、ピアノを再開し、銀座でピアノサークルを始めたばかりの社会人、ベートー弁当と申します。ピアノで検索していたら、たどり着きました。最近、ピアノをやっていてよかったなあ、とつくづく思えるようになりました。これからもHP,楽しみにしております。また、よろしければ、私のHPもごらんください。http://www9.ocn.ne.jp/~eigo
それでは、また。
Posted by ベートー弁当 at 2005年11月03日 00:02
ご訪問ありがとうございます! 検索サイトからの新しい出会い、ホントに嬉しいです。
それにしてもナイスなお名前。私もベートーヴェンのことは、弁当さんと呼んでおりました。
ステキな趣味が再開できて良かったですね。社会人になってからの学習は時間がなかったりで大変ですけど、お互いがんばりましょう。
また、遊びに来てくださいね。私も遊びに行きまーす。
Posted by ドルチェせんせ at 2005年11月03日 00:44
ドルチェ先生
こんばんは。先日は、HPにピティナへのリンクのアドバイス、有り難うございました。さっそく、ダメもとで打診中です。
運命の解説、まさに音楽の授業を受けている感じがします。ベートーベンの交響曲は素晴らしいの一言に尽きます。特に運命は。とにかくファイトが沸いてきますね。漫画家の砂川しげひささんもベートーベンずきで、「ベートーベンはぶちかましだ!」などと、ラジオでおっしゃっていたのを聞いたことがあります。

ドルチェ先生はHPをお持ちですか?お持ちでしたらお教えください。

それでは、また楽しい授業を楽しみにしています。

ベートーベン命のベートー弁当
Posted by ベートー弁当 at 2005年11月06日 23:54
わぁい、弁当さんだぁ!(すっかり名前がお気に)
ピティナは(実は指導者会員だったりする)相互リンク大歓迎のようですので、私もすぐに掲載してもらえました。
HPは、持ってないです。ブログ始めただけでも、私にとっては快挙だったり。
早く、ベートー弁当さんみたいにおしゃれなHP作れるようになりたいですね。
まずは、HP風に便利に使えるブログを目指そうかと思います。
コンピューター関連のことは知らないことばかりで、必死に研究中。
リンク集作成の構想を持ってるので、その時は、ぜひ弁当さんのページも掲載させて下さいね。
忙しい社会人になってもがんばってらっしゃる話は、みなとても励みになると思いますので。
交響曲とかについての知識は少ない方で、ピアノ専攻の学生が一番たちが悪いと、いつも怒られていました。
ピアノバカばっかりで他の勉強をしない!と。
どうか、私がわからない話についてコメントでフォロー、助けてくださいね!
Posted by ドルチェせんせ at 2005年11月07日 00:31
ドルチェ先生
こんばんは。おかげさまで、ピティナのリンクが許されました。有り難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ベートー弁当 at 2005年11月08日 23:21
こんばんは、ドルチェせんせ。(ん)ってわかりやすいですね。
男声合唱団の愛唱歌「遥かな友に」。磯部 俶作詞作曲です。合宿先で即興で作られたんですよ。
この曲、4分の3拍子、ハ長調(男声四部)、ですが2拍目の裏から出ます。(イチ・ト、ん)「しずかな〜」というワケです。しかしこの(イチ・ト、ん)が難しい。遊びで指揮してみたこともあるのですが、(イチ・ト、ん)を示すのがなかなか難しいんです。ここだけ振りを細かくしてみたり、いきなり出てみたり...それに比べりゃ「運命」の出だし。なんか指揮棒の先が2回と1/4ひねりした頃に突然「タタタターン」ってどこに合わせてるのかさっぱりワカリマセン。
Posted by bwv582 at 2006年10月12日 23:37
わぁお! 指揮までしてしまうのですかぁ!!!!
私なんて「ん」どころか、普通の指揮もろくすっぽわかんないですよー。
私たちの指揮のクラスは、みょーに基本にこだわる先生で、「叩き」だけで期間終了。短期間じゃ無理だから、あとは、斉藤秀雄指揮法教程でも読んどけですって(笑)。   ・・・読みませんでした。
よそのクラスは、部活の顧問になっても困らないようにと、中途半端でも実践的なことを教えてもらってたようで、ちょっと羨ましかったです。
運命の「ん」の話も身振り付きで熱弁ふるってらっしゃいましたが、素人には話ぱーぷーで、わかりませんでした。授業も指揮ぶりも、好かれてなかったなぁ、あのせんせ。
Posted by ドルチェ at 2006年10月13日 02:29
こんばんは、ドルチェせんせ。ビックリマークいっぱいだ!
遊びですよ、遊び。打ち上げの時とか、パート練習の時とか。でも普段歌っている側から見て、ココをこう振ってくれたらわかりやすいのにな、というポイントがわかっている分、けっこう重宝がられたこともあります。指揮法のせんせも演奏する苦労を知った上で授業をすればもうちょっとマシかも?
Posted by bwv582 at 2006年10月13日 22:52
演奏する側の気持ちがわかる指揮者さんなら、みなさんに愛されることでしょう♪
何かの時に困らない程度の簡単な知識だけ身につけたいって学生たちと、つい高い理想に燃えてしまった先生、需要と供給が上手くいかなかった例でして。
好きなことに熱くなっちゃう先生の気持ちも痛いほどわかるんですけどね。
遊びな学習に上手につきあえる先生と、そうでない先生、向き不向きを考えて教授陣わりふってもらえたら良かったのになぁと思います。
Posted by ドルチェ at 2006年10月15日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ソナタ形式
Excerpt: ソナタ形式ソナタ形式(―けいしき)は楽曲の楽式|形式のひとつ。古典派音楽|古典派の時代に大きく発展した楽曲形式である。古典派ソナタや、古典派ソナタに類似している交響曲、独奏協奏曲、弦楽四重奏曲などの、..
Weblog: 音楽を奏でる(理論編)
Tracked: 2005-12-02 12:03
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。