新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2005年10月25日

映画「2001年宇宙の旅」で使われてる曲は?

曲名は忘れちゃってても、この曲一度も聴いたことない!って人は、ほとんどいないんじゃないでしょうか。
ヨハン・シュトラウス2世 作曲の「美しき青きドナウ」です。
ウィンナ・ワルツの代表のごとく、広く知られている曲です。
私が小学生の時も、給食や昼休みによくかかってましたし、学校で音楽鑑賞に使う機会も非常に多いようですね。
最近だと、ドモホルンリンクルのCMでも流れています。
ちゃんと原曲のニ長調で演奏されてるところがにくいですぅ、再春館さん。

もとは合唱用のワルツをと依頼をうけたのですが、自信がなかったヨハンくん、それは辞退し、歌詞のないワルツを書きました。
その後、これに歌詞がつけられて合唱曲としても歌われるようになりましたとさ。
でも、やっぱりオーケストラで演奏される機会の方が多いようで。
今では、ピアノ独奏用にアレンジされたものも出周り、発表会で弾く子も結構います。
有名曲でやる気アップ大作戦です。

そうそう、ボブ・サップの回に出てきたリヒャルト・シュトラウスさんと親戚ね? と思った人、残念でした。
全く関係ありません。

リヒャルトさんはドイツ、ヨハンさんはオーストリア・ウィーン、お国も違います。
で、こっちヨハンさんちは音楽一家でして、困ったことに作曲家のパパと息子が同姓同名・・・
仕方ないので「美しく青きドナウ」の作曲者=息子のことは、J.シュトラウスU(ローマ数字の2です。ちゃんと表示されなかった人のために)と書くのが慣例です。
まぁ、息子の方が有名曲が多いのと、リヒャルトさんより一般受けするためかは知りませんが、単にシュトラウスって言ったら、この二世をさしてる場合がほとんど。
でも、ここで真実を知ってしまったみなさんは、ちゃんとヨハン・シュトラウス2世って言ってあげましょうね。
シュトラウスさん、いっぱいいますからね。

ショパンとかリストとかベートーヴェンとかシューベルトとか、みんな苗字だけで呼ぶのに、何故ヨハン・シュトラウスは長ったらしく紹介されるのか疑問に思ってた人、謎が解けたかしら?
鈴木(あ)みたいな感じで、J・シュトラウス2と書くのよー。
ん? これって鈴木杏樹か鈴木亜美かわからないじゃないっ!!

と脱線しましたが、この曲、この映画の中で流れるとミスマッチのような、そうでもないような、なんとも不思議な感覚に襲われます。変だけど変じゃない?
でもやっぱり、何故この曲を「2001年宇宙の旅」で使おうとひらめいたのか、ドルチェとしては非常に謎です。
ご存知のかた、いらしたら教えてくださ〜い。
普通、イメージできないと思うんだけど・・・ 天才は発想も違うんでしょうか?
ボブサップとおそろい「ツァラトゥストラ・・」が映画にぴったりだっただけに、余計に謎が深まります。

次回は、シュトラウス家の話 〜パパだって有名曲書いてるのよ! です。
う〜ん、どのカテゴリで投稿しようかなぁ。

美しき青きドナウ の CD 映画のDVD はこちら

     

左から:
*他にも知ってる曲がいっぱい入ってるはず。
*J・シュトラウス2の有名曲がいっぱい
*天使の歌声で聴くなら
*映画「2001年宇宙の旅」を鑑賞する


posted by ドルチェせんせ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | あの曲は何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。