新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2008年01月05日

のだめカンタービレinヨーロッパ第一夜☆感想文

のだめヨーロッパ編のスペシャルドラマ、堪能いたしました。
2006年に放映してたドラマ本編でおなじみのBGMも たくさん使われて、懐かしさいっぱい。
のだめSPの登場曲については、
のだめカンタービレスペシャル の登場曲を予習 の記事に、それぞれの放映シーンを追記してみました。 スペシャルドラマ使用曲のCDを ご紹介しています。試聴用リンク有り

新登場の俳優さんたちも、白目出しての 弾ける熱演。 濃いキャラがいっぱいで、もう大満足です。
ベッキー演じる 厚化粧の暑苦しいロシアギャル、ターニャが 特にヒットだったな(笑)。
あと、アリ石井正則さんが演じる 指揮者の片平 元。 嬉しそうに指揮する姿が ほんとに愛らしくて、指揮者の広上淳一さんが 浮かんでしまいました。
指揮するのが幸せでたまらなそな人を見ていると、こちらまで幸せな気分になってきます。

しか〜し、千秋の指揮で舞う 黒い羽は、むむむ・・・。
しっかり構築された重厚なイメージというより、黒い羽 = 邪悪で オカルト的なものを 連想してしまい・・・。
黒い「負」が 千秋さまから立ち昇っていたのには、大爆笑。
この「負」が飛び交うシーン。 二次予選の「ティル」で 険悪ムードが漂い、誰も指揮者を見ていないことに気付く カズオな千秋。 のだめがフランクの部屋にいるのを心配、嫉妬したっぽい千秋。 と、3度も同じBGMが登場。
千秋の黒いというか、モヤモヤした心情を表す曲なんでしょうかね?
サン=サーンスの<動物の謝肉祭>から 「アクアリウム」についてはのだめ催眠術の音楽 ムソルグスキーとサン=サーンス の記事を。

白王子ジャン VS 黒王子千秋。 私は、黒王子のが いいな〜。 やっぱ千秋さまだ。
でも、ほんとは黒木くんが・・・。しゅ、しゅてきでしゅ。ハートたち(複数ハート)

ドラマでは、パリの街並みも堪能できました。
惜しくも のだめロケ隊と入れ違いでフランスに行っていたHaruさんが、写真満載で、のだめゆかりの風景を紹介してくださっています。
  Haruさんの記事 フランス旅行記(2007.11) vol.7 〜のだめ編
放映前にも予習させてもらったけど、復習したら ドラマのシーンが蘇って、また妄想できちゃった。

さて、今回の、こじつけ発掘過去記事は、
指揮者コンクールの課題曲の作曲家さんお二人、ハイドン と リヒャルト・シュトラウス
二人とも、モーレツ鬼嫁のご亭主でございます。
ハイドンは諦めきって よそで若い子とよろしく楽しく? R・シュトラウスは そんな怖い妻にかわいがられて?喜びを噛み締めていたのかも(爆)。
 ☆ハイドンの悪妻 → クラシック界の鬼嫁を探せ! 哀れな作曲家は誰だ?
 ☆R・シュトラウスの悪妻 → 準決勝はドイツ対イタリア (作曲家悪妻伝説)
こちらは、R・シュトラウス VS プッチーニ の記事です。
プッチーニの曲はオペラ <ジャンニ・スキッキ> のアリア 「私のお父さん」 が、BGMとして登場。
コンクール優勝後、千秋とのだめちゃんの熱い抱擁シーンのバックで流れてたヤツよ。 オーミオ バッビーノ カーロ♪

正直、BGMも含めて あんなにたくさんの曲が登場してくると、何を採り上げて記事にすりゃいいのか閃きませぬ。
ジャンが指揮したロッシーニのオペラ「ウィリアム・テル」序曲。 ダイエットのために、ジョーバをしています♪ ナショナル、ジョーバのCM曲も、さっさと記事書いときゃ良かったわ〜。
ミルヒー登場時に期待してた、プロコ様のロメジュリ「モンタギュー家とキュピレット家」は、無事に使ってもらえました。「砂漠のプロメテウス作戦」とやらを飛行機から指示するミルヒーのBGM

第2夜は、ルイが弾くピアノコンチェルト、のだめのリサイタル、ピアノ曲がお茶の間に流れまくって、さらに幸せいっぱいになれそうです。
ラフマニノフのPコンは、3番のがド派手で おもしろいと思うの。
のだめに触発されて、音楽したくなる人、ピアノを弾きたくなる人が増えますよーに♪

 ← のだめが持っていたト音記号のバッグ   結構お高い。
【第1弾】ウェブショップ限定♪先行発売開始!ミュージック・レザーバッグ/クリーム

ト音記号バッグは、コンサートなど、おしゃれ用。学校へ行く時とか、普段用の鍵盤柄バッグは、
のだめのバッグは、ピアノ鍵盤柄 の記事でご紹介してます。


プラティニ国際指揮者コンクールの課題曲たち

   




posted by ドルチェせんせ at 16:47| Comment(4) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のだめはギャグまんさいでとってもおもしろいです!見なきゃ絶対損してました!
Posted by 昴 at 2008年01月05日 19:14
記事のリンク、ありがとうございます♪♪
コミックスで出る場所を選んで書いたら、ドラマでは少し違う設定だったりしてるんですが・・・なので、第二夜が終わったら、また復習記事を書こうかと思ってます。
ジョギングしながら、サンジェルマン・デ・プレ教会を見上げてくれたのには、感動しちゃった。予想的中(^.^)
第二夜はピアノ曲満載で、ドルチェさんの記事ですでに妄想中〜。

あー、あと10分で第二夜がはじまるー!
Posted by Haru at 2008年01月05日 20:52
昴さん
コメントありがとうございます。
のだめおもしろかったですね。見てよかったです!
Posted by ドルチェ at 2008年01月06日 02:08
Haruさん
ジョギングシーンの予想的中、お見事です。見ていて大興奮したのでは?
ドラマにまとめるために設定が変わっちゃって、残念に思うコミックスファンもたくさんいるのでしょうね。
復習記事、ぜひに! 楽しみにしておりまする。
私はというと、期待をかけてたラフマニノフの演奏シーン、最後の部分ちょっとしかやらなくて、発狂です。今後の予定が狂ったわ。くそぉ(笑)。
第1楽章も、のだめCDには収録されてるようなのに、何故???
かわりにマゼッパだらけだったから、Haruさんの楽しみは増えたかしら。
第2夜で一番気に入ったのは、のだめと千秋の格闘シーンです。飛び蹴りしたり、ぶん投げたり、私もやりた〜い?!?!?!
Posted by ドルチェ at 2008年01月06日 02:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。