新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2007年12月11日

のだめファン必見、バルトーク&ガーシュウィン、ぴあのピア

来週の ぴあのピアは、バルトークとガーシュウィンの特集
のだめカンタービレでおなじみの、あの曲が登場しますので、お楽しみに。
放送予定、曲目などの確認は、ぴあのピアのサイトで → http://www.nhk.or.jp/pianopia/

ガーシュウィンの ラプソディ・イン・ブルー
ドラマ のだめカンタービレ のエンディングテーマ曲、そして、学園祭仮装オケ のだめマングース & 黒紋付楽団で演奏された、ラプソディ・イン・ブルー だよん。
  ・ラプソディ・イン・ブルー ガーシュウィン作曲+編曲グロフェ
  ・のだめ登場曲をピアノソロで  の記事も よろしく。
  ・ラフマニノフの自作自演を試聴 (のだめ曲)  後半は ガーシュウィンの話デス。

バルトークの アレグロ・バルバロ
ニナ・ルッツ音楽祭の課題曲だった アレグロ・バルバロでは、のだめちゃん野性開眼?
  ・アレグロバルバロ、ツィガーヌ、のだめアニメ第9話登場曲
ガーシュウィン、バルトーク記事、共に、試聴♪できます。 ピアノピア 放映前の予習にいかが?

[追記 12/20 ねぇねぇ、プロコ様見てくれたぁ?
ストラヴィンスキーの ペトルーシュカ  12月25日放映
  ・ペトルーシュカおすすめ第2弾(のだめアニメ第22話)  の記事をどうぞ。 ]


そ・し・て・
今週の ぴあのピアは、スクリャービン & プロコフィエフ黒ハート プロコさまぁ)
やはり プロコ様は、たったの2日間で 片付けられてしまいます・・・。  くそぉ。爆弾

詳しくは、プロコフィエフを聴け!! ぴあのピア の記事で。 試聴♪あり
ぴあのピア の放映時間も、まとめてあります。
ぴあのピアのサイトでは、その後、もっと詳しい曲目を載せてくれましたので、先週チェックしてくださった方も、もう一度 「今週の放送」 のとこをチェックしてもらえたら嬉しいな。
自作自演も放送してくれますよー。 お楽しみに。ぴかぴか(新しい)

ピアノソナタだと、それぞれ 一番知名度の高い、7番と、9番 「黒ミサ」 で登場しますが、これは 拒否反応起こす人も少なからずみたいで。
もし イヤだった人、これ聴いただけで嫌いにならずに、もっと若い頃の曲も試してみてもらえたら、印象が変わるかも。
プロコフィエフスクリャビンも、ピアノソナタなら 第5番までが、比較的一般うけが良い 親しみやすい音楽ではないか? と思います。
そだな、スクリャービンなら 3番から5番、プロコフィエフなら 1番から3番までを 試しに聴いてみると、馴染みやすく、意外と好きかもよ〜。
お願い、聴く前から嫌わないでね。もうやだ〜(悲しい顔)

スクリャービンの若い頃の曲は、ショパンや ラフマニノフが気に入った人なんか、結構好きだと思うんだけどなぁ。 ショパンが 色ボケの世界に陶酔しちゃったみたいな音楽!?
悶えたくなるほど 麗しいのとかありまっせ〜。 あー、たまんね(笑)。
年月とともに さらに官能神秘の世界に倒錯、いっちゃってるので(爆)、後半は かなり変態か?
プロコさまの場合は、ソビエト復帰後の 後半は、共産国の政治的規制が絡むので、いろいろ ややこしいことに(涙)。

とにかく、しつこいですが、今週の プロコフィエフも見ましょう!!
12月13日(木)、12月14日(金)は、プロコフィエフ特集。
実はこれ、バルトークと ガーシュウィンに便乗しての、スクリャビン & プロコさま宣伝記事だったのでした。
ごめんねー。 私も、そーとー しつこい(爆)。 粘着女。
プロコ様みたいな音楽の嫌いな人、世の中にいっぱいいるの よーくわかってはいるんですが、ドルチェは 布教を諦めないぞ〜。
ぴあのピア見てね!




posted by ドルチェせんせ at 02:42| Comment(8) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝早く音高につくと必ず先客がいて、
Vl'専攻生はPROKOFIEFFのソナタを
Vc'専攻生がBRAHMSのSCHUMANN-var'を
F-Hrn'専攻生がKABALEVSKYの1番のSONATINA
というそれぞれの持ちネタをそれぞれのHRのピアノで弾く音が聞こえてくる。
ちょっとなつかしい青春時代の思い出です。
休みや放課後にはこのVl'生とよく連弾の初見大会、即興演奏大会をしたのも楽しい思い出です。
ただ、ウチの学校のピアノ専攻生達は教室のピアノで人前で弾くなんてことはキーボードハーモニー授業の時くらいで、あとはひたすらレッスン室のピアノでひそかにサラっていました。
連弾を「楽しんでいる」姿なぞは、ついにお目にかかったことがありません。
考えてみりゃ、フシギですな。
Posted by PINK MOZART at 2007年12月11日 20:59
PINK MOZARTさん
私の音高時代とはえらい違いです・・・。
そちらは真面目なピアノ学生さんが多かったのかな? つまんなさそ(笑)。
遊んでばっかだったから、できが悪いまま卒業しちゃったのか(爆)。
うちのグループの組織がでかくて態度もでかくて真面目な学生が怖がってたのか、私達でピアノ占拠して歌謡曲カラオケ大会みたいになってました。
「ピアノでお遊び」ほど楽しいものなかったけどなー。
合間に持ちネタ学習曲も弾きちらしたりして、たまたま一人がプロコ様弾いたらあっという間に集団感染、バカ流行してしまったのでした。
不良学生達?のハートを見事にゲットしたのがプロコ様だったのね。
ぴあのピアロシアシリーズ、もう1週くらい続くと思ってたのに、さっさとバルトークに行っちまうなんて! タコはともかく、カバも出てこないの???
残り少ない日数で、あとどの作曲家さんが登場できるのか気になってます。
Posted by ドルチェ at 2007年12月12日 03:04
おっ、今度はバルトークですか。のだめ関係の曲が紹介されると過剰反応してしまいます。
ぴあのピアは、曲も楽しみだけど、短い10分の間にギュっとつまってるいろんな映像が楽しみなんですよねー。ほとんどヨーロッパだし♪

最後はやっぱりプロコ様で締めるのね(笑)
Posted by Haru at 2007年12月12日 14:34
>態度もでかくて真面目な学生が怖がってたのか、私達でピアノ占拠して歌謡曲カラオケ大会みたいになってました。

あ〜! いました! こーいうガラの悪いおネエさんの一団が…
いつも遠くからビクビクしながら見ていたのですが、ある時「坊や いらっしゃい」と捕まってしまいビビったのですが…
お話ししてみると、とても優しくて,近寄ってよく見るとキレイでやけにマブい「お姉様がた」でした。
Posted by PINK MOZART at 2007年12月12日 21:17
Haruさん
のだめ病ですね(笑)。
来週のぴあのピア、のだめセットだ!と気付いた瞬間、ニンマリしてしまいました。
ぴあのピアは、ヨーロッパの街並みや、作曲家さんたちの貴重なお写真とか、ほんとにお楽しみが多くてウホウホです。
あぁ、いよいよプロコさま登場。
最後のお願いにあがりました!って選挙カーから叫んでる人になった気分でしたのよん。
大敗しそうな気がしないでも・・・。
Posted by ドルチェ at 2007年12月13日 02:50
PINK MOZARTさん
もしもし?  私はガラ悪いおねぇさんじゃないですよー(笑)。
うちの仲良しグループが大所帯だったため、ほぼ自分たちの思い通りになってただけだもん。
おかげで、とっても楽しい学校生活でした♪
(極秘任務遂行いたしました。
えー、コメント修正できるの、さっき初めて知った大バカ者です・・・。
何年も気付かなかったので(マジです)、自分の書き違いも、わらわら潜んでおりまして。
今度、こっそり直さなきゃ。)
Posted by ドルチェ at 2007年12月13日 03:06
Dear DOLCE,

Merry Christmas!
幸多きクリスマスをおすごしください。

Best.
PINK MOZART
Posted by PINK MOZART at 2007年12月23日 18:09
PINK MOZARTさん
メリ☆クリ♪ でございました。
美しいクリスマスイルミネーションを見てるだけで幸せな気分になれますね。
光ものに、弱い(笑)。
Posted by ドルチェ at 2007年12月27日 02:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。