新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2007年09月24日

ジョージアのCM曲、アマデウスを思い出し

やっと逢えましたね・・・。   やっと、逢えました・・・。
かけた時間が味になるんですね。
ジョージア ヴィンテージレーベル 時間をかけて新登場。  初めての「熟成」。

渡哲也さんと 中山美穂さん出演の、缶コーヒー、ジョージア ヴィンテージレーベルのCM曲として、モーツァルトの交響曲第25番 第1楽章 が使われています。

やっと書けましたね・・・。
さぼってないで、さっさと書けよ! CM記事、って声が聞こえたような(爆)。
まぁ、かけた時間が味になるって、ミポリンも おっしゃってることですし。
熟成してたんだもんっ。 ( ← 大うそ。パソコンから離れて遊んでただけ)

  企業のサイトでCM動画が見られます → http://www.cocacola.co.jp/fun/cm/
  ジョージア 「やっと逢えた」篇
  GEORGIA缶コーヒーって、コカコーラの会社だったのか・・・。
  やっと会えた 中山美穂さん。久しぶり。 ママになっても、やっぱ きれいだなぁ。


交響曲第25番 ト短調 K.183(ケッヘル第6版以降では、K.173dB) 1773.10.5 完成
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (1756.1.27 ザルツブルク ― 1791.12.5 ウイーン)

モーツァルト17歳の時の作品です。
当時、モーツァルトは、ザルツブルク宮廷の有給コンサートマスターでしたが、もっと良い就職先はないものかと、第3回目ウィーンへの演奏旅行に出かけ、戻ってきたばかりってとこ。
残念ながら、望むべく職にはありつけず、音楽に理解のない コロレド大司教のもと ザルツブルク宮廷に戻ることに。
モーツァルト求職の旅人生、失敗ばかり・・・。

第25番は、モーツァルト、初の 短調交響曲
1873年ウィーンの旅で、ハイドンの音楽に出会い、触発されたのか? なんて見方も。
モーツァルトの短調交響曲は、この25番と、第40番の2曲だけで、ともに ト短調
同じ調性なので、第25番は 「小ト短調交響曲」 と呼んだりします。
ト短調 = ソ (日本音名だと ト) から始まる 悲しい感じのする音階でできてる曲 とでも思って下さい。 ソ シ♭ レ の和音が中心の世界です。 Gm (ジーマイナー) だよん。
後で、2曲とも 試聴♪ できるようにしますね!
第40番も、身近なクラシック。 第1楽章を、お茶の間で耳にする機会は多いと思います。

モーツァルトの短調の曲って、なかなか人気ありますよね。
当時の貴族たちの好みでは、華やかで 優雅で 軽快で 明るい雰囲気の曲がうけたのもあって、数は少ないですけど。
ピアノ協奏曲も、第20番 ニ短調と、第24番 ハ短調 の2曲が短調です。

ジョージアのCM曲を聴いて、映画 「アマデウス」 を思い出しました。
映画の始めのほう、CMと同じ 交響曲第25番の第1楽章冒頭部分が使われます。
ソ ソー ソー ソー ソ |レ レー レー レー レ |・・・ 本来の強拍の位置がずれる シンコペーションのリズムが、緊迫感をさらに高め。
のどを刺して自殺未遂をした 血まみれのサリエリさん・・・。
結構、衝撃的なシーンに、この曲がかぶさり、物語が始まっていきます。
私がモーツァルトを殺した!」 元ウィーンの宮廷楽長サリエリ、衝撃の告白。がく〜(落胆した顔)

モーツァルトの死については、毒殺されただの、フリーメーソンに消されただの、病死だの、いろんな説がありますが、まぁ、サリエリ犯人説は薄い。
仮にも、ウィーンの宮廷楽長って、モーツアルトとは 月とスッポンの尊敬される地位にいたサリエリが、そんなことする必要ないだろー。
老後、精神を病んで病院送りになったのは、確かだそうですが。
その辺は 単なる噂話によるお話として見たほうがよろしいかと。
モーツァルトとサリエリ、この二人が一緒にいる構図、どうしても、居酒屋クーポンのCMを思い出してしまう・・・。
ホットペッパー 居酒屋クーポンCM「もう終わり」篇 見た?  大ファンだったんだもん、アレ。

でも、映画アマデウスでは、神童モーツァルト、実はお下品? の実態に迫るようなところもあり、天才作曲家だからといって 事実を捻じ曲げないあたり、いけてる作品だと思います。
ばっちい話 (うん○ネタ) に異様な執着を示す、子供みたいなところ、かわいいのよねー。
モーツァルト人物像を探るのには、ぜひ見ておくのをおすすめします。
ほんとに、あーゆー人だったっぽいから。
肖像画も知的に美化されたのが よく使われてるけど、実際には、背が低く小太り、天然痘のあとが残るアバタ面。 あまり、聡明な天才作曲家に似合う風貌ではなかったとされてます。
映画見るだけでも、モーツァルトの有名曲が いっぱい楽しめますよ〜。
  るんるん映画アマデウスの登場曲が気になる方は、サントラ盤で 曲名のご確認を。
  こちら→ 「アマデウス オリジナル・サウンドトラック盤(ディレクターズ・カット版)

アマデウスDVDはこちら↓
アマデウスアマデウス
F・マーレイ・エイブラハム トム・ハルス エリザベス・ベリッジ


Amazonで詳しく見る by G-Tools

モーツァルトの うん○話大好きぶりは、その作品でも垣間見ることができるので、神童のイメージ崩すのを恐れない人だけ、これをお読みください。
モーツァルト作詞作曲爆笑カノンは、モーツァルトの お下品な歌 の記事へ。

モーツァルトの手紙は、さらに凄まじいものがありまして(笑)、最近読んだ本では、これがひじょーに おもしろかったです。  → モーツァルトの手紙
手紙とともに振り返るモーツァルトの人生。 ボカシなしの丸見え状態!?
いわゆるベーズレ書簡のお相手として知られる 従妹ちゃんのみならず、お母さんも、奥さんも 一緒になって お下品話炸裂! 楽しくよろしく暮らしてたんだろうなぁ。
おちゃらけモーツァルトは、お母さんゆずりだったくさい。
そんな人たちに囲まれた、厳格なる父レオポルトって、あぁ・・・。

ところで、ジョージアのCM曲だけど、昔、コーヒーだったか、ココアだったか、チョコレートだったか、何だか思い出せないんだけど、とにかく、その系統の色の 食べるもののCMに使われてた記憶があるんだけど、覚えてる人いる?
黒というか、褐色というか、茶というか、第25シンフォニーのイメージカラーになりそうだわ。
せっかくなので、コーヒーに チョコレートシロップを ドバッと入れて、カフェモカにしてみた。
いつもは ブラック党だけど、これもなかなかいける。喫茶店


モーツァルト 交響曲第25番 を ダウンロード&試聴♪
CM使用の第1楽章:高関健(指揮)/東京フィルハーモニー交響楽団高関健(指揮)/東京フィルハーモニー交響楽団『交響...


モーツァルト 交響曲第25番 おすすめCD 試聴 楽譜

   

左から:
試聴♪できます。 試聴用サンプル ディスク1−1が、CM使用の第25番1楽章。 第40番も聴けます。
*モーツァルト 短調交響曲セット
モーツァルト療法CDにも、短調交響曲セットで登場。 これは、第1楽章のみ。
*楽譜。オーケストラのミニチュアスコア




posted by ドルチェせんせ at 22:42| Comment(19) | TrackBack(0) | あの曲は何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MOZARTとコーヒーなのはすぐにわかったのですが、MOZARTの「コーヒー」に関する作品はどうしても思いつきませんし、大の「コーヒー・マニア」としてBEETHOVENがまっさきに浮かびました。
『ファ♯・ソファ♯ミファ♯・シ・ミ・ド♯』はBWV211世俗カンタータ「お静かに、しゃべらないで」
通称「コーヒー・カンタータ」で娘リースヘンが「コーヒー、コーヒー」と連唱する楽章冒頭の音形です。

>肖像画も知的に美化されたのが よく使われてるけど・・

内科医がMOZARTの肖像画を見ると、腎臓病患者特有の「むくみ」が顕著な顔で終末もUREMIAによる「脳障害」というのが現代オーストリー医学界の所見らしいです。

>黒というか、褐色というか、茶というか・・

UREMIAのURINEは→ようするに、どす黒くなりますから、そういうおカタイ「医学ネタ」かと思ったのですが・・そうですよね・・CMにハナシを繋げればならないんでした。

でも「馬連単ズバリ!」これ、けっこうデカイです、ドルチェ先生、こんど一流の横メシ屋でKRUG(ドンペリなんてケチは申しません)とLA TOURあたりを、わたくしがパアーッとおごりましょう。
Posted by PINK MOZART. at 2007年09月25日 00:36
あっ! わすれていました。
次はCharles Camille厩舎のSaint-ORGUE号の「単勝一本買いに3000点!」
Posted by PINK MOZART. at 2007年09月25日 02:12
Pink Mozartさま

>大の「コーヒー・マニア」としてBEETHOVENがまっさきに浮かびました。
>『ファ♯・ソファ♯ミファ♯・シ・ミ・ド♯』は>BWV211世俗カンタータ「お静かに、しゃべらないで」...

「コーヒーカンタータ」って、ベトヴェンじゃなくてJ.S.バッハでは?BWVとあるのがその証拠。私はこのCD持ってますけど…
Posted by tn at 2007年09月25日 22:56
それと、私もモーツァルトのコーヒーがらみの曲は知りませんが、"Mozart Coffee"あるいはドイツ語で"Mozart Kaffee"でgoogleすると、アッと驚く結果になります…
Posted by tn at 2007年09月25日 23:03
PINK MOZART. さん
お下品大好き作曲家による黒い液体の曲? とつなげて考えてしまい、みなさま混乱してらっしゃるのかもとは思っていました。
ビートーベンはともかくとして、知られざるバッハお下品大王説があるのかと、ドキドキしましたわ。
よく見かけるモーさん肖像画は割とすっきりした顔してるけど、素人目で見てもむくみまくって、ブサイクな顔のありますよね。そっちが本当の姿に近かったんじゃないかって気がしています。
それにしても、コーヒーのつもりだったのが、おしっ○の話に展開してっちゃうと、コーヒーカップの液体を見つめながら、びみょーな気分・・・。
ボルドーの液体の時は、変な連想させないよう頼みますわ(笑)。
で、シャルル・カミーユとくれば、何?サン=サーンスのこと?
だとしたら、それこそTVでバンバン流れたりしない限り当たりませんよー。だって、あの顔が嫌い(爆)。
Posted by ドルチェ at 2007年09月26日 02:13
tnさん
カンタータと、ベートーヴェンは、別買いというか(馬券じゃないっちゅー)、別々の話として前記事コメントからつながってるので、私は、バッハとベートーヴェンとして認識できてるので大丈夫です。
元音大生で、コーヒーカンタータの作曲者名忘れちゃう人は、さすがにいないんじゃないかな。
確かに、ここだけ読むと、わかりづらかったかもですね。
おかげで、他の方が読んだ時の良い補足になりました。
モーツァルトコーヒーで検索すると、どんなヤバイ話が出てくるのかとドキドキしながらやったんですが、考えすぎだったみたいです(笑)。
何でも変態な方向を期待してしまう私の方がヤバイな。
Posted by ドルチェ at 2007年09月26日 02:39
ドルチェ先生

それが…就職情報誌のTVCMでsymphonieのfinale.栄光のSaint-ORGUE号が「バーン」と神々しく登場するシーンの音楽が、それこそバンバンと流れてはいるんですが・・・
「G1」と勘違いして「地方レース」にツッこんじゃったみたいですね。
あ〜ア、スッちゃった。
Posted by PINK MOZART. at 2007年09月26日 21:13
ははっ。そういうことだったのね、黒い液体。
そして今回も、またまた見たことないCMだわ。なんでだろう?見てる局がマニアックなのかも。U局ばっかだし(笑)
それにしても、モーツァルト一家は、あのステキなウィーンの家で、家族揃ってお下品話に花を咲かせていたのかと思うと・・・。天才は、家族もやっぱりどこか面白い(個性的?)のね。

コーヒーのCMといえば、今は「挽きたて〜、挽きたて〜♪」の洋ちゃんCMが頭から離れず(クラシックじゃないって。電車の液晶モニターで、音もないのに心で歌ってます(爆)だれか止めて〜!
Posted by Haru at 2007年09月27日 00:42
PINK MOZART. さん
え〜!!! そんなCMやってるの?
バーンとオルガン登場するようなのだとしたら、残念ながら見てないわ。
ここのとこ用事が多くて、TVあまり見てなかったのもあるけど、地区の違いとかもあるのかなぁ。こちらは東京です。
最近のCM? それこそ、いっぱい流れてるんなら書くけど、自分が見てないの書くわけにもいかんしねー。
もし良かったら、そのCMの企業名教えていただけないでしょうか?
企業サイトでCM公開してたらラッキーだなと。
サンサーンスでオルガンとくれば、交響曲第3番の終楽章のつもりでいますが、それだったら、EMIの廉価版で、ワイセンベルクさま&チッコリーニペア「動物の謝肉祭」が一緒に入ったCDがあるので、ついでに騒げるのだ(笑)。
Posted by ドルチェ at 2007年09月27日 03:05
Haruさん
黒い液体で惑わせてすみませ〜ん。
私も、ジョージアのCM、半月前くらいに1度見たきりでして、いっぱいやってるのかどうかも実はわからないの。(無責任とも言う)
でも、おいしそうなネタだったから、食いついてみた(笑)。
洋ちゃんの存在感はタダモノじゃないですもんね!
ドラマの宣伝かなんかだったかな? もじゃもじゃ&もじゃもじゃの子役?が並んで出てるのがあって、チビもじゃとの2ショットがあまりにいかしてて、爆笑してしまったのがありました。
あの方も、へんてこぶらぼー!のツボに入ってしまうの(笑)。
Posted by ドルチェ at 2007年09月27日 03:15
Posted by PINK MOZART. at 2007年09月27日 07:58
PINK MOZART.さん
CM公開サイトを教えていただいて、ありがとうございました!
おかげで、探す手間まで省けちゃって、もう感謝しきれませ〜ん。
やっぱ、これ見るの初めてです。嬉しいなぁ♪
ちゃっかり曲名書いて、検索ひっかかるのを狙おうと思います(笑)。めるしぃ。



☆CM曲情報☆
転職サイトは、エンジャパン。
爆笑問題のお二人が出演なさってる、エン・ジャパンのCM曲は、サン=サーンス作曲 交響曲第3番 ハ短調 Op.78 「オルガン付き」の終楽章です。第2楽章第2部というべきなのか。
試聴探す人は、1曲が4つに分かれてるのなら4つめを聴くとよろし。冒頭部分が聴ければばっちり。
パイプオルガン付きどころか、ピアニストも2人必要。ピアノも入る曲なのでーす。
一つ上のコメント欄で、PINK MOZART.さまが、CM動画を見られるページを教えてくださっています。感謝しながら見にいきましょう。
Posted by ドルチェ at 2007年09月28日 02:53
Je vous en prieです。
Posted by PINK MOZART. at 2007年09月28日 07:57
さっきテレビ見てたら、NTTコミュニケーションズという会社のCMでモーツァルト・ホルン協奏曲変ホ長調K.495の第三楽章が使われていました。多分かなり有名な曲…

http://www.ntt.com/ad/tvcf/

の、「プラチナ・ライン」というのをクリックしてみてください。
Posted by tn at 2007年09月30日 18:33
tnさん
プラチナラインのCMなら、私も前に見たことありますよ〜。
ぐっさんのオーソレミオ♪の後に、この曲が流れるバージョンも見たことある。
なんだっけ?状態だったんで、友達に曲名教えてもらいましたが(笑)。
ニ長調の(第1番?)出だしだったら、うちにもCメロ譜あったけど、第4番(って言っていいのかな?)は譜面なかったんだもん。
雑学本だと、ホルン協奏曲は、モーツァルトおバカエピソードで登場しますね。
ロバで、牛で、アホの、ホルン奏者ロイトゲープ。からかいまくり。 カラフル楽譜とか。
Posted by ドルチェ at 2007年10月02日 02:11
ご無沙汰です。
かなり出遅れましたが、
おかげでいろいろなコメント読めておいしかったわ〜
ジョージアとアマデウスだったのね。
おモーさまがお飲みになるのは、やっぱりウィンナーコーヒーかしらねぇ・・・アワアワで(笑)
ジョージアのCM10月に変わっちゃったでしょ。

転職サイトエンジャパンのCM。
やたら、目にするけれどこの曲な〜に?って思っていたの。すっきりしたわ。
さわやかに、コーヒーでも飲もうっと。
Posted by あるまんど at 2007年10月06日 07:11
話題のサン=サーンスを思わぬところで発見!

というのは、フィギュア・スケートの安藤美姫さんの新ショートプログラム(SP)の曲が、彼のオペラ「サムソンとデリラ」なんだそうです。

ちなみに浅田真央さんのSPは、ナイジェル・ヘスという方の作品だそうです。
Posted by tn at 2007年10月06日 17:17
あるまんどさん
こちらこそ、ご無沙汰していてすみません。
なかなかパソコンに向かえず、さぼってばかりです。
え、ジョージアって、もうCM変わっちゃったの?
そんなに早いペースで替えられたら、うち、困るわ〜(笑)。
エンジャパンは、たくさんやってるんだ?
深夜族の私は、時間帯が悪かったのか、ずーっと見られず、最近やっと念願かなって見ることができました。珍しく早起きした朝に(爆)。
なので、これから便乗記事をアップする予定です。
コーヒー飲んでるよー。
Posted by ドルチェ at 2007年10月08日 17:44
tnさん
曲変わったのですね。
情報ありがとうございます。 見てなかったので、おいしい情報です。
ミキティ、すっかり官能路線を狙ってるんでしょうか。
新曲で使えそうなのがないか、次回は、フィギュアの番組チェックしてみようと思います。
フリーの曲も気になるわ〜。
Posted by ドルチェ at 2007年10月08日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。