新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2007年09月02日

三菱ギャランフォルティスCM曲、木星だけど・・・

三菱自動車ギャランフォルティスのCM曲として、ホルスト作曲 組曲 <惑星> より 第4曲目 「木星」 が使われています。
水しぶき飛ばしながら 車が走る映像、「ザ・ドライビングセダン ギャランフォルティス誕生 ミツビシモータース」 とか言ってるCMよん。
ホルストの木星といえば、平原綾香さんの 「Jupiter」 としておなじみの部分、中間部の有名なメロディーを 真っ先に思い浮かべる人が多いと思うのですが、ギャラン・フォルティスでは、違う部分を使ってるのが 新鮮でございます。

ソーレーミー ファーミーレー ソーレーミー ラーシードー ソーレーミー ファソラーソラソ ファーミファミレー ラーシードー♪   この部分って、かっこいいよね!!
あくまでも 一例の演奏時間だけど、参考までに。
歌になったりしてて おなじみのメロディーが登場するのが、曲開始から3分だとすると、1分40秒から2分半あたりで聞くことができるメロディーが CMに使われています。

三菱モータースのサイトでCM動画が見られます。
  → http://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/cm/index.html
CMライブラリー 「GALANT FORTIS 詳細ページへ」 のところから ご覧ください。
「ギャラン フォルティス 誕生篇」
30秒バージョンCMだと、「木星」 の出だし部分も 少し入るみたい。

最近は、CM映像みられるようにしてくれてる企業が多くて、助かります。
ちょっとCM見たくらいじゃ 商品名はっきり覚えられなくて、確認作業が必要なんですねー。
商品名忘れちゃって書けないCMって あるもん。
今回も、「ミツビシの車のCM」 って覚えてたおかげで、無事探せました。
CM動画を自社サイトで公開しておくと、絶対お得だと思います。 関係者のみなさまへ(笑)。


  組曲 <惑星> Op.32  1914-16作曲
  グスターヴ・テオドール・ホルスト (1874−1934) イギリス

曲については、さよなら冥王星!記念 ホルスト<惑星> の記事をごらんくださいませ。
試聴♪やダウンロード、おすすめCD、ピアノ楽譜など、ご紹介しています。
ちゃんと、ピアノ版の楽譜 あるんですよー(笑)。
歌で同じみのジュピターは もちろん、「惑星」 全曲版 もございます。
ピアノソロでも、ピアノデュオでも楽しめます。
わりと最近、テレビで、田部京子さんと小川典子さんが 2台ピアノ版 <惑星> を演奏してるの 見ました。

太陽系のいろんな惑星が登場する曲ですが、ドルチェ 一番のお気に入りは 「天王星」 です。
だって、タヌキなんだもん・・・。 (???意味不明な方は、上の惑星記事 & コメントを読んでくださいねっ!)
大好きな 「天王星」 を聴き、シュワルツネッガーでも登場しそうな 「火星」 を聴き、「木星」 を途中まで聴き、もう1回 「天王星」 を聴いて満腹、作曲者が激怒しそうな 拾い聴きしてます(汗)。
ホルストさんは、<惑星> の編曲はおろか、バラバラ演奏することさえ禁じてたっちゅー話。
なので、編曲するにあたって、ご遺族の了承を得るのに、シンセサイザーの冨田勲さんは 大変な苦労をなさったのだとか。
1回やっちゃえばこっちのもん? おかげで 歌化されたり、こうしてCMでアレンジして使われたり、身近なクラシック曲として愛されてるのは、悪いことじゃないと思うんだけどもね。
組曲として 全部聴いてもらえるきっかけにもなってるはずだし、あの世の ホルストさん、許してくれるでしょうか?
ジュピター以外未体験者も、ぜひこれを機会に全曲聴いて、お好きな惑星を探してみてはいかが?
あ、タヌキの天王星は、へんてこりん愛好家 ドルチェ推奨曲なので、そのつもりで(笑)。

おまけ。
ホルスト惑星記事のコメント欄で 曲名が出てくる、ワルキューレ= ワーグナーの 「ワルキューレの騎行」 は、マクドナルドの 期間限定 ビッグマック今だけ200円のCM曲になってます。
期間限定 = あまりに寿命が短そうなCMなので、記事にはしません。 9月6日まで200円だよ。
ワルキューレ♪なら、今後まだまだ書くチャンス出てきそうだし。 今回は、スルー。


ホルスト 惑星 のCD & 楽譜







posted by ドルチェせんせ at 21:45| Comment(6) | TrackBack(1) | あの曲は何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>編曲するにあたって、ご遺族の了承を得るのに、シンセサイザーの冨田勲さんは 大変な苦労をなさ>ったのだとか。 1回やっちゃえばこっちのもん?

ってゆ〜か、単純計算では1984年にHOLSTの「死後50年」が経過しましたから「著作権」そのものが消滅しているんです。ですから、現在は我々がHOLST作品を、どう弄ろうと、誰に対しても承認を得る必要や著作権使用料も支払う義務は生じません。

著作権・編曲権がまだ有効な時期に御遺族と交渉しなければならなかった富田氏の御苦労は手に取るようにわかります、じつは、わたくしも過去にブリテン作品の「編曲」にあたり"スッタモンダ"を経験し、その「著作権・編曲権」問題をまとめた過去ログをTBいたしましたので御参照ください。

はやくPOULENCとかMILHAUDの著作権も失効しないかな〜
いちばんイジリたいのはDUTILLEUXだけれど、この方、まだ、お元気だしな〜
Posted by PINK MOZART. at 2007年09月03日 01:10
PINK MOZART. さん
そっか〜、もう著作権切れてましたっけ。没年考えるのすっかり忘れてた(笑)。
ご遺族との大変な交渉をしてまで編曲したいって熱意は、すごいことなのですね。
プーランクやミヨーさんは、パリ時代のプロコフィエフの楽譜書く手伝いをしてくれたり、トランプで遊んでくれたり、良い人たちみたいなので!?、PINK MOZART. さんが気軽にいじって広めてあげられる日が待ち遠しいですね。
って、まだまだ先が長いな・・・。
プロコさまはヘンテコ大王、プーランクはヘンテコ王子と、お呼びしています。
私のヘンテコリン中枢をくすぐるメロディーを作る天才さんたち!?
デュティーユ、ピアノソナタだけは学校でみょーに流行ったことがあったけど、他の曲知らないや(汗)。 おおお!デュティユさんて、91歳になってたの!!
思わず御年が気になって、愛読書ピアノレパートリー事典で調べてしまいました。
Posted by ドルチェ at 2007年09月04日 02:03
またまた、私がまだ見れていないCMだぁ。CM動画で確認しましたー。ホントに、最近はサイトでCM見れるからいいですよね。
この前のフェデックスのCM(威風堂々)は、サイト見たけど自分で発見できなかったので・・・教えていただいてありがとうございました!

2台ピアノ版の「惑星」があるんですか。タンタンたぬきの天王星の2台ピアノバージョンが聞いてみたいな(笑)
Posted by Haru at 2007年09月05日 23:57
こんばんは〜

夜ご飯を食べてから 「惑星」を聴きはじめて、今金星あたりを漂っています。
最近は土星にいるのが好きなので、ポンポコたぬきさんまでは、あと4、50分くらいかかりますね〜

→サイドバーにある楽天のプラグイン(見てると結構面白いです)では、「惑星大怪獣ネガドン」のDVDが宣伝されてますね…確かに惑星つながりなので一本取られた感じです(汗)

>プーランクはヘンテコ王子
自分にとって、「プ」はプリンではなく、プーランクの「プ」です。
のだめドラマパリ編つながりでどうですか?
記事をお待ちしています!(笑)
Posted by sumito96 at 2007年09月06日 20:26
Haruさん
こちらは、いまだにフェデックスCMをTVで見ることができず(笑)。
企業によっては、CMに関する記事がわかりづらいとことかあるけど、最近はサイトマップを載せてくれてる会社が多くて、これまた探すのに便利でねー。
動画を公開してくれてると、放映されてない地区の方々にも伝わるし、ほんとにありがたいことで、なるべくそーゆー会社を優先したくなりますわ。
惑星2台ピアノ版は、ホルスト本人による編曲で(ってか、オケよりこっちが先らしい)、海王星以外出版されてるそうです。
このまえTVで見たのは、火星と木星だったか?天王星はなかったので、私も聴いてみたいなーと。
ピアノソロ版は、全音で簡単に入手できるので、遊んでみたいんだけど、タヌキ1曲のために投資すべきか、ちと勇気が。 立ち読みして悩み中です。
Posted by ドルチェ at 2007年09月07日 12:51
sumito96さん
CMを見て、私も久しぶりに「惑星」全曲通して聴いてみたりした人です。
「土星」は、ホルストさん本人も気に入ってたって話、なんかで読んだような・・・。
お好きですか? お気に入りがかかると、つい繰り返して聴いちゃったりしますよね。
楽天のあれ、ピンとこない宣伝が出る率が高くて止めようかと思ってたんだけど、お笑い部署として置いておくってのもありかな?
そういえば、のだめでもプーランクの室内楽使われてるそうですね!
のだめがピアノソロ曲も弾いてくれれば、もっとおいしいのに。間違いなく書くのにぃ。
プロコ様の「ヘンテコ大王」に次ぐ、いけてる存在として、もともとは「ヘンテコ2号」と呼んでたんですが、王子ブームにあやかって、名称変更したばかりです。
大金持ちのボンボンだから「王子」が似合うかなぁと。ヘンテコびゅーてぃほー!は素晴らしい。
Posted by ドルチェ at 2007年09月07日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

JASRAC part3.
Excerpt: 編曲権・演奏権 前回まで2回、演奏会で著作権が有効な楽曲を演奏、あるいはネット
Weblog: ARCHIVES PINK MOZART
Tracked: 2007-09-03 01:12
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。