新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2007年05月10日

リストの指の長さ&小さな手の人へ

先日、卒演。メフィストワルツ 「村の居酒屋での踊り」 の記事で、ピアノを弾く人の 手の大きさの話をしました。
お待たせっ。 今回は、のだめカンタービレ 千秋くんの卒演曲、メフィストワルツの作曲者、フランツ・リストさんの でか手 を検証してみましょう。

リストの手の大きさ
リストの手は、すごく大きくて、指も長くて、12度(13度って話も) とどいたそうです。
例えば、ドから 1オクターブ上のソ(ラ)までを、片手で いっぺんに押さえられるってこと。
現在も、ドイツ・ヴァイマールのリスト博物館には、リストの右手の原寸大石膏像が残っていて、その指の長さを測った人がいたらしい。

リストの 指の付け根から指先までの長さ
   親指:7センチ  人さし指:11センチ  中指:12センチ  小指:8・8センチ
だそうです・・・
はい、みなさん、定規の用意はいいですか?
すごいよね・・・
ドルチェの中指と、リストの親指、ほとんど変わらないじゃん(爆)。

のだめで人気爆発?ラフマニノフさんも、12度とどく大きな手だったと伝えられています。
まぁ、有名なピアニストなんかでも、12度とどくとか、人差し指と小指でラクにオクターブがとれるとか、手の大きさを強調するような話が、CD解説に書いてあったりしますね。
あぁ、うらやましい・・・   いえ、せめて10度とどけば、私は満足・・・

手のひらの大きさや、拡がり具合も、ピアノを弾くのには関係してくるので、指の長さだけでどうこうってわけじゃないですが、やっぱ、リストの手は全体的に見ても でかっ!! って感じです。
細身ですが、すごい長身で、体格的にも でかっ!! って感じです。
ラフマニノフさんも、マルファン症候群とかゆー病気説があるほど、図体でかっ!! です。


そうだひらめき 弾かない人にも、影の地道な努力を知ってもらおう。
手の小さい人たちは 特に、指を拡げる努力を 常にしています。
少しでも届くように、音カットしなくてすむように、身体への負担も減らして弾きたいしねー。
なので、小さな手のお仲間へ。
指の長さはしょうがないけど、手の幅は、努力である程度出せると思っています。
自分の反対の手を指の間に突っ込んで、股割り状態で 日々奮闘してたら、指のつけねのあたりの幅がでかくなりました。 そのぶんとどくでしょ?
弾く直前のストレッチも欠かせません。 弾いてるうちに縮むのか、途中で届かなくなってきたり(爆)。

弾く時も、目に見えてる指を拡げようと思うと、抑制されて突っ張るので、てのひらの中で、指の骨の付け根から開いていくイメージを持つと、さらに拡がると思います。
指の骨は、手のひらの中央よりさらに手首寄り、手首から3分の1くらいのところから出ています。
骨格図を見てみるとイメージしやすいと思います。
   指じゃなくて、手のひらの中から拡げましょう!
   注目すべきは、骨だ。根元だ。
目

個人差があるかもしれないけど、私にとっては役立つ事項だったので、ちょっと書いてみました。
パッと見より 意外にとどくとか、弾いてる時だけ指が伸びたように見えたとか、一応結果出てると思うので。
自分の手を恨めしく思う暇に、できる努力は 最大限にしましょーね。
それでも限界があるので、どうにもならない曲を前に、くやしくてよく泣きますけど(笑)。
やっぱ、次は大女に生まれて、ロシアの大男たちが書いた曲を 余裕かまして弾こうと思います。
えーと、電車の中で、指の股割り=怪しい行動してる人がいたら、楽器やる人かもしれないので、変態だと思わず、暖かく見守ってやってくださいねー。


リストの指の長さについて 出典は、 大作曲家の知られざる横顔〈2〉リストからの招待状 より。
白黒ですが、リストの手を型どりした石膏像の写真も載ってます。
この本、とってもおもしろいです。
リスト以外に目次になってる作曲家さんたち、ワーグナー、フランク、スメタナ、ブルックナー、J・シュトラウス2、ブラームス、サン・サーンス、ビゼー、チャイコフスキー、ロシア五人組のみなさん、ドボルザーク、グリーグ、ドビュッシー、バルトーク。
シリーズ第2巻ならではのラインナップ? もっと有名どころは、1巻に収録。


ドルチェのリスト関連記事(CM曲は、もう変わっちゃったみたい)
  ・ニベアボディ CM曲。リストさん、親子そろって不倫の子持ち
  ・日東紅茶のCM曲は? リストさんってば編曲がお好き
  ・メフィストワルツ第1番 千秋卒業演奏曲を予習
  ・卒演。メフィストワルツ 「村の居酒屋での踊り」



posted by ドルチェせんせ at 02:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽おもしろネタ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の朝日にラン・ランくんのインタビューが載ってました。「日本での自己紹介方法」が笑える、お茶目な彼なのでした。http://www.asahi.com/culture/music/TKY200705110251.html
Posted by tn at 2007年05月12日 06:21
最近暑くなってきましたね。暑くなるといえば、

このブログをお読みの方には、CDコレクターの方も少なくないと思いますが、この機会に一度お話しておきたいことがあります。とくに、オペラや全曲集など、2〜4枚組がケースに入っているものをお持ちの方は必読です。

最近ではほとんどないのですが、古いCDの2〜4枚組のケースだと、CDの間にスポンジが挟んである場合があります。

このスポンジがですねー、長年経過と温度変化で、劣化してボロボロになってることがままあるのですよ。それだけならいいのですが、スポンジがCDにくっついて取れなくなっている、あるいは、取ろうとしたらボロボロになって、剥がすのにも一苦労、なんてことがありえます。しかも、それがレーベル面じゃなくて、記録面だったとしたら悲劇です。

というわけで、最近のCDのセット物にはほとんどスポンジは入ってませんし、もし入っていたら、普通に家で保管している以上スポンジは必要ありませんので、すぐに捨てましょう。それが「悲劇」を防ぐ最良の方法です。

私もこの話を聞いたとき、すぐに手持ちのCDを調べましたが、スポンジがボロボロになっていたり、CDにくっつきかけたのがあり、すぐに捨てて事なきを得ました。これから暑くなると、溶けてCDにくっつくことも考えられますので、これを読んだ方で心当たりのある方はすぐにチェックしましょう。

Posted by tn at 2007年05月12日 14:41
私の中指、リストの小指より短い・・・
12センチの中指って、ホントに同じ人間か?!
リストといいラフマニノフといい、難曲は指が長くないと弾けないってことでしょうか(^_^;)
「手のひらの中から広げる」とは目からウロコ。でもすごくわかる気がします。
私は指が開かないからコレ重要だ!さっそくトレーニングしなきゃ(笑)
10度をしっかり音が出せるくらいには開けるようになりたいです。
まだピアノ買ってないんですけど。。。

>tnさんへ
そういえば、昔のCDにはスポンジ付いてました。
さっそくチェックしてみます。ありがとうございます!
Posted by Haru at 2007年05月13日 00:53
tnさん
ぴち2ちゃぷ2ラン3♪
最初に誰か日本人が、ランランさんに、日本にはこんな歌ありまっせ〜って教えたんでしょうかね?
CDスポンジ張り付き事件、みなに役立つ情報をありがとうございます。
・・・はい。 プチ犠牲者が、ここにおります。
スクリャビンのピアノソナタ全集(アシュケナージ)が、ブツブツ柄に侵食。
幸いレーベル面に模様がついただけで、確か聴く方は無事だったけど、ウロコみたいで気持ち悪いのなんのって。見るのヤダ。
自分でこーゆーの見てたくせに、大した危機感も感じず、他を確認してなかったので、今回思わずチェックしてしまいました。
まだ何枚か変色してボソボソになったスポンジが入ったのありました。 危ない危ない。
あと、紙ジャケだと、中でCDひび入ってる場合があります。
中古屋さんで買ったCDを家に帰って開けたら、穴のところから銀色部分にまで少しかかる亀裂があって、ぎゃぼー!
今のところなんとか聴けた&亀裂が入った1枚は全曲うちに別CDがあった(2枚目のほんの数曲目当てで買ったレアもんだった)ので我慢したけど、ショックでした。亀裂がすすんだらヤバイよね。
貴重なCDは、ちゃんとケースに移し変えて、大切に取り扱いましょう!です。
Posted by ドルチェ at 2007年05月14日 03:16
Haruさん
リストさん、でか手ですよね〜。
でか手の友達に言わせると、あまり指長すぎても、ピアノのふたにブチ当てたりしてそれなりの苦労があるそうなんですが、やっぱ自分にないものはうらやましく思えちゃって。
「手のひらの中から広げる」ってのは、どうしてそんな当たり前のことに気づけなかったんだろうって、私自身が思ったことがあったので書いてみたの。
目に見える肉に惑わされて、骨格や筋肉のこと忘れてたんですねー。
広い音程を長時間取り続けるような曲だと、指の股の関節より、指の骨の付け根に意識持ってった方が、手にかかる負担がずっと減ってラクになりました。
ピアノ買ったら、ぜひ試してみてください。
指も継続的に拡げていかないと縮まるから、練習再開したらきっと驚くほど拡がるようになりますよー。
10度の連打が届いたら、諦めなくてすむ曲いっぱいあるんですよね。あぁ。
Posted by ドルチェ at 2007年05月14日 03:27
ご無沙汰しておりました。
パソコンが壊れまして・・・ハードがクラッシュしました。(泣)
やっと復旧・・・データをバックアップしていなかったので、データ救出にお金がかかった(泣)

さて、私も手が小さいほうなので、
余計な練習(跳躍の)をしなくてはならないんだわ。
昔、手の大きな外国人が軽々とカンパネラを弾いているのをみて、愕然としたことがあります。

最近「神童」の漫画を読んだのですが、
あのマンガで出てくるような手を機械で広げたり、
ピアノに必要な筋力トレーニングをする、ジムって本当にあるのかしら?
私が知らないだけなのかな・・・
Posted by あるまんど at 2007年06月10日 05:27
あるまんどさん、お久しぶりです〜♪
ハードディスク逝っちゃうと、ほんと涙ちょちょ切れですね。
自分の時は、ケチってデータは諦め、無償交換してもらったから金銭的負担はなかったけど、復旧にかける労力と時間が惜しくて泣きながら発狂(笑)。

手が小さいと、運動量もすごい増えちゃうし、音の組み換えとか、よぶんな作業がたくさん必要で、正直、不公平だなぁと思わずにゃぁいられないです。
でか手の人が弾いてるところ見ると、自分が憐れに思えて落ち込んだり、手首の移動を必要とせず6度の重音弾いてる姿なんか、サイコーにムカツク(爆)。

「神童」読んでないので、どーゆー機械かわからなくて、的はずれな話だったらごめんなさい。
ヤマハとか楽譜やさんで普通に売ってる「トレーニングボード」も、指の筋トレ、拡張にも使えますけど、そーゆーのとは違うヤツ? もっと大掛かりな器具?
ボードを使った指の筋トレならやらされてたの。先生が詳しければ、通常のレッスンぷらすフィンガートレーニングも課せられるし、専門に研究する機関もあったような。
演奏のための筋肉、身体の使い方だと、「アレクサンダーテクニーク」だっけ、専門で学べる機関があったはず。こっちは、本読んだだけなので、詳しくは知らないです。
最近は「フィンガーウェイツ」指にはめる専用の重りも売ってるし、指トレグッズさらに充実。
筋トレ、ド根性、体育会みたいなノリ、わりと好きでして(笑)、真面目に続けてる時は、持久力も、敏捷性も、ほんとに上がります。効果は高いと思います。
社会人になってからは思うように時間とれないしね、今やもうヘナチョコもいいとこなのが悲しい(笑)。
Posted by ドルチェ at 2007年06月12日 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。