新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2007年04月15日

ラフマニノフ2台ピアノ(のだめ第12話)

アニメのだめカンタービレ第12話は、のだめと千秋の弾く ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」 2台ピアノ版
オーケストラなしでの練習風景は あんな感じで、コンクールや オーディションなんかでも、規模が小さいのだと、オケ部分は ピアノ伴奏だったり、エレクトーンみたいな 電子オルガン伴奏で代奏したりします。
お楽しみの演奏シーンは、第1楽章の最初から通しで 3分ほどやってフェードアウト。
2回演奏して気絶したとかで、床に転がって熟睡のだめの図で おしまい。
前回、千秋のコンツェルト演奏シーンが やたら長かっただけに、なんだかとてもあっけなく。
あぁ、もっと濃厚に攻めてくれなきゃ、いやん(笑)。

のだめの演奏に合わせ、ピアノソロパート 最初の1和音だけ 楽譜をわざわざ提示してくれる 変なサービス付き。
1番下には 2分休符、1番上には テヌートの記号まで きっちり書き込むこだわりぶりだったけど、残念ながら、あれじゃ2段の5線に乗った だんご・・・(笑)。
上の段は ト音記号、下の段は ヘ音記号、それから 調号 シとミとラに♭フラット(半音下げてね) が付いてるつもりで見て下さいねー。
5線譜の頭に、ト音記号とか ヘ音記号とか 音の高さの基準を示す記号書かないと、ドレミわかんねーぞ。 音の高さ不明の リズム譜になっちゃいます。
と、また意地の悪いつっこみをしてみたり。
PP(ピアニッシモ) の記号は、のだめが無視したのを反映して、あえて書かなかったのかも。

えーと、記号を書き始める位置で、ト音記号ならソ(日本音名のト)の音の場所、ヘ音記号ならファ(日本音名のヘ)の音の場所を、指定しているのデス。
ト音記号は 下から2本目の 第2線から、ヘ音記号は上から2本目の 第4線から、決まった位置に書きましょう! 位置ずれると、本当は ドレミもずれて読むことになります。 教わった?
ついでに、のだめカンタービレのロゴみたいなのにデザインされてる ハ音記号は、窪んでる部分が真ん中のド(日本音名のハ)の場所になります。
 日本音名については、トホヘニハホ!? なんじゃらほい 日本音名の話 の記事で。

製作側としては、左手に10度の広い音程があるってのを 図解しようとしてくれたのかな?
これが届く人でも、2小節目以降の 内声にもう1音ずつ増えた和音だと押さえられなくなって、指が届かない人は、いろんな誤魔化しの術?を使います。
千秋さまの時も、のだめの演奏も、2小節目以降は、ファっふぁずらしの術を使ってます (ドルチェが勝手に命名)。
この辺りの話は、ラフマニノフの自作自演を試聴 (のだめ曲) ドラマ版の時に書いたので、始めましての方は 読んでみて下さいね!
ドラマ版でのラフマニノフ2台ピアノ対応記事は、のだめカンタービレ第6話☆感想文 こちらもご一緒にどーぞ。

あと、佐久間さんの くさ〜い雑誌批評文にのせて、千秋が弾くラフマニノフの回想シーンが出てくるので、そこでもう一度、第1楽章最初の方だけ聴けます。
うー。 もっと 第3楽章とか、別のところもやってほしかったなぁ。 普及の大チャン〜ス! と楽しみにしてたのにぃ。

その他、アニメのだめカンタービレLesson12では、彩子の声楽レッスンに絡めて、モーツァルトのオペラ 「コシ・ファン・トゥッテ」 の説明をしてくれます。
ラフマニノフピアノ協奏曲のお話は、あっけなく終わり、あっという間に新年あけおめ なのでした。
卒業試験の話題になっていきます。

長いので、分割します。
千秋の卒業試験曲については、次の記事に続く。




posted by ドルチェせんせ at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うんうん、千秋&のだめのピアノシーンは短かったですね。
前回の8分にわたる演奏は、やっぱり改編期サービスだったのか・・・。
そのわりに、コシ・ファン・トゥッテの説明が思ったより長かったような。
左手の10度が届く人が弾くこの曲を、ぜひ見てみたいです〜。
(指があんまり開かない私にはありえないです)
Posted by Haru at 2007年04月17日 00:14
Haruさん
ねー、短かったですよねぇ。 前回ので、ラフマニノフは、特に力入れて売る戦略なのかと期待しすぎてただけに、予想外でした(笑)。
ピアノな人々が、ピアノ曲アピールされると嬉しいように、声楽な方々は、今回のコシの待遇喜んでたかな。
やっぱ、肉厚のでか手で、余裕たっぷりな音で弾いてるのって素敵よね〜。
女の子でも詰め物入った10度ガンガンとれる子とかいたんで、ほんとに羨ましくて羨ましくて、たまらなかったです。
Posted by ドルチェ at 2007年04月18日 02:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。