新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2007年03月26日

のだめカンタービレ第11話のつっこみどころ(アニメ)

のだめアニメLesson11は、千秋の弾く ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」  の本番がメイン。
演奏シーンでは、第1楽章の最初から通しで8分間も 曲を流してくれました。
千秋さまの演奏が 第1楽章の途中で終わっちゃったかわりに、のだめがピアノ演奏で 曲の最後を締めてくれます。 第3楽章の最後18小節ほど、のだめがピアノだけで練習してるのが聴けます。
ラフマニノフについては、別記事にして もう少し書こうかな。
ドルチェは どんな抱き合わせ販売をたくらんでるのか、次回をお待ちくださいね。
今回は、とりあえず ドラマ版の時に書きました ラフマニノフの自作自演を試聴 (のだめ曲) の記事で、作曲者ラフマニノフ本人の演奏、リヒテル、アシュケナージの演奏で、ピアノ協奏曲第2番を試聴♪ しておいてください。
宿題デス!?
みなさん、決算期や 春休みなどで忙しそうですが、ガンバッテクダサイ。

その他、アニメ のだめカンタービレ第11話の突っ込みどころとしては、評論家の佐久間さんが キモかったこと。 あの唇、イヤだわ〜(笑)。
ドラマの及川ミッチーだと、ずいぶんイメージが違ってたのね。

あと、千秋の ベーフラット発言
キャバクラ、芸者、温泉卓球、ミルヒーに連れ回され 二日酔いの千秋くんちを訪問する彩子。 千秋と彩子の会話。
おまえ 低い音もよく出るようになったな、と彩子をほめる千秋くん、ベーフラット(B♭?)と アー(A)の音が・・・などと、みょーなドイツ音名を使用。
アーは、ドイツ語のA = ラの音のことで問題なし。 でも、ベーフラットは、ドイツ語のベー(B)と 英語のビーフラット(B♭)が混ざっちゃったっぽい。シ♭のこと。
ドイツ音名では、ベー(B)だけで シ♭をさします。 ♭がつかない普通のシは、ハー(H)と呼びます。
えーと、音大関連だと イタリア音名ドレミより、Cツェー Dデー Eエー のドイツ音名で会話してることが多いです。 日本のクラシック音楽教育が、ドイツ式での出発だった名残らしいです。
ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド は、C D E F G A H C (ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー ツェー)。
こっちのが慣れてるから、言いやすいんだよねー。 ○長調とか 調性言う時なんかは、ほぼ確実にドイツ式。
♭や♯が付いた時に こっちのが言いやすいから、一言で歌えるって利点もあり。
ソ♭なら Ges(ゲス)、ソ♯なら Gis(ギス)ってな感じに、♭は es、♯は is 付けていくのが基本です。
Bは 例外の形になりますけど。 ♭や♯も ちゃんと歌えるんですね〜。

音大のお友達とは、ドイツ音名。 英語の音名使うことは、普通ありません。
ついでに音大では、コードネームではなく 和音記号なんですが、うちのブログでは、身近なクラシックを目指して わかりやすいよう ポピュラーっぽい書き方をするようにしています。
クラブのピアノ弾きな世界では、ポピュラー、ジャズ畑の方々など英語で言ってくるので、最初頭が混乱して大変でした。
ビーフラや ビーの勘違いは あまりないですが(違和感はあるけど)、問題なのがエー。
エーと言われると、クラシック畑の人間は E(ミ)が浮かんでしまい、英音名な方々は A(ラ)のつもりで 波乱が起こります。 頭じゃわかってるつもりでも、長年のクセは簡単には抜けない。条件反射。
キーは? エーで。 と言ったのに、イ長調で歌うつもりの歌手が、いきなりホ長調で伴奏出られたら、ぶっ飛ぶよね。 エーの勘違いでの笑い話は、結構身近にいろいろありました。
と脱線しましたが、千秋くんの場合、英音名使う環境には いなさそうだし、音高からの同級生 彩子との会話なら、べーと言った方が自然かと。
と、小さなことを ほじくりだしてみた(笑)。

この会話で 千秋と彩子は、モーツァルトのオペラ 「コシ・ファン・トゥッテ」 の話をしていましたが、学園祭で ブー子が演じたドラベッラは、彩子のフィオルディリージの妹です。
嫌いな女と姉妹役を演じるのは、そりゃストレスたまっただろーねー。
(学園祭オペラ上演シーンはありません。 学園祭後のレッスンで、彩子がドラベッラのアリアのレッスンを受けてるシーンはあり。)
美人姉妹たちの恋人が、それぞれ変装 入れ替わって、彼女たちの貞節を試そうとするお話
結果、新しい男性の誘惑に、妹ドラベッラ 先に陥落、続いて 姉フィオルディリージも陥落。
「Cosi fan tutte = 女はみなこうしたもの」  わはは、悪かったね、浮気もんで。
モーツァルトのオペラは 学生もとり上げやすいのか、音大の声楽専攻の人たちが 練習的に上演するのをタダ、もしくは500円くらいで見られたりする機会があります。 
あまり興味のある路線じゃないので 細かくは覚えてないけど、私もいくつか見たよー。
タダでいろんな曲聴いたり、見たりできるチャンスに恵まれるのも、音大のおいしいところです。

そうそう、話をドイツに戻しますが、ミルヒー シュトレーゼマンから千秋への手紙は、ちゃんとドイツ語で書いてあって、そうだよ このエロおやじ ドイツ人なんたっけ・・・ってことを思い出しました。
すっかり 忘れてた・・・。
写真集 レースクイーンラプソディ を送ってください の手紙です。
自分の名前だけ、きちゃないカタカナでサインしてるとこが、なんだか とってもかわいかったです。

何日も風呂に入ってない のだめの髪の毛は、わかめみたいにかたまってて、強烈でした。
くさそー。
寝食忘れてピアノの練習に没頭してたのだめに、無理にでも ごはんを食べさせようとする千秋。
のだめを押さえつけて食べさせようとする姿は、サリバン先生と ヘレン・ケラーが格闘してるように見えました。
パッと見、え? 千秋が のだめを襲ってる!? と勘違いしそうな映像でありながら、全くヤバイ雰囲気にならないところが、この二人の不思議なところです。
あんなに暴れたらパンツ見えちゃいマス、きゃー!!

では、次回をお待ちくださいませ。


posted by ドルチェせんせ at 01:18| Comment(4) | TrackBack(1) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた遅れをとってしまった!ここからコメント付けます。

千秋のベーフラット発言、気になってコミックスを見てみましたー。
「B♭とAの音が・・・」と書いてあります。さすがにフリガナは付いてない。
テレビアニメのセリフが、ほぼコミックスと同じなので、
(脚本必要なのか?!ってツッコミいれたくなるほど)
「B♭」の文字を、そんなふうに読んだのかなぁと。

クラブのピアノ弾きのEとAの話は、にゃるほどーです。面白いですねー。
私もドイツ音名育ちなので、すごく混乱しそう。
急には変えられないですもんね。

ところで、突然ですがハンドルネーム変えました!
Haruka→ 「Haru」 にしました。
たいして変わってないんですが。今後ともよろしくお願いします<(_ _)>
Posted by (Haruka改め) Haru at 2007年04月04日 23:24
Haruさん
今の季節にぴったりなハンドルネームに変わりましたね!
音大生同士の会話だと、B♭ビーフラットとAエーよりも、BベーとAアーの方が自然だけど、マンガでは、読む人たちにわかりやすいように、♭もつけたのかな?
ふりがななしでBとだけ書いてあったら、ドイツ音名になれてる人以外は、シだと思うだろうし。
いっそのこと、聞いてる人にわかりやすいよう、アニメではイタリア音名に変えちゃえば良かったのにね。
千秋くんが英独合成の変な言葉使うのは違和感バリバリ。彼が飲み屋のピアニストでもしてりゃ別だけど、似合わねー(笑)。
EとAは、ほんと混乱します。エーと言われると、とっさにEが浮かんでしまって、変換するのが大変。
Posted by ドルチェ at 2007年04月05日 03:46
生徒にどうしてもCを「ツェー」って発音できなくて
どうしても「チェー」になる子がいました。
なんとか矯めようと努力したのだけれど
卒業まで「チェー」「チェス」でした。
しまいにはその子のあだ名が「チェー」になったのを懐かしく思い出します。
Posted by PINK MOZART at 2008年08月01日 20:07
PINK MOZARTさん
うちの従妹が、いまだに「ちゃちぃちゅちぇちょ」です。
本人はちょっと気にしてるみたいだけど、かわいらしくてね。
きっとPINK MOZARTせんせの生徒さんも、愛されキャラだったんだろうなぁ。
そういやぁ、ドイツ語の授業で、どうしても巻き舌ができない子がいて、クラスを盛り上げていました。
愛されキャラです。
Posted by ドルチェ at 2008年08月02日 14:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36870620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

のだめカンタービレ Lesson11
Excerpt:  千秋とシュトレーゼマンによるAオケとピアノのコンチェルト。
Weblog: 移り気な実況民の日々
Tracked: 2007-04-12 21:56
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。