新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年12月10日

ハンガリア舞曲と ブラームス交響曲第1番(のだめ曲)

のだめ第7話の時に、ドボルザークのスラブ舞曲が、ブラームスのハンガリア舞曲の大ヒットで ウハウハだった出版社から依頼されたって話を書きましたが、のだめカンタービレ第8話では、両方登場しちゃいました。

スラブ舞曲第10番 は、清良が龍太郎と並んで歩きながら、コンクールで優勝しなきゃいけないの! なプレッシャーを語るシーン。
これについては、のだめカンタービレ第7話☆感想文 の記事で。 試聴♪できます。

ブラームスのハンガリア舞曲第5番は、コンクールの結果が出て、インタービューされてるあたり。
バイオリンの清良は 首寝違えて、まさかの2位。  チェロ部門優勝の菊池くんは、お祝いに駆けつけた彼女3人はち合わせで ボコボコにされたらしく、あの後、ネットの写真が絆創膏だらけだったのに爆笑。細かい。  黒木くんは・・・ あぁ。

ブラームス ハンガリア舞曲 盗作騒ぎ。裁判沙汰。
ブラームスのハンガリア舞曲は21曲ありますが、お茶の間に登場する機会が一番多いのが、この第5番。
尾美としのりさん出演 ストッパ下痢止め薬のCMにも使われていました。
1番から10番までの出版が、ブラームス36歳くらい。 しつこいようだけど、まだヒゲはない。
原曲は、1台のピアノを2人で弾く、連弾曲です。
空前の大ヒット!!  人気に応えて、3年後にはピアノ独奏版を、さらに翌年には、そのうち3曲をオーケストラ版に、ブラームス本人が編曲したのが出版されます。(オーケストラ自編は、第1、第3、第10番だけ。)
姉妹編の人気を狙って ドボルザークのスラブ舞曲が出版されるのは、それから3年後くらいです。

ハンガリア舞曲、あまりの人気に、いちゃもんつけてきた人たちがいて、裁判沙汰になってます。
ハンガリー系の音楽家たちが、盗作だ! おれが教えてやったのにけしからん! って大騒ぎ。
これは、ハンガリー土着のジプシー音楽を編曲したものなので。
ちゃんと、「ヨハネス・ブラームス編曲によるピアノのためのハンガリー舞曲」 第1集、第2集 として出版してるので、裁判はブラームス側の勝訴になりました。
ブラームスは 20歳の美少年の頃、ハンガリー亡命バイオリニスト レメーニーの伴奏者として、演奏旅行に同行してまして。 レメーニにしてみれば、俺様が教えてやった曲なのにふざけるな! って感じだったんでしょうね。
演奏旅行の途中、リストのところを訪問してまして、リストに心酔しちゃってるレメーニィと、このおじさんの音楽 なんか違うぞ なブラームス。
この時 リストのピアノを聴きながら居眠り事件まで伝えられてますが (真相は怪しげだと思う)、とにかく仲違い。 旅先でレメーニーに放り出された過去があります。

ということで、ブラームスのハンガリア舞曲第1集、第2集 (1〜10番) は、オリジナルメロディーではなく編曲なのですが、ドヴォルザークのスラブ舞曲の方は、オリジナルメロディー満載なんだそうです。
ブラームスも、最初の出版から10年後くらいに、第3集、第4集 (11〜21番) を出版。
この第2弾の方は、オリジナルメロディーも含む 編曲ものになっています。
やっぱ、訴訟なんか起こされて、気分悪かったんでしょうかね?
最初に出版したのほどはうけなかったそうで、いや、なんとも・・・  私は、15番とか好きだけどなぁ。
編曲だからか、作品番号=Op. はつけられてません。 WoO.1 という番号が使われることがあります。
作品番号なしの作品 ヴェルケ・オーネ・オープスツァールの略、ベートーベン作品だと、このWoO番号ついてる曲、たくさんありますね。 エリーゼのためにとか。
エリーゼのためには誰のため?

では、編成による違いを聞き比べてみましょう。 1台のピアノを、二人で弾くか、一人で弾くかの違いだよ〜。

ハンガリア舞曲 ピアノ連弾版で 試聴♪

ハンガリア舞曲 ピアノソロ版で 試聴♪
  第1番から第10番まで。 ブラームス編曲版による演奏だと思います。
  その前に入ってるのは、ワルツ。第15番がのだめBGMに登場してます。

ピアノ連弾の原曲を そのまま独奏用にしたのではなく、ちょっと違った効果を狙って編曲されてたりして、おもしろいのです。
そうだな、第1番なんか、ソロと連弾の飾りつけの違いが 聴いててわかりやすいんじゃないかな。
ブラームスは10番までしか自編してないので、他人による全曲編曲があるのですが、そっちの方が連弾の時の音に近いアレンジになってて、違和感なかったりして。
第5番は、あまり違いがないんですけどもね。
うちにある全21曲ソロアレンジ譜は、ペータース版でした。 参考までに。
ブラームスによるソロアレンジ譜は、ブラームス ピアノ独奏 ハンガリア舞曲集 (ドレミ楽譜出版) が、解説も充実しているし、入手しやすいです。
この楽譜には、ヒゲなしブラームスの写真も載ってるので、ぜひご覧あれ。
知らないで高い洋書を買っちゃった私は、これを見つけて、きー! ってなりました。 くそぉ。
この楽譜の解説によると、第5番は、ベーラ・ケーラー作曲 「バルトファの思い出」 という曲が、もとになってるそうです。

連弾は、1台のピアノに2人並んで密着。 ねこふんじゃった♪みたいに 手を交差させる、しかも パートナーの手の間に突っ込んで絡み合い!みたいな お楽しみもありまして。 いや〜ん、って感じ(笑)。
アンサンブルの授業でも使いましたし、友達同士遊んだりしたのですが、手がぶつかったりする度にキャーキャー! 「なんか、やらしーね!」 とか大盛り上がりで。
慎ましやかな昔なら、男女で弾いたりしたら 結構幸せな時間だったかもしれません。 恋が芽生えたり!?
のだめと千秋が2台ピアノで演奏するシーンはありましたが、連弾もやってほしいなぁ。
素敵な2ショットだと思うんだけど。

同じくブラームスの曲では、R☆Sオケの演奏会、交響曲第1番
今回は、第4楽章もたくさん聴けましたね。
舞台で指揮をしながら、千秋が、「歌おう。 絶望から、希望の歌へ、歓喜の歌を!」 とか言ってましたが、この第4楽章のメロディー、ベートーベンの第九の 「歓喜の歌」 との類似点が、よく指摘されます。
これだと、「よろこびのうた」 なイメージの部分で試聴♪できます。
Brahms, Schumann: Symphony No. 1 / Karajan, Berlin Philharmonic Orchestra 試聴♪

ベートーヴェンの後継者的存在だとアピール、彼の9曲の交響曲に次ぐ作品だとして、ブラームスの交響曲第1番を 「第10」 などと呼んだのは、指揮者兼ピアニストの ハンス・フォン・ビューロー。
ワーグナーに奥さん盗られちゃった ビューローさんですよー。 この奥さん、リストの娘。
シュトレーゼマンと 桃ケ丘音大理事長ミーナとの思い出のシーンが出てきた回で、お話しましたね。


ダウンロードと試聴♪
ブラームス交響曲第1番 第4楽章
森正(指揮)/NHK交響楽団森正(指揮)/NHK交響楽団『交響曲第1番〜第4楽章(ブラームス)』

ブラームス ハンガリア舞曲第5番 オーケストラ版
外山雄三(指揮)/NHK交響楽団外山雄三(指揮)/NHK交響楽団『2つのハンガリー舞曲第5番、第6番(ブ...

のだめカンタービレLesson8のBGM、催眠術の時の曲については、次の記事に続く。
ちょっと、待っててね。





ドルチェの、のだめ関連記事
  ・のだめのバッグは、ピアノ鍵盤柄 のだめオフィシャルバッグ販売情報
  ・カンタービレとは?
  ・のだめカンタービレ 第1話☆感想文
  ・モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ (のだめ曲)
  ・のだめカンタービレ第2話☆感想文
  ・ベートーベン バイオリンソナタ第5番 春(のだめ曲)
  ・のだめカンタービレ第3話☆使用曲に思う
  ・ベートーヴェン交響曲ピアノ版☆のだめ第4話
  ・のだめ登場曲をピアノソロで
  ・ラフマニノフの自作自演を試聴 (のだめ曲)
  ・のだめカンタービレ第5話で新登場のBGMたち
  ・のだめカンタービレ第6話☆感想文
  ・のだめカンタービレ第7話で 天国と地獄、他
  ・のだめカンタービレ第7話☆感想文
  ・シューベルトのソナタと おなら体操(のだめ曲)
カテゴリ:のだめカンタービレにまとめてあります。
 



posted by ドルチェせんせ at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよう〜ございます。
ハンガリア舞曲のソロピアノ視聴しました。
1番・・・いや〜これ、笑ったわ〜
連弾しかないと思っていたし、連弾曲が耳に慣れているので、うわぁ〜こんなのあり?って、思いました。
これ、一生懸命、ソロで弾いても、
知らない人が聞くと(私も知らない人だった)
「あら〜あの人、音かなり省いていない?」みたいに思われないのでしょうか・・・
特に初めのパッセージはねぇ。
2回目になるとちょっと許せるかな。
Posted by あるまんど at 2006年12月11日 08:59
あるまんどさん
ね、違和感バリバリでしょ?
連弾曲が楽しくて、全曲入り他人編曲ピアノソロ譜も買って、ずいぶんたってから、ブラームス編曲ソロ版楽譜を手に入れたんですけど、見た瞬間、なんじゃこりゃ?と思いました。(他の曲目当てで購入した楽譜にたまたま入ってた)
かゆいのに、違うところをかかれているような、もどかしい気分に。
私もCDは持ってないんですが、あらためて聴いてみて、やっぱ変!と思いまして、絶対試聴してもらおうと燃えちゃった(笑)。
作曲者編曲の方が、偽者みたいに感じちゃうところがおかしくって。
連弾のイメージが強すぎると、指動かなくて、ずるしたの?みたいに聞こえちゃうんですよね。
こっちを先に聞いていたら、連弾がちゃらちゃら変に感じたりしてたのかも。
Posted by ドルチェ at 2006年12月12日 08:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。