新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年11月16日

ラフマニノフの自作自演を試聴 (のだめ曲)

のだめカンタービレ第5話は、千秋さまが弾く ラフマニノフ作曲のピアノ協奏曲第2番が、お話の中心になりました。
のだめドラマでは、毎回 うんちく話が 語られるのも楽しみの一つですが、Lesson5では、ラフマニノフが深い心の病から立ち直ってどうこう、千秋くんが説明してくれましたね。 お写真も拝見できました。
このお話、うちでも書いたことがありますので、よかったら読んでみて下さい。
  ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 村主選手フリー曲
この曲の おすすめCD、楽譜なども、こちらの記事で ご紹介しています。

ピアノコンチェルト (=ピアノ協奏曲) と言えば、2台ピアノでの練習。
オーケストラと一緒の練習ばかりできるわけではないので、オケのパートを ピアノにアレンジしたもので伴奏してもらって 練習したりします。
のだめちゃんがオケパートを弾いて、千秋&のだめ 2台ピアノ再び! なのかと わくわくしていたのですが、残念、今回はありませんでした。
でも、第6話は、千秋先輩が弾いたラフマニノフが弾きたい! と必死に練習するのだめに、手を差し伸べる千秋クン。 千秋がオケパートを弾いての 2ショット演奏が実現するのでしょうか。
楽しみですねー。
第5話で、協奏曲のピアノソロ部分だけ聴けたのは、日頃、演奏会やCDで 完成品を聴きなれてる方々にとっても、結構おもしろかったと思うのだけれども。
来週は、2台ピアノ版ピアノ協奏曲が聴けると良いですね!

「ラフマニノフ プレイズ ラフマニノフ」
さて、千秋の弾いたラフマニノフのコンチェルトですが、作曲者本人の演奏CDが出回っています。
ピアノ協奏曲第2番の録音は1929年、ラフマニノフ56歳の演奏です。
ラフマニノフ本人の演奏は、テンポ速めのさっぱり系である とよく言われます。
「ピアニストに必要なのは、人一倍速く動く指だ」 とおっしゃっていたラフマニノフさんは、常に恐るべき速さで演奏していたと伝えられていますが、このピアノ協奏曲も 速めです。
昔の巨匠にありがちな、思いきりテンポを揺さぶって ロマンティックでろでろに歌う演奏の対極。
かと言って無味乾燥なわけではなく、抑制された美しさ、息の長い歌いっぷり、繊細な心を持った巨人らしい 素敵な演奏です。 ミルヒーちゃん好みの!?くねくね悶える演奏よりも、好きだなぁ(笑)。

演奏時間だけで簡単に判断できない部分もありますが、参考までに。
 (いくつか演奏聴き比べてからと思ったもんで、記事遅くなっちゃったのよー)
ラフマニノフ本人のピアノ協奏曲第2番の演奏時間は、第1楽章 9'45" 第2楽章 10'40" 第3楽章 10'50" くらい。
リヒテルの演奏だと、10'50" 11'40" 11'20" くらい。
さらに このリヒテルよりも1分ずつくらい長い演奏もありました。

ラフマニノフ プレイズ ラフマニノフ ラフマニノフのピアノ演奏を 試聴♪ できます。
ピアノ協奏曲第1番から第4番。パガニーニの主題による狂詩曲 が入っています。
Concerto No. 2, Op. 18 となってるのが、今回、千秋が弾いた曲です。
CDジャケットは、晩年のラフマニノフさん。
Rachmaninoff plays RachmaninoffRachmaninoff plays Rachmaninoff
Sergey Rachmaninov Eugene Ormandy Leopold Stokowski

RCA 1994-08-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラフマニノフの演奏CDは、自作のみならず いろいろ出ているので、探してみるとおもしろいです。
ロシア名の変換に迷いますが、本人は、欧米では Sergei Rachmaninoff と表記。
あとは、Rachmaninov、Rakhmaninov あたり。 + Plays で検索すると、結構ひっかかります。

さて、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ですが、出だし、特に左手に広い音程の和音があるので、これをどう弾くのかも、気になるところです。
オレさま千秋様は、ばらして弾いてらっしゃいましたが、ラフマニノフ本人のCDも 同じばらし方で弾いています。
  じゃ〜ん ファー  じゃ〜ん ファー  というのが、
  じゃ〜ん ファっふぁ  じゃ〜ん ファーっふぁ って感じに聞えます。
「ふぁ」 は、次の じゃ〜んに含まれる和音なのですが、時間差攻撃で弾くと こうなります。
う〜ん、文字で説明するのって難しいなぁ。 意味不明だったらごめんなさい。
  じゃららら〜ん ファー とハープっぽく全部ばらして弾く方もいらっしゃいます。

手が届かない私たちだと、ばらすか、音をカットして弾くしか方法がないので 仕方ありませんが、12度 (例えば ドから1オクターブ上のソ) が届いたと伝えられてるラフマニノフの場合は、何か別の効果を狙ってのことかもしれませんね。

例えば 2小節目の和音、左手で下から ファ ド レ♭ ラ♭  これがいっぺんに押さえられるあなたは、手がでかいです。 実にうらやましい、嫉妬に狂いそうです(笑)。
さらに、右手で ド レ♭ ファ ラ♭ ド と同時に弾きますが、これすら届かない場合は、下のドを 左手に持っていってだね、
ふぁ(飛んで) ド レ♭ ラ♭ ド (左) レ♭ ファ ラ♭ ド(右) なんてことをしてみたり。
無理せず 思い切って音カットしちゃった方が、音質が良かったりもしますが。

手が小さいとさ、よぶんな工夫が必要なのよー。
それでもどうにも誤魔化せなくて、遊ぶのはOKでも、試験とかには 使えない曲というのが、たくさん存在します。
くやしくて泣いてる子は、たくさんいますので、手が届かなくてお悩みの お仲間のみなさま、強く たくましく 共に頑張りましょうね。
でも、やっぱり次回は、大女に生まれたいと思いますが。
燕尾より、ドレス着たいから、女の子が良いです。 あ、真澄ちゃんみたいなのもあり?(笑)

先ほどの ラフマニノフ本人のCDだと、冒頭部分が 試聴♪ できなかったので、こちらで 冒頭の和音の弾き方の違いを 聞いてみて下さい。

 ・楽譜通り、じゃ〜ん ファー タイプ試聴♪ リヒテルさんだよー。 試聴用サンプル1で。

 ・千秋、ラフマニノフと一緒、じゃ〜ん ファっふぁ タイプ試聴♪ 試聴用サンプル1で。

 ・じゃららら〜ん ファー タイプ試聴♪ アシュケナージです。 試聴用サンプル1で。

違いわかりました? 探すの大変だったんで、ぜひ聴き比べてみてね!


のだめ+Sオケは、ガーシュウィン作曲のラプソディ・イン・ブルーを、ピアニカバージョンに編曲して演奏していましたね。
ラプソディ・イン・ブルーは、 ピアノとオーケストラ、ピアノ協奏曲みたいな編成で演奏するのが 主流なので、のだめも ピアノで参加できる曲だったのに、何故わざわざピアニカで?
謎ですが、やはりマングースは かわいかったです。 小道具のハブまで作る発想、好きだなぁ。
この曲についても いろいろ書きたかったのに、あっけなく演奏シーン終わってしまい・・・
でも、エンディングテーマ曲だし、まだ書くチャンスは出てくるかなぁ。
のだめカンタービレは、BGMも含めて、書きたい曲がありすぎて、もう困っちゃいます。
うれしすぎ。

エロ指揮者ミルヒーちゃんが、「酒とたばこと女がなければ、私 死にます」 と千秋に語っていましたが、ガーシュウィンさんが まさにそんなタイプの人生。
エロおやじとは違う雰囲気ですが、えらいモテたようで、いつも周りには美女がいっぱい。
複数同時進行、人妻多し、お商売の人も大好き、享楽的な生活にどっぷり浸り、奔放な自由恋愛の見本みたいな方です。
たった38歳で亡くなってしまったんですけどもね。脳腫瘍です。

ジャズとクラシックの融合みたいな音楽であるため、一般的なクラシックピアニストでは 手を出さない人も多いです。
ラフマニノフ群との演奏家さんたちの違いを見てみるのも、おもしろいかもよ。
バーンスタイン、プレヴィン、ティルソン・トーマスなどで、ピアノ弾きながら指揮するタイプの録音が目立つと思います。

ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー のダウンロード試聴♪
Andre PrevinAndre Previn『Gershwin: Rhapsody In Blue』
アンドレ・プレヴィンの弾き振りです。


ドルチェの、のだめ関連記事
  ・のだめのバッグは、ピアノ鍵盤柄 のだめオフィシャルバッグ販売情報
  ・カンタービレとは?
  ・のだめカンタービレ 第1話☆感想文
  ・モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ (のだめ曲)
  ・のだめカンタービレ第2話☆感想文
  ・ベートーベン バイオリンソナタ第5番 春(のだめ曲)
  ・のだめカンタービレ第3話☆使用曲に思う
  ・ベートーヴェン交響曲ピアノ版☆のだめ第4話
  ・のだめ登場曲をピアノソロで
その他、カテゴリ:のだめカンタービレにまとめてあります。



posted by ドルチェせんせ at 02:33| Comment(19) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラフの2番、ラン・ランさん(中国出身だけどパンダではない(笑))の演奏は11:44、12:28、12:11ですよ。
Posted by tn at 2006年11月16日 20:25
tnさん
情報さんきゅです。 ランランくんも、たっぷりめなのですね。

で、今、ラフマニノフCDの収録曲名を、書き間違えてるのを発見してしまいました。 ぎゃぼー!
みなさん、ラフマニノフさん、ごめんなさい。
「パガニーニの主題による狂詩曲」が、「・・変奏曲」になっちゃってたのを、先ほど訂正しました。
変奏曲じゃ、ブラームスになってしまう・・・
http://piano-bravo.seesaa.net/article/11134580.html (パガニーニの主題によるピアノ変奏曲 ☆ あれこれ)  おわびに便乗して、記事の宣伝してみたり。
Posted by ドルチェ at 2006年11月17日 02:27
ラン・ランさんは、14日付の朝日新聞朝刊「週刊アジア」ってページに写真入りで載っていました。ウェブには出てないようなので、新聞を持っている方は見てみてください。
ちなみにユニバーサルのHPはこちら
http://www.universal-music.co.jp/classics/artist/langlang/langlang.html
Posted by tn at 2006年11月17日 10:30
その朝日の記事で、ランラン(Lang Lang)は、

朗朗

って書くのを初めて知りました。蘭蘭じゃないよ(笑)
Posted by tn at 2006年11月17日 10:32
そっか〜。 パンダ国の人だから漢字なんですよね。
Lang Lang にしても、朗朗にしても、なんだか楽しそう。
ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん♪
Posted by ドルチェ at 2006年11月19日 02:29
今気づいたんですけど、

Prays

になってます。これじゃ「祈る」ですね。正解はplay(s)です。
Posted by tn at 2006年11月20日 00:09
げっ、ほんとだ。 発見してくれてありがとう。
一つミスを直して安心してたのに、まだあったなんて〜! ぴぎゃー!!
Rachmaninoff + prays で検索しちゃった人、もしいたらごめんなさい。
ラフマニノフが祈っても、そんな題名のCD見つからなかったよね?
検索する前に、気づいてくれてたことを祈ります。
早速、訂正しておきます。
また、アホミス見つけた時は、通報よろしくお願いします。 ひそかに笑ってちゃいやよん(笑)。
Posted by ドルチェ at 2006年11月20日 02:04
prayといえば、ピアノ音楽史上最大の一発屋?バダジェフスカさんの「乙女の祈り」は"Maiden's Prayer"が英語のタイトルです。

でも、「一発屋」でもすごいですよね。作曲家のほとんどは、一曲さえ歴史に残らなかったのですから。
Posted by tn at 2006年11月20日 10:06
ランランさんといえば、昨日のNHK教育の「N響アワー」で、ラフマニノフの3番のコンチェルトをやったそうです。指揮はデュトワさん、オケは…言わなくても分かりますよね(笑)。

しかししっかり見落とした〜残念です。
Posted by tn at 2006年11月20日 22:03
こんばんは、ドルチェせんせ。試聴版で演奏時間を計ってみました。
計測箇所:第8小節一拍目の和音から四分音符の「ラ♭ーファーソー」を経て第9小節一拍目の和音まで(前打音除く、右手全音符)
結果:リヒテルが3.2秒、カポヴァが2.6秒、アシュケナージが3.4秒。
一方われらが千秋ですが、一人の練習時が4.4秒、本番が4.9秒でした。特に本番では渾身の「ソ」が映りました。ここの「ラ♭ーファーソー|ドー」という部分ですが、私には千秋が、「ラ♭ー(いろいろ)ファー(あった)ソー(けど)ドー(ねー)」とカッコの中の歌詞を付けて歌っているように聞こえます。
Posted by bwv582 at 2006年11月21日 00:07
tnさん
わぁ、英名だとそんな風に書くのですね! φ(..)メモメモ
パリの音楽雑誌の付録で有名になったからなのかな? ピアノ譜だと、La Priere D'une Vierge だいたい仏名が一緒に書いてありまして、Prayer と Priere 似てますね。
27歳で亡くなった彼女は、音楽家早死に選手権で よくお名前を拝見します。
もっと長生きしてたらもしかして・・・  やっぱ1曲屋さんかなぁ。
N響ランランは、気づいてたんですが、映画の方をとってしまいました。
ファンですか? お顔見るのが楽しみだとか?(爆)
Posted by ドルチェ at 2006年11月21日 02:22
bwv582さん
わぁお、すごい。計測お疲れさまぁ。
ちょうど、rit.かける指定になってるところですか。おもしろい調査ですね。
千秋くんはずいぶん大げさに遅くしていたのですね。
彼としては、すっごい、いろいろあったけどね♪な気分だったんでしょうか?(笑)
私も、今度、ラフマニノフや、ヴァシャーリので計測してみようかな。
Posted by ドルチェ at 2006年11月21日 02:27
ラフマニノフよかったですねー♪(相変わらず1週間遅れ・・・)
3回も巻き戻して見ちゃいました。こんな難曲、自分じゃ弾けるとは思えないので、その分余計なこと考えず純粋にのめり込みました。
やっぱ役者さんは表情で見せてくれるなーと。
ちなみに私は、くねくね悶えてないほうが好きです。
手の大きさって普通どのくらいなんでしょうね。中女の私は、1オクターブと1つがギリギリ届く程度。指の骨格が人と少し違うらしく(お医者さん談)硬くて開かないので、手の大きさのわりには届かないのです。ソまで届くって、すごすぎ。
Posted by Haruka at 2006年11月21日 02:34
Harukaさん
短期間の研究で、演奏シーンを演じている役者さんたちは、ほんとにすごいですよね。
私も、この曲は、あまりねちらない方が好きです。
指の届き具合は、私も同じくらいかなぁ。ギリギリ9度とれますけど、1−4じゃないと無理。私は、5番指が短いので、オクターブでも つめものいっぱい入ってるような和音だと、ものすごく辛い。命削って弾いてるような気分(笑)。チビなわりには、手、育ったというか、育てたんですけど、限界が。
女の子でも、10度とかガンガン叩ける子とかいたんで、ほんとに羨ましかったです。
やっぱ、次回は、大女ですね。手だけ異常にでかければ、中女くらいがいいかな。
Posted by ドルチェ at 2006年11月21日 03:31
こんばんは、ドルチェせんせ。すごいコメント時刻ですね。ナポレオンか、はたまたピカソか...
何でも遅くすりゃあいい訳ではない、ということはもちろん私も存じております。おそらくこの千秋のrit.4.9秒が、聴き手にとっての(待つことのできる)精神的な限界ではないでしょうか。しかし第9小節からはa tempoでキチンとテンポも戻しているようですし(オケまだですけどここはシュトレーゼマンの統率力のなせる業か?)、「ピアノ協奏曲・ロマン派・短調」と、も一つ「ドラマ」、なんだからココは千秋の思い入れということで。
ところで一つ質問です。この曲、最後の和音を弾(た)たいた後、みんな千秋のような「仮面ライダー変身ポーズ」になっちゃうんですか?
Posted by bwv582 at 2006年11月21日 23:08
こんばんは、ドルチェせんせ。訂正です。
超短時間睡眠で製作に励んだ画家は「ピカソ」ではなくて「ダリ」でしたね。
Posted by bwv582 at 2006年11月22日 22:48
bwv582さん
千秋くんは意外と粘着質なんですかね。
ライダー!?(笑) みなさん、あんな掃き捨てるような弾きかたしてるの?
演奏の映像とかってあまり見ないんで知らないんですけど、あれはしっかり納めて終わってくれた方が、大きなラフマニノフ、広大なロシアっぽくて好みだなぁ。
2台ピアノで弾いた時は、掃き捨ててなかったですよね。
どちらかといえば、こっちのが私としてはイメージ近いかな。
人それぞれじゃないですかね。 ほしい音質によっては、動きの延長線上でライダーになる場合もあると思います。
Posted by ドルチェ at 2006年11月23日 08:20
こんばんは、ドルチェせんせ。メンテお疲れ様です、って別にせんせが何かしたワケでもないか。
このドラマ、随所にギャグがちりばめられていますが、私が自分の耳のアホさ加減に笑い転げたセリフがありまして。千秋のラフマニノフ開演直前の舞台袖のシーン、ミルヒーが千秋に「髪の毛、少し立ててみぃますか?」と聞いた次のセリフです。「タイも、外してみた方がいいかぁも知れませんね?」が何度聞いても「体毛、外してみた方が...」と聞こえて仕方ありません。え〜?全部〜?今からじゃちょっと間に合わないよ〜ってそーゆー問題と違うでしょうが!
Posted by bwv582 at 2006年12月20日 23:26
本番前に剃毛プレイですか(爆)。
女の子だと、ドレス着る前にうぶ毛剃るとか、体毛外しの話もします、実は。
演奏会前は、毛の話でもちきり。 髪型も含めてだけどね。
新しく第10話で登場した、ヴァイオリンの男の子、新コンマスなら、「いいから、早く脱げよ」って千秋に言いそう。
真澄ちゃんのライバル出現に大笑いでした。
私としては、千秋さまは真澄ちゃんに差し上げたいところですが。 真澄がんばれ。
Posted by ドルチェ at 2006年12月21日 08:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。