新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年10月25日

のだめカンタービレ第2話☆感想文

のだめ第2回目も、いたるところクラシックだらけ、楽しくて鼻血が出そうでしたね!
しょっぱなから、先週に引き続き、「ベートーヴェンの月光ソナタ 第3楽章」 で開始。
またまた プロコフィエフさんのロメジュリ=アクオス携帯CM曲 も登場。
第1話で、のだめ部屋掃除中、いくらごはん!?の周りを ハエが飛んだ曲も、また登場。
弁当を盗み食いしようとしたら、すでにえさは食われた後、死んじゃえ委員会からの手紙が入ってて、のだめが怒って教室を飛び出していくシーン。 終わりの方でも走りながら もう1回。
リムスキー=コルサコフの 「熊蜂の飛行」 は、もとはオペラの曲ですが (「皇帝サルタンの物語」 より、組曲にも入ってます)、速弾き技巧ひけらかし系の短い曲、ということで、アンコールとか、余興とかで ちょろっと演奏して拍手喝采! なんて場面によく出くわします。
ピアノでも 半音階の速弾き練習曲に使えます。 バイエルの最後に 半音階が登場するため、簡単にアレンジしたのが バイエル併用曲集の最後の方にのってることも。
後で、第2話登場曲いくつかを 試聴♪できるようにしておきますので、よかったら聞いてみてね!
のだめカンタービレのサントラなど、12月発売予定のCD が いくつかあるようなので、こうやって繰り返し登場する曲は 収録される可能性あり?
俺様プロコさまも、大ブレイク間違いなしだな。 来週も使ってやってください。

今回の大ヒット!は、ちょっと切ないシーンでした。
愛する千秋さまに、 「おとこだろー!」 と言われてしまい、傷心の真澄ちゃん。失恋
練習室の私物を ダンボール箱にまとめ、千秋の写真もしまって、大学を去ろうとする 涙涙のシーンで流れた、ショパン作曲 「告別のワルツ」 Op.69-1 変イ長調
ショパンのワルツ集だと第9番になってるのが普通。 遺作なんで、びみょーですが。
これは、25歳のショパンが、後に婚約する マリア・ヴォジニスカのために書いた曲。
でも 二人には、悲しい別れの結末が・・・
このワルツを作曲した翌年、マリアと再会し婚約。でも、すでに結核の症状が出ていた ショパンの健康状態を不安に思ってか、さらに翌年、ヴォジニスカ家から 婚約解消を告げる手紙が届きます。
やりとりしていた手紙や 思い出の品をリボンで束ね、「わが苦しみ」 と書き付けるショパン・・・
ショパンの遺品として、ワルシャワショパン協会に保管されてます。 ずっと持ってたのね・・・
詳しくは、クラシック 名曲を生んだ恋物語 の本を読んでみるとよろし。
うちのトップページの右上にも はってありますが、表紙の肖像画が ショパンとマリアです。

そして、切ない愛の歌、もう一つ
千秋先輩、彼女いたんですかぁ?と、ショックをうけた のだめ。 学校の でっかい丸い石の上で へたってるシーンで流れた クライスラー作曲 「愛の悲しみ」
クライスラーの 「愛の喜び」 の方だったら、結婚式のBGMにも使えるんだけど・・・
ヴァイオリンのポピュラー曲のようになってまして、私たちピアノは 伴奏でかかわります。
夜のクラブなんかでリクエストされることもあります。
ロックなバイオリニスト?峰龍太郎の 再試験曲、ベートーヴェンのスプリングソナタ の第1楽章も、かなりポピュラーなんで、飲み屋で弾かされたこともあり(笑)。
「愛の悲しみ」 にしても、ベートーベンの「春」 にしても、ファンが多い曲なのですね。
ヴァイオリン以外の楽器と一緒に演奏したり、ピアノソロになおして演奏することも。

んシド レミファ♯ ソーラ シッレー♪
チャイコフスキー作曲 「弦楽セレナード 第2楽章」 も流れてましたが、この優雅なワルツも ポピュラー曲化してて、飲み屋での演奏も可。
美酒爛漫 だっけ? 前に お酒のCMになってた記憶があるんだけど。
こちらは、千秋をデートに誘おう大作戦 での曲。 のだめにしても、真澄にしても、希望に満ちて行動してましたね。
ちなみに、弦楽セレナードの1楽章は、オー人事のCM、スタッフサービスの前作になるのかな? で 結構長いこと使われてた曲です。

あと、バイオリンの再試験で 前の人が すごい勢いで弾いてた、ヴィットリオ・モンティ作曲 「チャールダーシュ」
私は、あれを飲み屋で弾いてる子を見たことが。 しかも、超上手だった!
元、音大のヴァイオリン専攻だったそうで、そんなに上手いのに 何故にこんなとこで弾いてるの? もったいない とマジで思った(爆)。
ジプシーの舞曲で、酒場で演奏されるような曲なんだと 教えてもらったのですが、 情熱的で かっこいいよね!
先日、テレビから この曲が聞こえてきたので、あわてて見にいったら浅田真央ちゃんが。
新プログラムのフリー曲が、これ、モンティのチャルダッシュ なんだそうです。
真央ちゃん、前の ビゼーのカルメンといい、チャルダッシュといい、大人っぽい情熱誘惑路線を狙ってるんでしょうか?

それから、千秋と彩子が飲んでたバーの BGMになっていた、ドビュッシー作曲 「アラベスク 第1番」 は、テレビドラマの クラブやバーで、何故か やけに使われます。
そのせいか リクエストが多いので、クラブのピアノ弾きさんは、持ち曲にしておきましょう。
峰クンとの出会いのシーン、延長コードをひっかけて転んでる のだめの傍らには、ドビュッシーの顔が表紙になった楽譜が転がり。 仕掛けが細かいですね。 いいぞー、いいぞー!
若い頃のは特に、飲み屋愛され系の美しい曲が多い ドビュッシー。 でも、彼には こんな女泣かせの一面も・・・  作曲家 悪い男選手権 金メダルは誰だ?

反対に 女にいじめられて喜んでたかもしれない、リヒャルト・シュトラウスさんの曲も登場。
交響詩 「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 Op.28
爆笑コメディドラマには、ぴったりの とぼけた曲です。
真澄ちゃんが、千秋さまと初めて出会った 一年生の頃を回想するシーン。
恐妻家 R・シュトラウスについては、R・シュトラウスVSプッチーニ 作曲家悪妻伝説 で。

最後に、たぶん この曲、気になる! 弾いてみたい! と思った人、多そうな気がするので。
のだめの部屋で、龍太郎と、真澄ちゃんと、だっちゅーのだの、モンローだの 研究してる時に流れてた曲、エリック・サティ作曲 「ピカデリー」。 楽しそうだったでしょ? 曲も。
クラブなんかでの サティ曲リクエストなら、「ジムノペディ第1番」、「おまえが欲しい」 あたりがだんとつですが、これも結構うけます。
子供たちへのうけも良いようで、発表会で使った後、自分も○○ちゃんの曲が弾きたい! と志願する子が続出。 ピアノを弾く人は、ぜひ遊んでみてください。 ダ・カーポで戻るので、たったの2ページ。
  試聴♪ サティ ピカデリー を試聴♪  1が該当曲です。
  楽譜 エリック・サティピアノアルバム  楽天ブックス送料無料。 肝心な曲目が載ってなくて 売る気あんの?って感じですが(笑)、ドルチェも持ってるので 「ピカデリー」収録保証。
  楽譜CDセット エリックサティピアノアルバムCD付き  曲目が一緒なので、同じ楽譜のCD付きだと思います。こちらは曲目が見られます。
  その他、全音版だと サティ全集の4巻に収録されてますが、有名曲いいとこどり という点では、こっちのがおいしいと思います。  

と、今回は、ポピュラークラシックを中心に とりあげてみました。
一応 これの続き、第2弾を書くかもしれません。
それにしても、アフロな真澄ちゃん、サイコー!です。
はじけて踊る(しかも、とっておきの笑顔)ティンパニー奏者がちらついて、もう ベートーヴェンの第九は、笑いなしに聞けません。 
それに、死んじゃえ委員会って・・・

のだめカンタービレ第2話使用曲 試聴♪ はこちら
  リムスキー=コルサコフ 熊蜂の飛行 を 試聴♪ダウンロード  バイオリンバージョンで

  クライスラー 愛の悲しみ を 試聴♪ダウンロード  これも、イツァーク・パールマンよ。

  第2話で登場してないけど おまけ → クライスラー 愛の喜び を 試聴♪ダウンロード


  ショパン ワルツ第9番<告別> を 試聴♪ダウンロード  おぉ〜! ディヌ・リパッティ!!

  モンティ チャルダッシュ を 試聴♪ダウンロード  女子十二楽坊で


ドルチェの、のだめ関連記事
  ・のだめのバッグは、ピアノ鍵盤柄 のだめオフィシャルバッグ販売情報
  ・カンタービレとは?
  ・のだめカンタービレ 第1話☆感想文
  ・モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ (のだめ曲)
その他、カテゴリ:のだめカンタービレにまとめてあります。


posted by ドルチェせんせ at 06:47| Comment(9) | TrackBack(1) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のだめの「ピアノ鍵盤バッグ」売ってる、というか、予約受付中みたいですよ。http://nodame.yahoo.co.jp/purchase/index.html
Posted by tn at 2006年10月27日 16:13
あ、すみません。すでにそちらのページに情報を追加されてたんですね(>_<)上記コメントとこのコメント削除してください。
Posted by tn at 2006年10月27日 16:16
こんにちは、ドルチェせんせ。Lesson 2はしっかり見れました。
龍太郎の前打音(と言うのか)バリバリの演奏も、実際誰かが弾いているわけですよね。普段は正統の演奏を心がけている演奏家が、わざとはずし演奏をするというのはかえって難しいのではないのですか?
それと千秋が「さわりのところ」と言ってバイオリンを弾いていましたが、本当は「出だし」と言うべきなんだけどこの言い間違いはもう直らないですね。
Posted by bwv582 at 2006年10月28日 12:42
tnさん
もちろん、うちでもその辺はぬかりなく、情報追加しております(笑)。

えー、みなさま、ドルチェの、のだめバッグ紹介記事もよろしくね!!
ついでに、音大生の手荷物事情についてのお話も、お楽しみいただけます。
http://piano-bravo.seesaa.net/article/25443374.html
ドラマでのだめが持ってるバックを制作した ミュージック・フォ・リビングさんの楽天市場出店ショップでご紹介しています。
ただ今予約注文受付中。私が見てる限りでも、10/25→10月末→11/10と発送時期が変化してるので、お急ぎの方、ご予約はお早めに♪

あぁ、アクシデントをも逆手にとる、なんてたくましい私・・・
大丈夫です、tnさん(笑)。
Posted by ドルチェ at 2006年10月29日 01:45
bwv582さん 音担当の演奏家さんたちも、はずし演奏楽しんでるかもしれませんよー。
楽器はサイコーのおもちゃなので、おふざけ演奏も慣れ親しんでるはず。
さっきまで真面目に合唱してた人が、休憩中、演歌モードでこぶしまわして、泣き入れて、それもわざと大げさに歌ってウケ狙うみたいなお遊び。
真面目演奏が上手い人ほど、はずしも達人で、笑わしてもらってました。 音楽家あほあほ。
スプリングソナタは出だしが一番いい感じがしますね。
Posted by ドルチェ at 2006年10月29日 02:18
本家(?)フジTVのサイトに「のだめ使用曲リスト」ができたみたいです。http://wwwz.fujitv.co.jp/music/nodame/index.html

しかーし、2ちゃんねるにも書かれているように、速報性や「使用場面」「楽章」まで書いてる細かさは「まとめサイト」にかなわないみたいです。

>スプリングソナタ

いいのは最初だけで、後は正直ダルイですね。「さわり」とは、いわゆる「サビ」(曲の一番いい部分)のことなので、千秋さんの発言もまんざら嘘ではないと思います。ベトヴェンだと9番「クロイツェル」の方が傑作なのではないでしょうか。

Posted by tn at 2006年10月29日 10:47
ほんとだ。 フジテレビの楽曲リスト、ちょっとかゆいところに手が届かない感じで残念。
私としては、第1話、第2話、ともに登場してた、アメリカンパトロールとヤンキードゥードルのメロディーについて知りたかったんですが、作曲者情報がない・・・
あれは、オリジナル構成かなんかなのかしら?
子供のピアノ発表会曲としては、ミーチャム作曲のアメリカンパトロールとしておなじみの曲なんですが、私は原曲について知らないので、気になっています。
でも、めんどくさいから、調べない(笑)。
たしかに、スプリングソナタの盛り上がる部分で紹介する気にはならんです。
1楽章の和音じゃんじゃんじゃんじゃんで伴奏するところが、なんとも・・・
Posted by ドルチェ at 2006年10月30日 00:24
こんばんは、ドルチェせんせ。ご無沙汰しています。月末月初ぐらいは忙しいサラリーマンなもんで。
スプリングソナタに関するtnさんのコメント、おっしゃるとおりですね。賛同いたします。改めてCD聴いてみましたけど、2〜4楽章、全然覚えてませんでした。
「アメリカンパトロール」ですが、私の持ってるマーチ集のCDの解説によれば、元々「コロンビア、大洋の宝(Columbia,the Gem of the Ocean)(この曲、私の中2の時の音楽の教科書に「海のマーチ」として載っています)」「デキシー」「ヤンキー・ドゥードル」の3曲が挿入されているのだそうです。作曲は1885年、ミーチャムは数百曲の作品を書いたそうですが、よく知られているのはこの曲のみだそうです。う〜ん、嬉しいんだか、悲しいんだか、よく分からん。
Posted by bwv582 at 2006年11月09日 23:05
bwv582さん、いつもお勤めお疲れさまで〜す。
伴奏したおかげで、私はかろうじて3楽章が浮かびますが、1楽章の出だしが好きなわりに、途中が嫌いだったりします。2、4楽章、思い出せません(笑)。
「アメパト」情報ありがとうございました。知りたかったんです、他力本願で(爆)。
なるほど、ヤンキー・ドゥードルのメロディーも含めて1曲ということなのですね。
小さい子が弾く時は、そらしどっどっどしどれみっみっみれみふぁ♪の曲だけなんで、全然わからなかったのです。
よーし、これからは、この情報をもとに、生徒ちゃんたちにうんちくたれて、えらそうにしよっと。えっへん。
たくさん曲書いても、たった1曲しか残らない・・・ すごいんだか、すごくないんだか、う〜ん・・・
Posted by ドルチェ at 2006年11月10日 08:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26117802
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

SATIE:3 NOCTURNES pour Petit Orchestre
Excerpt: エリック・サティ 1919年度の作品、原曲は2手ピアノ曲。ピアノ・ノクターン第1番〜第3番を室内管弦楽に編曲してみました。
Weblog: ARCHIVES PINK MOZART
Tracked: 2015-06-25 17:58
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。