新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年10月17日

のだめカンタービレ 第1話☆感想文

のだめカンタービレ、とうとう見てしまったわ〜。
思ったより、音大生たち 変態じゃなかったけど、ドタバタコメディおもしろかったです。
クラシック曲かかりまくりで、もう、どの話をしていいか迷っちゃいます。 嬉しい悲鳴ってヤツ?

ドルチェ的に大ヒット!だったのは、
千秋が のだめの部屋を掃除中に、ハエなのかな?虫がブンブンしてる中、リムスキー=コルサコフ作曲 『熊蜂の飛行』 が、かかったこと。
『くまんばちが飛ぶ』 じゃなくて、『ハエが飛ぶ』 ?
   (リムスキー・コルサコフについては、 マキアCM曲 シェラザード で。)

千秋が 声楽科の彼女に ふられたバーで、地獄に突き落とすかのように荒れ狂った、ヴェルディ作曲 レクイエム の 『ディエス・イレ』
あややのCMでは 出だししか聴けないのが、ずいぶん長いことお楽しみいただけたはず。
やはり強烈な曲ですね。 たまに 猛烈に聴きたくなって、結果、ぐったりします(笑)。
   (日清焼そばUFOのCM曲は? 三大レクイエム  で、試聴♪ もできます。)

豊原功補さん演ずる ハリセンのレッスン中に、千秋さまが、怒りをぶつけるかのように弾いてた ベートーヴェン作曲 月光ソナタの第3楽章ピアノソナタ第14番の終楽章)。
うんうん。 イライラしてる時にあれ弾くと、ドツボにはまるってか、ピアノにストレスぶつけるのやめなさい!! って怒られます。 結構すっきりしますが。
あれをストレス解消に使ってる人は多いと思う。わたしだけ?  ・・・だいたひかる みたい。

そうそう、のだめが弾いてるピアノが聞こえてきて、千秋が 「悲愴じゃなくて、悲惨だ」 と嘆いてたのも、同じく ベートーヴェンのピアノソナタ。 第8番 『悲愴』 の 第2楽章
あのメロディーは、歌詞ついて歌われてたり、結構 ポピュラー化していますよね。
なんかのCMでも歌われてた記憶があるけど、忘れちゃった。
これは、ベートーベン本人が、グランドソナタ・パテティーク (悲愴) って名づけていて、学生や 先生たちは、何となく横文字が好きなんすかね? よくわかんないけど、私の周りでは、『悲愴』よりも、『パテティーク』 と呼ぶ人がほとんどでした。
月光ソナタは、『ムーンライトソナタ』 とか、『モントシャイン』 とか言わずに、『月光』 って言う人が多いのに 不思議。
そして、チャイコフスキーの交響曲第6番の時は、横文字ではなく、『悲愴』 と呼び・・・
悲愴ソナタ 第2楽章は 何度も流れてたんで、これからもいっぱい使うのかな?
千秋が好きなベートーベン とのことなので、さらに いろんな曲が登場するのでしょうか?
オープニングテーマ曲も、ベートーヴェンの交響曲第7番 だし。 1楽章だっけ?
あれの2楽章は とても好きです。 ぜひ ドラマでも、じゃんじゃん使ってほしい。

で、のだめの自由奔放で天才な弾きっぷりを、いったいどう表現するんだろう? と思ってたんだけど。
テンポルバートを思いきりかけて (演歌とかの タメみたいなもん)、みょーなスタッカートをつけて 飛んだり跳ねたり、で 表現なさってたようです。
珍しい音の切り方をしたり、息が続かなくなるほど、フレーズを間延びさせてみたり。
カンタービレ = 歌うように よりも、カプリチオーソ = 気まぐれに な要素を 前面に押し出してる感じかしら?
クラシックの演奏だと、○○らしさ、ベートーベンらしさ、みたいなのにこだわる傾向が強いので、あーゆー弾き方は異質なのです。嫌われちゃうことも多い。
古典で、あまりテンポゆすったり、自由奔放にやりすぎると、じゃぁ ロマン派の音楽との違いをどう出すの? ってことで、とがめられちゃうのね。
作曲家独自の世界、時代にあった弾き方みたいなのが奨励されて、ベートーヴェンとショパンが同じような弾き方だったりすると ボロクソに言われるのが普通。 ね、頭かたいでしょ?
そんな世界では、のだめちゃんのような 個性的なピアニストは、浮いちゃうわけです。
千秋や、シュトレーゼマン、ロマンスグレーになってた西村雅彦さん演ずる先生役とか、才能を評価してくれる味方がいっぱいいるのは すごいことだと。
あぁ、でもやっぱり、あーゆーのは、実際に音が出ちゃうとイメージが・・・(笑)

あと、感激したのは、プロコフィエフ作曲 ロメオとジュリエット 『モンタギュー家とキュピレット家』 が、えらい長いこと 流れてたこと。
ソフトバンクの携帯電話のCMで大ブレイク中の!?あの曲です。
小出恵介くん演じる真澄ちゃんが、ティンパニーを ボカスカ乱れ打ち、狭い練習室にブチ切れて 走り去ってゆくシーン。
CMでおなじみの 強烈な部分に続いて、中間部の フルートで シーーーミソシ♪ と 冷たく神妙に美しいとこまで流れだしたので、おおお! このまま最後まで突っ走るのか?と期待してたところ、終了。
千秋が部屋に入る画面に切り替わって 終わっちゃった。 あらま残念。
でも、最後の方で また同じ曲使われたので、今後も期待できるでしょうか?
そうだ、プロコさまをもっと使え!
プロコフィエフさんも、強烈なオレさまキャラ。 俺様千秋より、勝ってると思う・・・
   (アクオス携帯のCM曲は? 予想外だ! で、試聴♪ もできます。) 

打楽器専攻の乙女なアフロくん、一番のお気に入りキャラになりそうです。
私の周りでも 一番ぶっ飛んでたのが 打楽器専攻の子たちで、ほんとにあんな学生がウロウロしてても 違和感はない。。。
ロックな金髪ヴァイオリニストも、いけてるキャラだし、どの人も それぞれ専攻楽器による雰囲気の違いがよく出ていて、おもしろいですねー。
俳優さんたちも、みんなすごく似合ってるよね?

のだめと千秋が一緒に弾いた、モーツァルト作曲 2台のピアノのためのソナタ については、また別に書こうかと思ってます。 実際にアンサンブルの授業で、あーゆーの遊んだりするのだ。
エンディング曲の、ガーシュウィンの 『ラプソディ・イン・ブルー』 も、人気爆発するかもしれないんで、書いときたいし・・・
しばらくは、話題に困らなさそう。  ってか、寝不足になっちゃうよー。


ドルチェの のだめ関連記事
  ・のだめのバッグは、ピアノ鍵盤柄 (のだめオフィシャルバッグ販売情報)
  ・カンタービレとは?
  ・モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ (のだめ曲)
  ・ラフマニノフの自作自演を試聴 (のだめ曲) ピアノ協奏曲第2番
  ・のだめカンタービレ第5話で新登場のBGMたち
その他、カテゴリ:のだめカンタービレにまとめてあります。




posted by ドルチェせんせ at 03:41| Comment(21) | TrackBack(4) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2ちゃんねるに、早速「のだめで使われた曲を全部解説するスレ」っていうのができてました。http://music6.2ch.net/test/read.cgi/classical/1161002946/

かなり参考になります。
間違ってたら突っ込みも入れてあげてください。
Posted by tn at 2006年10月17日 08:07
いつもいろんなものを見つけてきますな。
それにしても、世の中には親切な方々がたくさんいらっしゃいますね。
みんなでクラシック普及大作戦!
tnさんからは、夜の女王や、ケルビーノあたりの突っ込みがくるかと思ってましたが(笑)。
私はドラマ見ながら、「じゃけんモーツァルトCD」のtnさんのネタ、鯉とはどんなものかしら? を思いだしちゃっておかしくて大変だったのです。
Posted by ドルチェ at 2006年10月18日 01:09
野球といえば、昨日のzakzakというページに、中日の落合監督の「オレ流クラシック」が取り上げられていました。http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_10/g2006101709.html

レコード会社のHPはこちら
http://www.kingrecords.co.jp/oreryu/

選曲自体は、まあオーソドックスで奇をてらったものはありませんが、あえて宇野功芳をチョイスするとは、落合さんも通ですな(爆)

Posted by tn at 2006年10月18日 06:56
ご訪問有難う御座いました。
それとご指摘いただき有難う御座いました。
早速張り替えてみました。

ところで、私はクラシックはよくわからないのですが、子供の頃に聞いた「月の光」(だと思います)っていうピアノの曲だけは、どういう訳か忘れません。

いまだに口ずさむことが出来ますし、そのときの感情もよく覚えています。

音楽は、ジャンルに関わらず、不思議な力があるものですね。

それでは。。。
Posted by こいじろう@ドラマ主題歌 at 2006年10月18日 07:51
初めまして。
「のだめカンタービレ」でかかるクラッシック曲、聴いたことがあっても題名までわからない・・・
と、ネットをさまよっていたらこちらにたどりつきました。
宝箱のようなブログですね。
ピアノをやっている娘(今、受験のため休止中ですが)のためにもすごい情報量で、今、わくわくしております。
じっくりと、過去ログを読ませていただきますね。

こちらを発見できて、今日は良い日です。
よろしくお願い致します。
Posted by キャサリン at 2006年10月18日 09:26
こんばんは、ドルチェせんせ。私も少し見れました。
『悲愴』の2楽章は2年前、NHKで放送したアニメ「火の鳥」(手塚治虫原作)のテーマとして、チェン・ミン(二胡)/諫山 実生(いさやま みお)(Vo)/チェコ・フィルのすばらしい演奏があります。中でもこの「ニ胡」は美しい。私は今まで、単独の楽器の音色としてはヴィオラ・ダ・ガンバが一番好きだったのですが...逆転負け。
Posted by bwv582 at 2006年10月18日 22:40
ドルチェさん、こんばんは。のだめ、見ましたよー。
期待通り、個性的な音大生たちの登場に、早くもワクワクしてます。やっぱアフロくんですよね!もうあのキャラに釘付け。それとコワイもの見たさで、声楽のお姉さんの歌い姿もなかなか(笑)実際あーいう方はいそうですもん。
モーツァルトの「2台のピアノ・・・」の詳しい話も、ぜひぜひ知りたいです。弾いてみたい衝動にもかられてしまい。テレビ見ながら「この曲なんだっけ?」って思ってたものも、こちらで解説していただいてスッキリです。来週からもお願いしまーす♪
Posted by Haruka at 2006年10月19日 00:32
tnさん
「オレ流クラシック」といえば、前にsumito96さんから情報もらったCDだ。
すごいタイトルだったので忘れられなくなってしまい。
リラクゼーションクラシックみたいなのを好むスポーツ選手が多い中、なかなか熱い選曲ですよね。
ほんとだ、藤原組長の曲が・・・
私としては、ペーター・レーゼルが「ロ」になっちゃてるのが、気になって。
ウムラウト、落ちちゃってたんでしょうか。
Posted by ドルチェ at 2006年10月20日 02:08
こいじろうさん
こちらこそ、トラバ&コメントありがとうございました。
1楽章だの2楽章だの、混乱させちゃったかな?と心配してたので、良かったです。
芸がない、わかりづらい題名多いですもんね、クラシックって。
「のだめ交響曲」とか呼ばれるようになれば、もっと人気でるかしら?(笑)
「月の光」は、養命酒のCMにも使われてましたし、ファンが多いメロディーみたいです。
ほんと、子供の時に、おぉ!と思った曲って忘れないですよね。
またクラシック曲がドラマの主題歌になった時には、こいじろうさんのところでも普及活動よろしくお願いしまーす。
Posted by ドルチェ at 2006年10月20日 02:12
キャサリンさん
やる気アップな嬉しいお言葉、感激です! ありがとうございます。
うちの指導方針は、「ホメ殺し」なんですが、効果絶大だなぁと、身を持って体験してしまいました(笑)。
親御さんが思わず眉ひそめそうなアホネタもありますが、愛ゆえに、ですのでお許しを〜。
吟味して、いいとこどりで活用してくださいね。
曲も、作曲家さんも、もっと親しみやすい存在として好きになってもらえたら嬉しいなと、いつも思っています。
受験で休学中の子から合格の連絡が入ると、本当に嬉しいものです。
またピアノの時間がとれるようになる日を楽しみに、親子で頑張ってくださいね。
Posted by ドルチェ at 2006年10月20日 02:20
bwv582さん
見ましたぁ? 笑いましたぁ?
なんと、あれは手塚アニメのテーマソングにまで、なっちゃってたのですか!
ニ胡の音色って、不思議な感覚で心にグッときますよね。
メロディーを歌っていくのに、弦の麗しさには、ほんと嫉妬を感じます(笑)。
実にうらやましい。すすり泣いたりできるのが特に。
ガンバなど古楽器は、音色だけでなく楽器そのものも芸術品みたいで優美ですね。
ちょっとだけ弾かせてもらったことあるんですが、才能のかけらすらなく・・・ ため息。
Posted by ドルチェ at 2006年10月20日 02:25
Harukaさん
のだめドラマ開始にあわせて、珍しく頑張って投稿し続けてたので、さすがに力尽きて、昨夜は、ネットもつながず爆睡しちゃいました。
出没時間帯の遅い私だと速報にならないし、うちでは、変態音大生の生態について上手くからめて書ける曲を!と、ドラマに期待してるんですが、どうなりますことやら。
のんびりと、暑苦しく発信できればと思います。
やっぱ、アフロの真澄ちゃん、いいですよね!
声楽のおねえさんの、夜の女王のアリアは、あの表情だけで十分復讐できるよって思えるくらい、コワかった・・・  声楽家の迫力満点。
同じモーツァルトの2台ピアノも、ぜひ弾いてみてくださーい。
録音すれば、一人遊びもできます。 一人のだめごっことか。 ・・・コワい。
Posted by ドルチェ at 2006年10月20日 02:42
こんばんは、ドルチェせんせ。微笑ましい、という感想です。
「ギョーカイ」ドラマ面白いですね。たとえ役者さんが素人であっても上手に作れば人気は出ます(NHKでやってる「ER緊急救命室」が良い例)。「『音大生』ってったって24時間そればっかりやってるワケじゃないのよ。だけどやるときゃあやるのよ。」というメッセージを期待します。
ガンバに触ってみたことがおありなんですか。いいですね。私は大バッハの受難曲のそこばっかり聴いて...ため息。
Posted by bwv582 at 2006年10月20日 22:19
上記で紹介した2ちゃんねるのスレッドをもとに、「ドラマのだめカンタービレ使用楽曲」というまとめサイトができたようです。http://www.geocities.jp/nodame_drama_music/
Posted by tn at 2006年10月21日 11:49
ドルチェさんこんばんは〜「のだめ」見ました♪

マニアックな曲も容赦なく使われていたので、なんだか嬉しかったです(笑)

オープニングから聴いたことない曲(ヴィエラ先生との回想シーンで流れてたやつです)が流れ出したんで 軽くショックだったんですが、↑のtnさんが紹介されていたサイトに その曲の名前が載ってました! ドルチェさんのブログに来ると、なんでもわかっちゃいますね〜

アフロの真澄ちゃん(私と同郷です…)…良い味出してましたね! 原作キャラのイメージに 一番ピッタリ合っていたかなと思います〜結構イケメンの方が演じていたように見えましたが。。
Posted by sumito96 at 2006年10月21日 20:15
bwv582さん
ほんと、ギョーカイものっておもしろいですよね。 のぞき趣味を満足させてくれるような。
医者ものとか特に好きで、ERも一時はまって見てました。
関係者が見ると意義あり!な部分もあるんでしょうけど、素人目で見るとへぇへぇの連続で。

親切な先生とかがいて、古楽器も触るチャンスを与えてくれたりします。体感する音楽史ですね。
ちょっとだけでしたが、違う業界をのぞかせてもらった気分で、おもしろかったです。
Posted by ドルチェ at 2006年10月22日 09:38
tnさん
これは、見やすくて、わかりやすくて、ありがたいサイトですね!
2ちゃんだと情報が多すぎて、読む時間作るのきついですから、このまとめ情報に喜ぶ人、いっぱいいそうです。 お気に入りにいれておこうと思います。
いいもの探してきてくれて、いつもありがとうです、tnさん。
それから、まとめサイト作ってくださった方も、ありがとうございます。
2ちゃんに元情報を書き込んでくださってる方々もありがとうございまーす。
たくさんの親切な方々のおかげで、こうしてクラシック曲が世の中に浸透していくのね!
あぁ、感動的だわっ♪
Posted by ドルチェ at 2006年10月22日 09:46
sumito96さん
私なんて、ドヴォルザーク全滅ですよー(笑)。 すでに、記憶にも残ってない始末・・・
ドボコンと、新世界くらいしか家にない寒〜い状況でして、今後もチェコもの、ほぼ全滅な予定(爆)。
sumito96さんとこでの、マニアック、チェコ4Tシャツの話思い出しちゃった。
ほんとに、tnさんのすごい情報通ぶりには、いつも驚愕なのですが、その他にも、コメントを通じて、みなさんがおいしい情報を書き込んでくれたり、おいしいサイトを教えてくれたり、有能な特派員さんが出入りしてるサロンの女主人になった気分で、誇りに思います。感謝しています。
マリー・ダグー夫人か?、ジョルジュ・サンドか? (リストも、ショパンも彼氏にはしたくないな)

わぁ、真澄ちゃんと同郷なんですか! すっかりアフロファンです。
私たちクラシック系ブログも、のだめ効果で、ようやく日の目を見ますね。
私としては、プロコフィエフ大ブレイク?とウホウホしてますが、おかげさまで例のCM曲の検索も、のだめ放映後、うなぎのぼりです。テレビの力ってすごい。
Posted by ドルチェ at 2006年10月22日 10:14
講談社の「moura」というサイトに「のだめ王国」という特設ページができてます。

http://moura.jp/clickjapan/nodame/

とくに「クラシック豆知識」ってページがとっても濃いです。

Posted by tn at 2006年10月23日 13:19
今日の朝日の夕刊に、近く来日公演が予定されているビリー・ジョエルのインタビューが載っています。http://www.asahi.com/culture/music/TKY200610230203.html

このなかで「影響を受けた音楽家はベートーベンとビートルズ。」っておっしゃってるけれど、それで、『悲愴』の第二楽章を拝借して曲を作ってしまったわけですね(笑)。曲名は"This Night"。

ちなみに、レイ・チャールズの代表曲が"Georgia on My Mind"で、ビリーの曲が"New York State of Mind"ですけど、どちらもとびっきりの名曲です。

さ、しばらくしたら「のだめ」二回目ですね。
Posted by tn at 2006年10月23日 20:55
のだめ関連サイト、じゃんじゃんできてるのですね。
とてもじゃないけど、こんなにいろんなサイト見て回れないです(笑)。
一日200時間くらいほしくなってきた。
嬉しい悲鳴ですね。 クラシックがこんなに話題になるなんて。

Posted by ドルチェ at 2006年10月25日 07:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「のだめカンタービレ」の主題歌
Excerpt: のだめカンタービレの主題曲
Weblog: ドラマ主題歌、挿入歌
Tracked: 2006-10-17 12:55

のだめカンタービレ 第一話
Excerpt: 変な関西弁、キター! 豊原さんは東京出身ってことで無理がある。
Weblog: 特に個性の無いブログ
Tracked: 2006-10-18 22:10

のだめカンタービレ
Excerpt: 最近ドラマ化されて話題沸騰の「のだめカンタービレ」!!私も非常に気になってます。原作の方から勉強すると、ドラマのほうもかなり楽しめますよ??♪
Weblog: 声優大辞典
Tracked: 2006-10-28 11:19

のだめカンタービレ 1話
Excerpt: 「のだめカンタービレ」。 原作の方は読んだことがないので、 その内読んでみたいと思います。 ...
Weblog: エンタメ亭
Tracked: 2006-11-03 07:45
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。