新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年09月09日

中外製薬とハウスメイトのCM曲もバッハ

小西真奈美さん出演のハウスメイトのCM曲、オンコロジーがどうのこうの 中外製薬のCM曲として お茶の間に流れてる バッハ作曲 「主よ人の望みの喜びよ」
もとは、バッハのカンタータの中のコラール (賛美歌) です。
携帯電話に着メロとして内蔵されてたり、スーパーマーケットでBGMとして 何気に流れてたり、曲名でピンとこない人でも、たぶん 聞いたことあるぅ! な曲ではないでしょうか?
まさに身近なクラシック!!
クラシック入門におすすめオムニバスアルバムなんかでも、この曲名 よく見かけます。

ハウスメイトのCMはこちらから → http://www.housemate.co.jp/new/tvcm_06/index_cm.html
  CM曲でのアーティスト情報や、バッハの原曲についての解説まで載ってて、ちょっと嬉しい。
  小西真奈美さんのプロフィールもあり。ファンの人にはヨダレかも♪
中外製薬の企業CM → http://www.chugai-pharm.co.jp/html/press/2005/051028jCM.html

カンタータ第147番 <心と口と行いと生活で> BWV147  1723年作曲 同年7月2日初演
の第6曲目と第10曲目 (第1部の最後と、第2部の最後) の合唱コラール
ヨハン・セバスチャン・バッハ (1685.3.21 アイゼナハ − 1750.7.28 ライプツィヒ) ドイツ
このカンタータの題名については いろいろな訳し方があるので、原題も書いておきましょ。
<Herz und Mund und Tat und Leben>

カンタータとは、物語風の歌詞による多楽章からなる声楽曲のことです。
編成はいろいろですが オーケストラの伴奏で、独唱、合唱、重唱など いろいろ出てきます。
めんどくさいから、『いろいろ』 で片付けちゃえ(笑)。
聖書や賛美歌から歌詞が引用され、教会の礼拝などで歌われるものを 教会カンタータ
教会以外の行事やお祝い事などで歌われるものを 世俗カンタータ、または 室内カンタータ と呼びます。
今回のお題曲は、教会カンタータ。 聖母マリア御訪問の祝日のために作られました。
もとは1716年に ワイマールで、 待降節第4日曜日の礼拝用に作曲しかけていたものですが、後に移ったライプチヒでは この祝日にカンタータを演奏する習慣がなかったため、これを改作。
やっぱ 上手に使いまわさないと、もったいないですもんね〜。

バッハは カンタータを300曲以上書いたと推定されていまして、現存するものは 200なんぼ。
後に偽作認定されたものなんかもありますが、まぁ、たくさん作りましたね。
この曲が作られた年の5月から亡くなるまでの27年間、バッハは ライプツィヒの聖トーマス教会の合唱長 (トーマスカントール) を務めます。
ライプチヒ市内の主要4教会で演奏する 教会音楽を提供するために、トーマス教会付属学校の寄宿生たちを教育する激務、ライプチヒの音楽を取り仕切る 大変な名誉職。
大バッハを抜擢するとは さすがお目が高いっ!! と言いたいところですが、ライプツィヒ市としては、テレマンに断られ仕方なく ってな感じだったようでして・・・
   「最良の人物が無理なら、中庸で我慢するしかない」 ときたもんだ!!!
当時の、バッハへの評価が垣間見えるお言葉です。
あ、ちゃんと就職試験を受けた上で、就任しているのですよー。
毎週、礼拝のためのカンタータ上演が義務付けられてたのもあって、就任後 数年間は、このほとんどすべてを自作で飾ろうと、じゃんじゃんばりばり作曲。
このライプツィヒ時代に、現存するカンタータだけでも 160曲以上作曲したのだとか。
あと、バッハさま専用作品番号 BWVは、カンタータのジャンルから開始しますので、BWVの1から216 (224?) まではカンタータの番号と一致することも 覚えておくと便利。
(BWVの区分だと、225からモテットのジャンルになり、224までをカンタータとしているものと、カンタータは216番まで載せられている本がありまして、調査できたら訂正します)
BWVについて詳しくは、 BWVとは? バッハさま専用 をお読み下さい。

「主よ、人の望みの喜びよ」 は、
んソラ シレド ドミレ レソファ♯・・・ と流れるような楽器での 出だし部分に続き、
シード レーレ ドーシ ララ・・・ とゆったり コラール(賛美歌)が歌われます。
この歌詞は、マルティン・ヤーンさんの 「イエスよ、我が魂の喜びよ」 からとられたもの。
コラールのメロディーは、ヨハン・ショップさんが1642年に書いた 「目覚めよ我が心」 がもとになっています。
ショップさんのメロディーは4分の4拍子ですが、4分の3拍子 (8分の9拍子) に変換。 4声部の合唱に。
コラールと3連符の絡み合いも美しくて、人気が出るの わかるような気がします。

小さなドルチェちゃんも、買ってもらったばかりのオムニバスアルバムに入ってたのを聴いて、お気に召したのでしょう。
まだろくに楽譜も読めないくせに、全音ピアノピースの楽譜を買ってもらって、ヨダレをたらしながら眺めておりました。 まさしく見てるだけ(笑)。
ロンドン生まれの女流ピアニスト マイラ・ヘス (1890−1965) のピアノ編曲版です。

他にも、ピアニストの ヴィルヘルム・ケンプの編曲版とかありますが、ぶっちぎりで有名なのは、このヘス版だと思います。
全音ピアノピースでの難易度はE上級。 昔の区分だと、C中級上でした。
音を並べるのはそう難しくありませんが、声部を弾き分けていく技術が大変とみなして、こういう区分になったのかもしれませんね。
でも、難易度に振り回されず、どんどん挑戦してみてほしーなー。
それなりに弾ける音だけ拾っていくだけでも、結構幸せなものでして。
だんだん弾けるところが増えていったり、1オクターブが届くようになったとか、いちいち喜んでたドルチェちゃん。 私にだって、そんなかわいらしい時代があったのさ(爆)。
  全音ピアノピース278 主よ、人の望みの喜びよ/バッハ=ヘス 楽譜

独学者にはこんなのも人気あるそうで、生徒さんからのたれこみ情報。
これで、少しずつ学習していけるんだそうです。 私好みじゃないな(笑)。
  ピアノピース2週間マスター 7 主よ、人の望みの喜びよ バッハ 楽譜

ピースで1曲買いもできますが、割高なので、全音ピアノピースから人気曲を集めた曲集 がおすすめ。 ついでに、いろんな曲弾いて遊べます。 遊べば遊ぶほど、譜読みは早く ラクになります。
  全音ピアノピースによるピアノ名曲50選2 主よ、人の望みの喜びよ
目次 すべての項目を見る をクリックすると収録曲名が見られます。

マイラ・ヘスが編曲した、ピアノ独奏、連弾、2台ピアノ用の楽譜が 一緒に収まった曲集 も出ています。
曲についての解説や、編曲者がこの曲に出会って編曲演奏していく経緯などの お話部分も充実してまして、読んでみると楽しいです。
  バッハ 主よ人の望みの喜びよ 全音楽譜出版のピアノ譜
ここまでは、マイラ・ヘス編曲によるピアノ譜。

もっと簡単な編曲だと、ブライダルやラウンジ演奏用の楽譜などにも 結構入ってますので、そちらを物色してみるとよろしいかと。
簡単アレンジシリーズだと、例えば こんなのがあります。
  やさしく弾ける ピアノソロ CMの中にはクラシックがいっぱい
kmpのやさしく弾けるシリーズ、バイエル後半から簡単なソナチネ程度のアレンジになってる曲集で、コードネームも入ってるので ポピュラーよりの方にも親しみやすい楽譜です。 曲によっては、簡単な調に移調してあります。
今回のバッハは、バイエル程度のアレンジ、原曲通りのト長調です。
やっぱ、知ってる曲が弾けるようになる威力は大きいので、こーゆーのも併用曲集として お役立ちアイテム。

そうそう、マイラ・ヘス本人が弾いた 「主よ人の望みの喜びよ」 が入ったサンプラーCDを 思いがけずゲットしちゃいました。
短めの曲ばかりですが、各自1曲ずつ ピアニスト総勢68名の演奏が入ってまして、鼻血もの。
ヘスの演奏は、さすが 元祖編曲者!って感じで、内声部で息の長い旋律が歌われていくようなところの 暖かな気品あふれる美しさは、それまで聴いた 他の人の演奏とは比べ物にならない素晴らしいもので、びっくりしました。
彼女の演奏、この1曲しか聴いていないので、詳しくは知らないんですけれどもね。
ブックオフに行くと、思わぬ拾いもんをすることがあります。しかも激安で。
先日は、すっごくほしかった ピアニストガイド を、なんと500円でゲットしました!
何故、こんな新しい本が出回ってたか謎ですが、ラッキーです。
あわや 絶叫!して 恥ずかしい女になるところでした(笑)。
お近くにブックオフがない人は、ネットで探そう。 日本最大級のオンライン中古書店 eBOOK-OFF


主よ人の望みの喜びよ の おすすめCD 楽譜

   

左から:
*カンタータとして聴く。
*天使の歌声で聴く。 クマがかわいかったので、つい・・・
*マイラ・ヘス演奏によるピアノ版。
*オムニバスアルバムで、ついでにクラシック通を目指せ! オケ版。


主よ人の望みの喜びよ を ダウンロード&試聴♪
  ・染谷俊『コラール「主よ、人の望みの喜びよ」BMV.147』 ピアノ版
  ・オーケストラ演奏で 「主よ人の望みの喜びよ」


参考文献:
音楽用語 楽器名由来事典   名曲解説ライブラリー J.S.バッハ   街物語 ドイツ ワールドガイド

---------------------------------------------------------------------


posted by ドルチェせんせ at 01:39| Comment(6) | TrackBack(1) | あの曲は何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「主よ人の望みの喜びよ」は、やっぱり結婚式で聞くことが多くて、私の中ではお祝い曲No.1です。教会で映えるんですよねー。聴いていて気持ちのいい、好きな曲の一つです。
バッハの曲は好きだけど、弾くのはすごく苦手でした。。。いくら練習しても納得いかないというか、なぜかすごく難しくて。その苦しみも同時に思い出してしまう。バッハは私にとってそんな存在だったりします。
ところで今さらながら、クラシック曲っていろんな編曲で楽譜が出てるんですね。独学用に簡単にしたものとか。私の習ってたピアノの先生は昔ながらの先生(お年も・・)で、基本的に全音の楽譜を使っていて、簡単な編曲なんてものを知らなかったし、誰の編曲かって気にしたこともなかったです。
そういうのを弾き比べてみるっていう楽しみ方もアリですね。いつかやってみたい。
小さなドルチェちゃんは、小さいときからクラシック大好きだったんですか?それってすごい!!
でも新しい楽譜を買ってもらって嬉しい気持ちはよくわかるなぁ。
あと最初は全く弾けなかった曲が、少しずつ弾けるようになっていくワクワク感も。
自分がすごい人になったみたいな気がして、ホントに楽しかったな。
「ピアニストガイド」に注目してしまいました。すご〜く読んでみたい。
500円!私もブックオフに通ってみよーっと。
Posted by Haruka at 2006年09月10日 00:57
昔のピアノの学習は遊びの部分がなくて辛かったですよね、自分でもよく挫折しなかったと思いますもん。最近の子供たちがうらやましいです。
ちびドルチェは、オルガンをブカブカふかして歌う幼稚園の先生が魔術師のように見えて、自分も真似したかっただけなので、たぶんジャンルは何でも良かったのだと。
ピアノを習った=クラシックピアノオムニバスアルバム!のベタな発想しか、うちの親に浮かばなかっただけなんですけどもね(笑)。
そこに入ってたファリャの「火祭りの踊り」に最高にしびれる一方、バッハのこの曲に心洗われる極端なガキでした。昔から、野蛮なとこがあったようでして。
楽譜をゲットして攻略していくあの幸せな気持ち、たまりませんよね〜。
できなくてヒステリーおこして、イスに小さな歯型とか残ってますけど(爆)。
ピアニストガイドは、自分も弾く人ほど楽しめる本だと思うので、ぜひのぞいてみて。
私、普通の鑑賞ガイドみたいなのは全く興味ないんですが、どの師匠の系列だとか、使用楽器のこととか、ピアニストとしてみた作曲家のこととか、観点がピアノ弾き好みで、立ち読みしたら我が物にしたくなる可能性大です!
3000円で購入するか迷ってたところの500円セールでの出会い。マジ感激しましたぁ。
Posted by ドルチェ at 2006年09月11日 01:56
ドルチェせんせ、お楽しみのところ申しわけないですが、青柳さんの文章読んでくださいました?できたら感想をお聴きしたいです。それとも、やっぱりコメントしにくいですか?(笑)
Posted by tn at 2006年09月11日 17:42
いづみこさんの文章っていかす!って何で思ったのかと考えたら、どうもムジカノーヴァで読んだりしたことがあったみたいです。
で、感想? 私ごとき若輩者が、感想述べるなぞおこがましくて恐縮ですが(汗)。
限りある貴重な時間、好みに合わない人の少しでも良い面を探そうとするより、好きなものを広げていくことに使いたいという思いは変わらず。わざわざフジコさん再評価の試みはしないだろうなぁ。
私は責任ある批評を求められる立場じゃないので、好きなものだけ聞けて気楽なもんです(笑)。
病気で辛いでしょうが、自分が出してる音を責任もって聞けない状況は、演奏家にとって致命的だなと感じたことがありまして。でも、私が聴いたのが、たまたま耐え難い音色だっただけなので、他人の好みに振り回されず、みなさん自分で気に入ったものを素直に聴いていけばよろしいかと。
他人の意見で、みょーな先入観持っちゃうことってありますから、よくわからない私が不用意な発言するのも気をつけなきゃいけないのかもしれないですね。う〜む。
人それぞれと思うものの、私だって、やはり自分のお気に入りをボロクソ批判されたら良い気持ちはしないですから、好きなものは、声を大にして好き!とアピール、嫌いな時は触れないスタイルでいこうかと思います。
Posted by ドルチェ at 2006年09月12日 01:54
ありがとうございます。実はワタシはフジ子さんをよく知らないので(笑)、それで青柳さんの文章を「へえ、へえ」言いながら読んでました。
で、フジ子さんて、いったい何が素晴らしいの?
障害もちだってことですか。

それなら、例えばキーボーディストでいえば、オルガンのヘルムート・ヴァルヒャは盲目でしたし、ピアニストのリパッティ、クララ・ハスキルも重病もちでした。しかし、彼らが亡くなったいまでも高い評価を保っているのは、ひとえに彼らの演奏の力であり、障害をもっていたためではありません。彼らは「障害を売り」にする必要がないのです。それを考えると、「フジ子ブーム」には違和感を禁じ得ません。
Posted by tn at 2006年09月12日 03:25
おっと、辛口ですね(笑)。
自分が弾く人ほどあの演奏を評価しない傾向が強いようで、私の周りにも好みだという人がいなくて、何がそんなに人を惹きつけるのか、よくわからないでいます。
まぁ、クラシック鑑賞入門窓口としてそこから世界が広がるのなら、それはそれでいいんじゃないかと思いますが、世界が広がってくれないと困るな(笑)。
名前が出てきたら無性に聴きたくなっってきちゃって、朝っぱらから、リパッティのシューマン&モーツァんのPコンがかかっています。
あぁ、素晴らしい。
壮絶な闘病をしながらの演奏だったとかよぎって心を曇らせるのはもったいないというか、考える余地もないというか。 やっぱ自分が気に入ったものを聴いてれば、幸せです〜。
Posted by ドルチェ at 2006年09月13日 07:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

芸能人は声が命♪
Excerpt: 芸能人が表舞台とは違った場、声優として活躍する芸能人、アイドルなんかも増えました。逆に、なんで今までテレビ出てなかったの〜?!ってくらいカワイイ現役声優さんも。声に関る芸能人の情報ですにゃ^・w・^
Weblog: 芸能人は声が命♪
Tracked: 2006-09-13 12:09
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。