新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年06月21日

ブラジル戦を前に、ふぬけ状態

クロアチア戦 引き分けのせいで、さらに ほえーっと腑抜け状態になっています。
それに追い討ちをかけるかのように、宮本恒靖選手が、次の試合 ブラジル戦は 出場停止になってしまいました・・・
イエローカードを集めちゃった ごほうび。 がびーん。
2枚ためて、おもちゃの缶詰がもらえるとかなら 良かったんですけどもねぇ。
我が「ピアノぶらぼー!」 では、宮本選手を クラシック親善大使に任命し、一押し選手に決定
ドルチェも、にわか ツネ様ファンとして、やる気満々だったのですが。
とても残念です。
大使のおすすめ曲については → 宮本恒靖選手セレクト クラシックCD

宮本選手のかわりに、ブラジル戦のキャプテンは 中沢選手だそうです。
髪型のせいか、私は、中沢選手が アンジョンファン (安貞桓) に見えてしまう ことがあって(笑)、「アンちゃん」と 勝手に呼んでいます。

韓国の アン・ジョンファンといえば、イケメン選手の呼び声も高く、私の友達が狂っていましたが。
イケメンといえば、こんなのを発見。
  ドイツで聞きました  日本代表 私のお気に入り 世界の美女が選んだ、イケメン侍
やはり 知名度にも左右されるでしょうが、写真 パッと見だけで決めた人も いるようで。
どうでした? ごひいき選手の ドイツでの人気ぶりは?

日本の 決勝リーグ進出への条件が、ごちゃごちゃと言われてますが、
悲観して、早々にドイツから引き揚げてしまったサポーターの方々なんかも 取材されていて。
とにかく、ぶっちぎりで ブラジルに勝つしかないんでしょ! と思ったら、さらにイヤな条件があった。
オーストラリアの結果次第 っての。
自力だけでどうにかできないのって 何ちゅーか、複雑ですね。
また、あのカンガルー人形の とぼけた顔が 目の前をちらつく。 むむむ。
日本代表チームには、少しでも長く ボン (ベートーヴェンの生誕地) に留まってほしいのですが・・・
さっさと書かなかったばかりに、うちでも お蔵入りになる記事が 出てきそうです。
もう、こうなったら、シュートを打って打って 打ちまくれー!!!!!
あぁ、ゴールに突き刺さるような すごいのが見たいわ。
ジーコ監督は、どんな秘策を 隠し持ってるのでしょう。 (ほんとに あるのか? 秘策)
ブラジル戦は 22日の深夜というか、23日の早朝4時から

日本の次に応援してる ドイツチームは、3戦全勝、1位で決勝リーグ進出です。
勝ち点9 得失点差+6   マジ、うらやましい。
その点数、日本に分けてくださ〜い(爆)。

-------------------------------------------------------------------------

ドルチェのサッカー関連投稿記事:
  ・サッカーには、やっぱ 凱旋行進曲
  ・スズキ スイフト、ラミシールのCM曲は?
  ・まさかの逆転負けに放心状態・・・ (オーストラリア戦)
  ・宮本恒靖選手セレクト クラシックCD


posted by ドルチェせんせ at 21:02| Comment(7) | TrackBack(0) | ドルチェ♪のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドイツといえば、国歌がJ.ハイドンですよね。弦楽四重奏曲「皇帝」にも出てきます。
Posted by tn at 2006年06月21日 22:22
ですねー。うちのパパなのにぃ、と思ってるオーストリア人もいるのかな。
飲んべの弟M氏と間違えないようにの(ありえない? 笑)心配りがにくいです!
超早起きして、というかほとんど寝ずにブラジル戦見てたのですが、疲れがどっと出てきた・・・
Posted by ドルチェ at 2006年06月23日 06:44
ちなみに今のオーストリア国歌は、表向きはモーツァルト作ということになっていますが実際は偽作らしいです。

ブラジル戦、玉田くんのゴールで先制したとき(ちょうどクロアチアも勝っていたので)

「もしかして…」

と妄想抱いちゃったのは私だけではないはずだ!

前半ロスタイムに

「ああ、やっぱりな」

と思ったのは言うまでもない。私はそこで完全に諦めて再び眠りにつきました。
Posted by tn at 2006年06月23日 16:00
へぇ、偽作かもしれないんだー。
オーストリア国歌については、モーツァルト作って噂しか聞いたことなかったので、ちと調べてみました。 気になりだすと止まらない性分で(笑)。
K623とあったので、モーツアルト作品表のコピーを引っ張り出して原曲探し。
K623は、フリーメイスン小カンタータ「われらが喜びを高らかに告げよ」って、すいません、知らないしー。 全然わかりましぇん。知りたい・・・
ついでに、現ドイツ国歌を、いまだにオーストリア国歌と解説しちゃってる困った楽譜を所有してたりします。ハイドン弦四のCメロ譜ですが。

すごい重圧の中で、ちゃんと期待に応えた玉田選手はあっぱれですね。 気持ちのいいシュートが決まりました。 ちょっと満足。
これで、ボンともお別れかと思うと残念でなりませんが(いろんな意味で、笑)、王者ブラジル相手に妄想を抱かせてくれた日本選手団、よく考えてみれば すごいことです。
日本のサッカーじゃね・・・などと はなから思う人、いまやいないでしょうから。
試合終了後の中田ヒデの姿、泣けましたよー。
すごい虚脱感です。オーストリア戦落とした時に、ダメだぁと思ったわりに、諦めが悪かったようで。
関係ないけど、追い討ちをかけるように、北天佑死去のニュースが。どんよりした一日。
Posted by ドルチェ at 2006年06月24日 02:32
お調べいただいてありがとうございます。
しかし、私の手元の資料とは微妙に違います。

K6.623a(ケッヘル第六版623a)の「堅く手を握りしめて」"Lasst uns mit geschlungenen Handen"が原曲だそうです。
ちなみに入手は可能です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005HW2Y/

それと、
>オーストリア戦
は「オーストラリア」の間違いだと思います。ちなみにオーストリアは欧州予選で敗退してるので今回のドイツ大会には出場していません。
Posted by tn at 2006年06月24日 11:33
上記のCD(623a含む)は、iTunesMusicStoreにあるようです。CDの最終曲、30秒試聴してみましたが、オーストリア国歌の原曲に間違いありません。もし興味がある方は買ってダウンロードしてみてはどうでしょうか。
Posted by tn at 2006年06月25日 10:49
tnさん、
いろいろ教えていただいて、ありがとうございます。
知りたい光線!に応えていただけて、ほんと嬉しいです。
実は、tnさんなら教えてくれるかもと密かに期待を・・・(笑) たよってばかりで すみませーん。
検索してもめぼしい情報がひっかからず、仕方なくウィキペディアに頼ったのですが、やっぱりあれは、あてにできない面がありますねぇ。
それにしても、せっかくオーストリアが誇るモーツアルト曲にしたのに、偽作なんて、何だかかわいそうな気がします。

ん? あわわ!ほんとだ。 コメント欄、ラ抜けでオーストリアになっちゃってますね。ひえ〜。
みなさん、えー、コメント欄に「オーストリア戦」とあるのは、書き間違い、グループリーグ日本の初戦 対オーストラリア のことです。  混乱させてすみませーん。
ドイツ勝ちました。8強入り。 うれちい。
Posted by ドルチェ at 2006年06月25日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。