新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年06月13日

まさかの逆転負けに放心状態・・・

なんだかんだ 昨夜は、お茶の間サッカー観戦に どっぷり浸ってしまいました。
前半で先制点をあげ、悪くてもこのまま逃げ切り、いや、次は 目の覚めるようなゴールを決めてくれる! この勝負もらったぜい!! などと、勝手に盛り上がり。
勝利の前祝いとして、終盤は、大好きなアイスクリームを 振り回しながら応援です。
なのに、なのに、あんな短時間に 3点も入れられるなんてー!!!!!!
ロスタイムにまで 点とられるなんてー!!!!!!!
川口、それまで よく止めてたのになぁ・・・

それまで、「アイーダの凱旋行進曲」 だの、エルガーの 「威風堂々」(ノリさん クックドゥーのCM曲)だの、勝利のイメージの曲が、頭の中で おーおー!鳴り響いていたのが、
一転、バッハ作曲 「トッカータとフーガ ニ短調」 に切り替わりました。
♪らそらー そふぁみれ ど♯ れー  らそらー み ふぁ ど♯ れー  (鼻から牛乳♪)

曲がピンとこない人、こちらで試聴 & ダウンロードできます。
William Picher『Toccata in D minor (Bach)』 これが有名な部分。
この後、速い部分が続きます。こんな感じ。Vanessa-Mae『Bach: Toccata And Fugue In D Minor』

新聞によると、平均視聴率が49%と、今年最高の数字だったそうで、瞬間最高視聴率は61.2%。
私の周りは、4年前のワールドカップに比べると 静かな感じなのですが、世の中 そうでもないのね。
オリンピックだの ワールドカップだの 大きな国際試合の時だけ、にわかスポーツファンになる私。
いつも、自分の 意外な愛国心に驚きます(笑)。
今回の逆転劇、熱狂的なファンの方々のお気持ちは いかばかりか・・・・

オーストラリアのサポーターが持っていた カンガルーのビニール人形が、ボクシングみたいに グローブして ファイティングポーズをとっているのが、みょーに気に障り・・・
「何さ、あんた ケンカ売ってるの!!」 って感じで、カンガルー人形ごときに 心かき乱される自分が、あまりにも あほらしくて、どつぼにはまる・・・
ショパンの 「葬送行進曲」 が、どよ〜んと、頭の中に広がっていきます。
♪らー らーら らー どーし しーら らーら らー (ほんとは、し♭から開始)
正式にいうと、「ショパン:ピアノソナタ 第2番 ロ短調 Op.35 の 第3楽章」
試聴はこちらから → ショパン 葬送行進曲 8が該当曲

おすすめCD
ショパン:作品集
ショパン:作品集 1500円で、この曲揃え
  マルタ・アルゲリッチ / アシュケナージ
曲名リスト
1. アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調op.22
2. スケルツォ第2番変ロ短調op.31
3. ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送行進曲付き」
4. ピアノ協奏曲第2番ヘ短調op.21

1. 24の前奏曲op.28
2. 前奏曲(26番)変イ長調(遺作)
3. 前奏曲(第25番)嬰ハ短調op.45
4. ピアノ協奏曲第1番ホ短調op.11  Amazonで詳しく見る

というわけで、昨日は、さっさと ふて寝。 いまだ、どんよりした気分がぬけません。
18日のクロアチア戦までに、我が心のテーマ曲を 勝利の曲に 戻しておかなければ!
その前に、ドイツ × ポーランド戦 も 応援しなければ。
ブラームス VS ショパン の戦い。
顔では、ぶっちぎり ブラームスの勝ち。 ただし、若い頃の話だけれども。

おかげで、裏番組の 教育TV 「イタリア語会話」 のことを すっかり忘れてしまったぁ。
「ボローニャ歌劇場探検」 などという、魅力的なお題が ついていたというのに。
イタリアは オペラの本場ですからね〜。
本場のオペラ劇場、探検したかったなぁ。 再放送、見忘れないようにしなくっちゃ。
えー、オーオー「凱旋行進曲」でおなじみ、「アイーダ」は、イタリアオペラです。

アイーダについて、詳しくは、スズキ スイフト、ラミシールのCM曲は? を読んでね。

勝利の気分の曲を探すなら、こちらをよろしく。 サッカーには、やっぱ 凱旋行進曲


posted by ドルチェせんせ at 23:25| Comment(6) | TrackBack(1) | ドルチェ♪のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もしっかり見てましたよ。同じく、にわかサッカーファンですから。
最後は鼻から牛乳♪流れまくりですよー。昨日の日本はイマイチでしたね。よくわからないド素人なりに、ゴール前のパスがもたもたしてる感じがしました。
イタリア語会話、ちゃんと見てるんですね。私は再放送派。録画たまちゃってます(汗)
ホントはレビューでも書きたいところなんですけどね。。。
Posted by Haruka at 2006年06月13日 23:45
やっぱあれは、鼻牛ですよね・・・
くやしいより、呆然って感じで。 なんか、ふぬけ状態から立ち直れません。
イタリア語、ほとんど理解できないんで、単に観光ガイドを見てるような気分で楽しんでますよー。
今回は、これまでの どの特集よりおもしろそうだったのに、サッカーで頭がいっぱい、忘れちゃうなんて。バカバカです。
レビュー書いてくれたら、勉強しに行きますよぉ、Harukaせんせ!(笑)
Posted by ドルチェ at 2006年06月14日 00:42
うーん、今の日本チームに対しては、
"You'll Never Walk Alone"の歌詞があまりにぴったりすぎます(^_^;)
簡単な英語ですし、私のヘタな訳つけると台無しになりそうなので、そのまま写しておきます。

When you walk through the storm
Hold your head up high
And don't be afraid of the dark
At the end of the storm
There's a golden sky
And the sweet silver song of the lark

Walk on, through the wind
Walk on, through the rain
Though your dreams be tossed and blown
Walk on, walk on, with hope in your heart
And you'll never walk alone
You'll never walk alone
Posted by tn at 2006年06月15日 18:34
tnさん
この曲の歌詞をじっくり見た〜い!と思ってるサッカーファンの方々は、きっと喜ばれることでしょう。
もう、著作権切れてるんですよね、この曲? 一応確認。
まさかの逆転劇に きみょーな連帯感が生まれたような気もします。一人じゃない呆然。
雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、敗戦ニモ負ケズ・・・ じゃなくて、試合ニモ負ケズ!、にしてくれないと困るのよー。
あんまり早くに夢破れちゃうと、ドイツを満喫する楽しみが減ってしまう。
希望は、まだあるのかなぁ(小声)。
Posted by ドルチェ at 2006年06月16日 08:13
著作権は…微妙ですね(苦笑)。
でも結構いろんなところに写してあるので大丈夫かと思いますが。もしまずければ消していただいて、googleで、「"You'll Never Walk Alone" lyrics」で検索すれば多分大量に見つけられるはずです(lyricsは「歌詞」の意味)。

話は変わりますけど、今朝NHKの朝の連ドラ「純情きらり」を初めて見ました。ヒロインが東京音楽学校(今の東京芸術大学)を受験するとかで、モーツァルトのピアノソナタK.330の最初のところを弾いてました。実はそういう話だったんですね、知らんかった…
Posted by tn at 2006年06月17日 10:24
tnさん
サウンド・オブ・ミュージックと作者一緒ということなら、すごく古そうだから大丈夫だろうと思っているのですが。 後で調べてみます。(せっかくのおいしい書き込み、消したくないですー。)
「純情きらり」、そういえば、まだ見たことないわぁ。
新聞テレビ欄ページのあらすじを読んだりしたことはあるんですが、ジャズがどうこう書いてあったのに、東京音楽学校受験とか? ところどころしか読んでないと、全然話がつながらなくて(笑)。
両刀遣いってことなら、素晴らしい才能、うらやましいです。
でも、大学受験に330?????
Posted by ドルチェ at 2006年06月19日 02:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

18日はクロアチア戦!がんばれニッポン♪
Excerpt: お世話になります♪ちゃくちゃくと申します。 いよいよ18日はワールドカップのクロアチア戦ですね! オーストラリア戦は悔しい結果になってしまいましたけど、 18日も最高のムードで試合に送り出してあ..
Weblog: 【フリーコラム】JALマイレージバンクのマイル貯蓄加速術
Tracked: 2006-06-17 21:28
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。