新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年03月22日

トゥーランドットのピアノ楽譜をお探しの方へ

プッチーニの トゥーランドット 誰も寝てはならぬ の ピアノ譜を探しての ご訪問者さまが多いようなので。   こんなのはいかが? 歌とピアノ伴奏譜ですが、十分遊べるかと。

ルチアーノ・パヴァロッティ愛唱歌集ルチアーノ・パヴァロッティ愛唱歌集
音楽之友社 2002-03-20

曲名リスト 一部みられます
 Amazonで詳しく見る

荒川選手の 「だれも寝てはならぬ」 (トゥーランドット)
プルシェンコ選手の 「星は光りぬ」 (トスカ) 「カルーソー」
の他、トリノオリンピック開会式に登場した テノール歌手 パヴァロッティさんが良く歌う曲を収録。
つまり、イタリアオペラ テノールのアリアの名曲や、カンツォーネなど、有名曲が満載。
「オー・ソレ・ミオ」 「帰れソレントへ」 「サンタ・ルチア」 「フニクリ・フニクラ」 「ヴォラーレ」 なども 入ってます。
一般的なポピュラー譜のレベル、チェルニー30番程度ならラクに弾けると思います。
楽譜通り弾き語りしてもよし、歌と左手の部分を中心に てきとーに弾けば、ピアノソロにもなります。  この、てきとーにが 大事。
一番ラクな方法だと、メロディーと 一番低い音だけを拾って弾くだけでも、それっぽく聞こえます。
これなら、難しそうな楽譜だし・・・ と 躊躇せずにすむでしょ。

比較的、初心者の方へ
♯や♭について 少しでも知っているのなら、バイエル程度で弾ける・・・ とか、ハ長調で弾く・・・ とかいう楽譜にばかりこだわらず、難しそうに見える楽譜でも 弾けそうなところだけ拾って弾くことに、どんどん挑戦してもらいたいなぁと思います。
すごい難しそうなところは、とりあえず鼻歌でフンフンしときゃ おっけー。
イヤなとこは見なかったことにする、このてきとーさ加減が、あなたを育てます。
環境が人間を育てるじゃないけど、楽譜も 眺めてるうちに馴染むものです。
あれは、ただのグラフィックです。 見慣れてないから、恐くてイヤなだけ。
眺めてるうちに、だんだん拒否反応起こす場所が減ってくると思うので、そしたら、じっくり読んでみればいいんじゃないかな。
自分と同じレベルのものばかり選んでいると、同じ地位から抜け出すことができません。
時には、理想を思い切り高く持つのも、楽しいものですよ! 挑戦!!


ピアノソロの楽譜で弾きたい人はこちら
ただしこれは、私が中身を確認したわけではないので、ご自分で よくお考えになってね。

やさしいピアノソロ 永久保存版 クラシックベスト100
簡単アレンジで、なんと100曲収録。 リンク先で、収録曲名すべて見られます。

1曲だけでよければ、
Nessun Dorma from the Opera Turandot: Piano Solo Sheet
誰も寝てはならぬ♪ 原語では、Nessun Dorma でございます。

[追加情報 2007年 ピアノソロ、ピアノ連弾譜]
  


参考までに
私が持ってる楽譜は、プッチーニのオペラから有名曲18曲を ピアノソロに編曲したもので、小さく歌詞も入っています。(原語のみフリガナなし)
  RICORDI社 イタリアの出版社なのでイタリア語です。  リコルディ版
  MELODIE PUCCINIANE   TRASCRIZIONI FACILI PER PIANOFORTE
2000円くらいでした。
輸入版のピアノ譜のコーナーに Transcription 編曲ものも 混じって置いてあって、他にも出版されてると思うので、大きな楽譜やさんで探してみて下さい。
ポピュラー、ブライダル、ラウンジピアノの楽譜コーナーを物色してみるのもよろしいかと。


フィギュア選手の活躍で大注目のCDなど
トゥーランドット フィギュア・スケート・ミュージック
トゥーランドット フィギュア・スケート・ミュージック
オムニバス(クラシック) メイ(ヴァネッサ) コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団

関連商品
マイ・フィギュア・スケート・アルバム
プリンセス&プリンス・ON・THE・アイス(2)
荒川静香 Moment ~Beautiful skating~
プリンセス&プリンス・オン・ジ・アイス
Celtic Woman (CCCD)
by G-Tools


荒川静香選手が金メダルとった時につけてたピアスと同じものなんですって!!
ダイヤモンドスリーストーンピアス を探す  TBで情報いただきました ラザールダイヤモンドスリーストーンピアス揺れて輝くダイヤモンドピアスオーダー1ヶ月予定


ドルチェの トリノオリンピック関連投稿記事
  ・荒川静香選手フリー曲 トゥーランドットについて
  ・荒川静香選手ショートプログラム曲 幻想即興曲について
  ・荒川静香選手 エキシビション アンコール曲 パガニーニの主題による狂詩曲
  ・村主章枝選手 高橋大輔選手フリー曲 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番について
  ・安藤美姫選手フリー曲 蝶々夫人について
  ・蝶々夫人 「ある晴れた日に」 戸川純バージョン
  ・プッチーニ夫妻 情事を重ねる夫 と 超嫉妬深い妻 作曲者は こんな人


posted by ドルチェせんせ at 03:09| Comment(8) | TrackBack(2) | おすすめ楽譜・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドルチェさんこんばんは。

「やさしいピアノソロ 永久保存版」…
ヘンデルから千住明まで入ってるんですね〜♪こういうお得なピアノ譜探してました!日頃聴いている曲をさわりだけでも弾くことができればっ…って思ってたんです♪いちいち高いスコアを買ってたら破産してしまうし(笑)

それにしても「アテネ・プッチーニフィーバー」は凄いです!しばらく収まりそうにありませんね〜
Posted by sumito96 at 2006年03月22日 20:28
ドルチェせんせ、こんばんは〜!『肥えためいちゃん』です。
当方のブログにコメント、ありがとうございました!ついに醜い姿をさらしてしまい、お恥ずかしい限りです(恥)


>イヤなとこは見なかったことにする、このてきとーさ加減が、あなたを育てます。

このお言葉、全く同感でーす!!
『副科ピアノ』で、もともとテキトーなピアノを弾いていためいちゃんですが、コードで弾くようになってから益々、楽譜を見ないようになってしまいました。楽譜は単なるグラフィック・・・・名言ですねえ。本当に、過度な『楽譜信奉主義』の方が、不必要なストレスをどれだけ感じながらピアノの楽しさを自ら軽減させているのやら・・・。(もちろん、スコア通り弾くのも、場合によっては必要なんですけどね)
まさに、私が『なんちゃってポピュラーピアノ』とうたっているのもそういうスタイルだからなんです。JAZZには楽譜ないし。
クラシック系のドルチェせんせが、こういう記事を書いていただいたことをとても嬉しく思っております。『いい加減』はいつも悪とは限りませんからね〜。アマチュアはまず、楽しまなくっちゃ!!ですよね!?
Posted by めいちゃん at 2006年03月22日 21:22
sumito96さん
楽譜探しで検索されてるのなら、期待に応えなきゃ!と、探してみました。
独学や初心者の方で、身近に相談できる人がいなくての楽譜探しは大変でしょうから、せっかくのやる気をなくさないよう協力しないとね!
ほんとに、便利でお得な楽譜があるもんですよね。 私も、この曲目の多彩さには驚きました。
今度、中身チェック、レベルチェックしてみようと思います。また、立ち読み・・・
プッチーニ、すっかり人気者ですね。
私としては、ピアノな作曲家だと、もっと嬉しかったですけど。
ワルシャワオリンピックだったら、おいしかったかな?
Posted by ドルチェ at 2006年03月24日 02:59
スマートなのにタフネスなめいちゃん
私は、すごい『楽譜信奉主義』でもありますよー。
楽譜から受け取る情報は、かけがえのないもので、作曲者の思いをきちんと受け止めるために、まずは精密な譜読みが絶対不可欠だと思っています。 明確な理由もなく、てきとーな変更はさせません。
きちんと反論できるだけの理由があれば、どんどんおやりなさいなんですが。
楽譜が、作曲者の意図に反してるような場合もありますしね。
まずは、楽譜を正確に見た上で、考える。 これが、基本。
だから、正確に楽譜を読み取る勉強は、きびしい先生だと思いますよ、私。

ただ、難しい曲に歩み寄るための、アレンジというか、縮小演奏というか、てきとー弾きも、どんどんおやりなさいってこと。 これは別もの。
クラシックの勉強でも、こーゆー変換は必要ですし、この、遊び弾きをいっぱいしてる子の方が、真面目な譜読みでも上達が早かったりします。
弾きたい一心で、ところどころでも、難しい楽譜読むわけですから。
まぁ、真面目と てきとー、両方切り替えてできないと困るっちゅーことです。
だいたい、楽譜通りに弾ける人が、楽譜通りにしか弾けないなんてありえないでしょ?
みんなほんとは、できるんだよね、大っぴらにやらせてもらえないだけで。
親御さんに、遊び弾きの重要性を説くのも、私たちのお役目。

ポピュラー楽譜だったら、もともとアレンジされてるものを、正確に譜読みする重要性は、ますます減るわけで・・・
将来バリバリクラシックを目指してるのでなければ、てきとー弾きおんりーでもおっけー!
楽譜読めずに探り弾きおっけー! 何でもありだと思うんですよね。

別々の目線で考える。 クラシックピアノでは、両方できるようにしましょーってことですの。
あぁ、真面目な話したら、疲れた。 でも、ドルチェが、楽譜信奉主義者であることは、間違いない。
Posted by ドルチェ at 2006年03月24日 03:15
ドルチェせんせ、熱いですねえ〜!ちょっとひるんでしまった。。。
おっしゃることはよ〜くわかります。

ただ、私がブログで訴えたい読者層の方は『これから初めて鍵盤をやる方・やりたいと思っていらっしゃる方』や、『楽譜が読めないという理由から躊躇している方』などを対象として考えていたんですねえ。ところが、思いがけずお仲間になっていただいた方はほとんどが『クラシック出身』の方で、楽譜が読めるどころか、それなりに弾ける方が多くて。ドルチェせんせも含めて、現役ピアノ教師バリバリの方も何人か。
まあ、考えてみればピアノをテーマにブログを書いていらっしゃる方々だから、既にお弾きになっているのは当然なんですよね〜。
まあ、それは良しとして、『楽譜の功罪』って絶対にあるはずですよね。理想はドルチェせんせいの言うように『両方できるようになる』ことなんですが。その方のスタンスや楽しみ方、レベルによってかなり違ってくるから、難しいですね。
よく言われる有名な話『ビートルズは楽譜が読めなかった』という逸話によって、自らの『壁』を取り払ったピアノ初心者の方がもっともっと増えてくれればいいと思っています。
あ〜、自分も真面目な話、しちゃった!疲れた。。。
Posted by めいちゃん at 2006年03月24日 22:11
めずらしく真面目な私たち(笑)。 たまには、アホアホだけでないとこもアピールしときましょ!
うちも ここでは、気軽に聞いて、気軽に弾いてほしいスタンスですからね、小さい頃、絶対楽譜通りにしか弾かせてもらえなかった人たちが、気軽に弾く時まで 必死に譜読みして、自分で高い壁を作って挫折してるの、もったいないなぁと思ったので、てきとー弾き推奨の記事を書いたわけ。
楽譜は読めた方が便利だけど、読めなくても弾ける!と。

でも、楽譜を見るストレス以上に、喜びのが大きい人種もいるのです。子供や初心者であっても。
一番魅力的かもしれない可能性を見ようともしないのは、大変もったいないことだと思うので、私は楽譜をじっくり見たくなっちゃうんですねー。
てきとー流し弾きで量こなすのも、じっくり研究して弾くのも両方楽しいのです。
はなからてきとーに弾くのと、ちゃんと見た上で別の解釈をするのは わけが違います。
個性的なバッハ演奏が魅力的なグールドだって、誰よりも緻密に現代曲弾いてたりしますし。
ついでに、特別な創作能力がなくても、楽譜でまねっこするだけで、素敵な曲が弾けるってのは、私のような凡人にとっては大変ありがたいことでして。
どっちが不必要なストレスかどうかは、人それぞれだと思うのね。

過度な反楽譜信望主義者ってのも存在する気がしませんか?
逆に、楽譜の悪い点ばかりを追求する方々。 クラシック族だってだけで、攻撃されることが。
それぞれ自分の意見だけを振りかざして、論争してるの見ると変だなぁと思います。
好きなようにやればいいだけなのにね。どうして、お互い認め合えないんだか・・・ まったく・・・
お教室でも、てきとー遊び弾きの楽しさと、譜読みをちゃんとする利点について、両方提示してあげられればいいんですよね。
最近は、その辺、柔軟な先生たち多いと思いますよ。
自分が子供の頃とは違うようで、ちょっと羨ましいですけど。

美空ひばりも楽譜読めなかったって聞いたことあります。ものすごく耳が良くて、外国語わかんなくても、ジャズだろうが、シャンソンだろうが何でもこなせてしまうすごい方だったって。
今、ひばり節「ファシネーション・魅惑のワルツ」が頭の中をグルグル。
星空の下で、2人だけで会いましょう♪って、原田知世が出てるCMなんだけど、商品名思い出せないや・・・
Posted by ドルチェ at 2006年03月27日 00:09
>グールド

彼こそ「鼻歌」の名手ですよね(笑)。
彼が死去直前に録音したゴールドベルク変奏曲はデジタル録音でしたから、余計に耳につきます。

ただ彼の完璧なピアノ演奏には(録音ゆえ、「編集している」という陰口も叩かれますが)、鼻歌が、なにかしら「人間らしさ」を与えています。

楽譜が読めないといえば、パヴァロッティもご自分で公言されてますね、たしか。
Posted by tn at 2006年03月27日 22:37
わぁ、うちにもそのCDありますー。 旧録音の方は、聞いたことないんですけども。
イスを最低におとして、うなりながら、グールドの真似!とか遊んでる、バカな女子高生でした。
結構まわりにファンいまして。グールドの鼻歌がなくなったら、それはそれで淋しいかもしれませんね。
パヴァちゃんの楽譜のうわさ、私も見たことありますわ〜。
ソプラノのフレーニとは幼なじみで、生まれた病院まで同じだって話も一緒に載ってたんだけど、何の本かは忘れちゃいました。 どの程度、苦手なのかまでは書いてなかったんですが。
私は、歌楽譜によくある、一つ一つハタついてる記譜法だと目がチカチカしてイヤでして。
♪は仲良く手をつないでほしいと思ってしまいます。
Posted by ドルチェ at 2006年03月29日 02:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15232174
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

WeddingBlog 0円プロフィールDVD
Excerpt: トラバさせてください! 結婚関連の記事を集めているうちに辿り着きました。 またきます♪今回はご挨拶程度で
Weblog: 気になる記事だったので・・・
Tracked: 2006-03-23 17:13

荒川さんのピアス
Excerpt: 荒川静香さんがトリノオリンピックで身に付けていたピアス、とても評判で注文が殺到しているそうです。。
Weblog: 荒川静香さん勝手にファンサイト
Tracked: 2006-03-23 20:43
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。