新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年02月24日

トリノ女子フィギュア、やったね、金メダル!

やりましたね! 荒川選手。 金メダルおめでとー!!!
今日は、超早起きして、氷上の舞姫たちに魅了されておりました。
貴乃花優勝の時の小泉首相じゃないけど、「感動したっ!」って叫びそうです。
さすが、お姉さん方、ものすごいプレッシャーのかかるオリンピックの舞台であっても、素晴らしい演技ができる精神力の強さ、うなってしまいます。
荒川選手は、特に、なんか 神様も味方してるような、違う空気を感じたというか、なんちゅーか・・・
眠いの我慢したかいがありました。

荒川静香選手、日本人にしては、背も高くて 手足も長くて、もとも素敵なんですが、ショート、フリーともに、スタイルの良さが よりいっそう引き立つような、縦のラインを強調した衣装で、さらに 魅力的に見えたような気がします。
村主選手も、紫色って、イメージぴったりですし。 曲にも 合ってたよね?
安藤選手の衣装は、ちょっとなぁ、顔色に合わないような・・・
世界のワダエミさんのデザインにケチつけると、攻撃されそうで怖いですが(笑)、もっと似合うものを選んだ方が良かったのでは? と思っちゃいました。
顔色が悪く見える衣装にメイク。 蝶々夫人の演技では、ちゃんと 可憐な蝶々さん18歳が ピンカートンの帰りを純粋に信じて待ち焦がれてるような 夢見る表情作ってたのに、あれじゃ台無し。
   あ、オペラ「蝶々夫人」のあらすじについては、こちらをお読みください。
     安藤美姫選手のフリー曲 蝶々夫人「ある晴れた日に」
衣装だけで考えると、銀メダルだったコーエン選手の ショートプログラムの衣装が、すっごくかわいくて、一番気に入っちゃたんですけども。 サーシャ本人も とてもキュート。ちっちゃくてかわいい。
女子フィギュアは、衣装も 楽しみの一つだったりします。

ミキティ、大舞台で4回転ジャンプに果敢に挑戦ってのも、良かったです。
しぶとく頑張れる精神力を身に着けて、次世代を引っ張らなきゃね。 真央ちゃんと一緒に。
ただ、ミスった後、自滅する選手と、取り戻せる選手の違い、舞台でのピアノ演奏でも 近い面がありまして、いろんなこと考えちゃいました。
自分が、完璧なる自滅型でしたので、よりいっそう・・・

村主選手は、惜しくも4位でしたが、実は、日本の3人の中で、私が 一番魅了されてしまうのは、この方です。
演技という観点だけで見ると一番でしょ? 総合芸術って感じ。
フリー曲についての話も、まだ したい気がするし、うちは、もう少しオリンピックの余韻に浸っちゃおうかなぁと思います。

取り急ぎ、感動覚めやらぬうちに 感想文を書いてみました。
共同通信社のトリノ五輪特集、フィギュアの記事もまとまっていて 見やすいです。
  http://topics.kyodo.co.jp/feature13/archives/cat_cat51.html

あ、始めましての方、ドルチェが書いた、フィギュア使用曲についてのお話も読んでね(笑)。
  ・荒川静香選手フリー曲 トゥーランドットについて
  ・トゥーランドットのピアノ楽譜をお探しの方へ
  ・荒川静香選手ショートプログラム曲 幻想即興曲について
  ・荒川静香選手 エキシビション アンコール曲 パガニーニの主題による狂詩曲
  ・村主章枝選手 高橋大輔選手フリー曲 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番について
  ・安藤美姫選手フリー曲 蝶々夫人について
  ・蝶々夫人 「ある晴れた日に」 戸川純バージョン

コメントで話題になったため、私は記事書いてないのですが、「死の舞踏」で検索されることがあるようです。
笛吹きハンスさんが、この曲について詳しく調べてくださいました。
せひ、読んで見て下さいね!
論争・『死の舞踏』はリストか?サン=サーンスか?


posted by ドルチェせんせ at 08:48| Comment(12) | TrackBack(0) | ドルチェ♪のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドルチェせんせ、おはようございます(^o^)/
ただいま通勤電車の中。フィギュアの記事、早速アップですね〜。早いっ!
リアルタイムでは見てない根性ナシの私は、さっきテレビで見て大感動!
今回の荒川選手は何かが違う。ものすごいオーラを感じました。曲も彼女に合ってましたね。
興奮さめやらぬ状態のままの書き込みでした〜。
Posted by Haruka at 2006年02月24日 09:39
ドルチェさんこんにちは!
村主選手…フリーは点が伸びなかったけど、先日のショートプログラムでの演技は圧巻でしたね。情熱のフラメンコ…ああいう演技ができるのは日本はもちろん世界でも彼女だけだと思いました〜

あとちょっとお聴きしたいことがあります!

SPでスルツカヤが使っていた「死の舞踏」という曲についてです。他の方のブログ(クラシック音楽専門ではない)で、あれはサン・サーンスのものではなくリストの「死の舞踏」だって紹介している記事を見たんですが、リストの「死の舞踏」なんて聴いたことないです。。。ホントのところどうなんでしょうか??教えてください!

毎夜この曲が夢にでてきて困っているので(笑)どうぞよろしくお願いします〜

Posted by sumito96 at 2006年02月24日 13:34
Harukaさん
通勤のお供にしていただけて、ほんと嬉しいです。通勤ラッシュは大丈夫?
ほんとは、あとで村主さんの曲のこと書こうと思ってTV見てたのですが、何だか感動してしまって、思わず書き殴ってしまった〜。
荒川選手って、トゥーランドット姫のイメージにもぴったりですよね。
音楽も衣装も、すべてが彼女のためにあって、味方してたような。
日本の代表というか、アジア人の代表は素晴らしいのよっ!って、誇らしげな気分にさせてもらっちゃいました。
鳥肌立つような感動を与えられる人たち、オリンピック選手って凄いですね。
もう、エキシビジョンが楽しみで♪
Posted by ドルチェ at 2006年02月25日 01:25
sumito96さん
私も、村主さんのショートプログラムの演技に魅了されてしまった一人です。
時間の止まる瞬間の芸術。ほんとに、最高に素晴らしかったですよね。嬉しいなぁ、同じ意見で。

「死の舞踏」のあのメロディーは、もともとがグレゴリオ聖歌の「怒りの日」からの転用でして、いろんな作曲家が使ってるから、どっちのアレンジだったんでしょうね?
ごめんよー、役に立てなくて。
リストにも ピアノ+オケで「死の舞踏」って曲はありまして、ピアノ独奏に編曲した楽譜も出ています。
フィギュアだと、サン=サーンスの名前で言われてるのを前に聞いたことがありますが。
Totentanzと独語でくればリスト、Dance macabreと仏語かな?でくれば、サン=サーンスってイメージなんですけどね。
私にとっては、あの「怒りの日」のメロディーはラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」に出てくる部分として鳴り響きます。好きでさぁ、この曲。うちでも紹介しちゃいました。
ベルリオーズの幻想交響曲にも出てくるらしいんですが、うちのレコードプレーヤーが長いことぶっ壊れてまして、昔、勉強のため、安い中古レコードを買いまくったのがすべて聴けず、またCD買うのもくやしくて、全然思い出せません。 やっぱ、プレーヤー買おうかなぁと思うこの頃。
sumito96さんの記事読んでると、よけいにレコード聴きたくなっちゃって(笑)。安いし、お宝の廃盤が眠ってたり、おいしいですよね。
Posted by ドルチェ at 2006年02月25日 01:53
ありがとうございますっ。

リストも「死の舞踏」を書いてるんですね。
確かにスルツカヤSPの「死の舞踏」でも「怒りの日」が使われていました。結構コワイ感じになってましたが…
ラフマニノフの「パガニーニ〜」での「怒りの日」はモダーンな感じがしていいですね。ラフ2のカップリングはラフ3よりも「パガニーニ〜」の方が嬉しいです(笑)

レコードプレーヤー…お宝廃盤、中にはとてつもなく高い値段で取引されているものもあるようですね。ドルチェさんの中古レコード盤も将来物凄いプレミアがつくかも知れませんよ〜!(笑)
Posted by sumito96 at 2006年02月25日 10:38
そっか〜。うちのレコードにもお宝が眠ってるかもしれないのね!!
でも、自分でも絶対売りたくないだろうから、金儲けできないなぁ。残念(笑)。
私も、3より、パガ狂のが嬉しいです。
うちにも、ラフマニノフ自作自演のラフ2とパガ狂のカップリングレコードありますよー。宝物です。
レコードプレーヤー買ったら、また中古レコード買ってみようかしらん。
Posted by ドルチェ at 2006年02月26日 21:43
ドルチェせんせい、こんばんは。ハンスです。

ここでも、僕の詰まらない記事を紹介してくださり、恐縮です。

sumito96さんにも、ご迷惑をお掛けしたようで…。遅ればせながら、あの記事書いてよかっらです。

ドルチェせんせいに触発されて、僕もラフマニノフのピアノ協奏曲第二番を取り上げようかと思います。

では、ドルチェせんせい、花粉症にはお気をつけ下さい。ハンスより。
Posted by 笛吹きハンス at 2006年03月21日 03:03
ハンスさん、こちらこそ良い情報をありがとうございました。
ラフ2の記事投稿の際には、ぜひぜひぜひトラバお願いいたします。
村主選手のおかげで曲の良さも広く認識してもらえたようで、うちでは現在一番おいしい記事です。
フルーティストの観点では、あの曲がどう料理されるのか、興味津々でございます。
Posted by ドルチェ at 2006年03月21日 03:27
こんばんは、ドルチェせんせ。ちょー季節はずれネタですが、仕方ないです。なんせ今初めてこの記事を読んだので。
前に中古CD屋で見つけたCD、タイトルもずばり「怒りの日」。「なんちゅう企画物やねん」と思いながらも買いました。「モツレク」「ヴェルレク」「ベルレク」などと怒りの日の寄せ集め。その中でリスト「死の舞踏」S.126、1849年の作品。さらにサン=サーンス交響詩「死の舞踏」作品40、1874年の作品と出ています。でもこのサン=サーンスのテーマ、「動物の謝肉祭」の「化石」そっくり、ってゆーかそのものです。この辺の関係に詳しい方いらっしゃる?
わたしはグレゴリオ聖歌の「怒りの日」が一番です。「ふぁみふぁれみどれれー、ふぁふぁそふぁみれどみふぁみれー」後世の作曲家は4拍子だとかなんとかに収めるために譜割りを多少無理してるんですよね。この曲(?)は四線ネウマ譜が一番似合ってると思います。「ラクリモーサ」の変ロ音、すぐ次の最高音ニ音。当時の人たちはこれを聞いて一層神への祈りを深めたのでしょう。
Posted by bwv582 at 2006年10月08日 23:18
いろいろ読んでくださってるようで、とても嬉しいです。過去記事うもれさせたくなくて必死なので(笑)。
しっかし、強烈な企画CDですねー。
サン=サーンスの「動物の謝肉祭」は、パロディーのオンパレードでして、他人の曲だけじゃ飽き足らず?自らの「死の舞踏」まで化石と称して遊んでしまったものです。
ピアノの連弾や、2台ピアノでも結構遊ぶ曲で、私たちピアノ人にも馴染みが深い曲なんですよー。
カステラ一番・オッフェンバックの「天国と地獄」は、のそのそ亀さんに、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」の風の精だかなんかは、重たい象さんに変身。
ピアニストだって、チェルニーの練習曲風なのをひたすら無能に繰り返す動物扱い。
さすがに、身の危険を感じたのかは知りませんが(笑)、生前の出版を自ら禁止した曲だと楽譜解説に書いてありました。発表当時も、ばかうけだったみたいなんで、実にもったいないですが。
この記事書いた頃、リストの「死の舞踏」のCDは持ってないと思ってた私ですが、後でシフラのリストPコン2曲入りCDに埋もれて入ってたのを発見して、びっくり!!
並べてある状態じゃ側面に題名書いてなかったんだもん、気づけないよー。
忘れてたくらいだから、昔も今も好みじゃなかったのかな、自分のアホさ加減に笑っちゃいました。
グレゴリオ聖歌からの引用曲だけでも、怒りの日CD作れそうですね。もうあるのかも。
Posted by ドルチェ at 2006年10月09日 09:15
こんばんは、ドルチェせんせ。なるほど、なるほど。確かに「動物の謝肉祭」はパロディーだらけですね。
しかしこの「パロディー」という言葉、マイナスイメージが定着してしまって使い心地が悪いです。
以前、「大バッハのロ短調ミサはほとんどパロディーの固まり」という話を聞かされて、危なく大バッハの性格と作曲態度を誤解してしまうところでした。
Posted by bwv582 at 2006年10月11日 22:48
たしかに、「バッハのパロディ技法」なんて言い方されると、みょーな感じがします。
バッハ研究家さんたちにとっては、昔ながらの、風刺的な意味合いのない言葉らしいですけど、どうも、おふざけや嫌味のイメージが強すぎちゃって。
私としては、作曲者が風刺的な効果を狙ってやってるのが「パロディー」、そうでもないものは「転用」か「引用」って言われた方がしっくりきます。
まぁ、遊び心いっぱいだったり、嫌味だったりするのも、いーぞー! いーぞー! って感じで、現代的な意味でのパロディ、結構好きなんですけれどもね。
でも、宗教曲でそんなことしてるヤツなの!?と思われたら、やっぱイヤですよねー。
Posted by ドルチェ at 2006年10月13日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。