新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年01月18日

ロンド形式とは? ロンドなピアノ曲で 楽曲分析

ロンドとは、ロンド形式で書かれた器楽曲のこと だと、チェ・ジウ と 竹野内豊 の ドラマ 「輪舞曲〜ロンド」に かこつけて、お話しました。 その、続き。 

ロンド形式とは、一つの主要な主題が、間に それぞれ他の素材をはさみながら、何度も繰り返される 音楽形式 です。

A − B − A − C − A・・・って具合に サンドウィッチ。
A = パンの部分を「ロンド主題」、BやCのような 具の部分を「エピソード=挿入句」、または、「副主題」と呼びます。
主題を反復することで強調 しつつ、単調にならないように 違う具を はさむってわけ。
独立したロンドの曲もありますし、華やかで、軽快で 速い曲に適した形 ってことで、ソナタ や 交響曲、協奏曲 の終楽章 なんかにも、よく使われます。

「ロンド」とか「ロンド・ブリランテ」とか「ロンド・カプリチオーソ」とか、曲名に ロンド ってついてれば、ロンド形式なのね! って、バレバレですんで、今回は、題名に「ロンド」と つかない曲を例に、ご説明しましょうね!


★☆★ 17世紀くらいまでの古いロンド −− これが、後に現在の ロンド に発展します ★☆★

◎ ロンドー(rondeau)  A − B − A − C − A − D・・・
「ロンドー」に合わせて、挿入句も フランス語で「クプレ」と呼びます。

曲例 : バッハ パルティータ第2番 ハ短調 BWV826 の 第5曲「ロンドー」
   A − B − A − C − A − D ー A

パルティータは、同じ調性の曲が いくつか集まって できてる組曲で、1曲目の「シンフォニア」は、結構人気あると思いますし、ドルチェも大好きなので、ぜひ聴いてね!
これ、いい指の体操にも なりますのよー。 しかも、素敵な曲。
   パルティータ おすすめCD  おすすめ楽譜 イタリア協奏曲も入ってます


★☆★ 古典派以降のロンド(rondo)が、現在いわれてる ロンド形式です ★☆★

古典派のロンドでは、エピソードを 3つに制限することが多く、主題A 以外の部分が BCDE・・と、どんどん流れていってしまわないように、もう一度 Bをはさんでバランスをとるなど、構成に工夫が見られます。 頭に序奏や、最後にコーダ(結尾)が つくこともあります。

◎ 小ロンド形式  A − B − A − C − A

曲例 : ベートーヴェン エリーゼのために WoO.59 イ短調
黒木瞳さんが出てる ダイハツ エッセ のCM曲でも アレンジされて使われてますね。

 A み れ♯ み れ♯ み し れ ど らー・・ が、ロンド主題です
 B 45小節目から、どーー ふぁーみ みー れ し♭ーら ら そ・・・ ヘ長調で 大らかな感じの部分
 A 60小節目から
 C 82小節目から 左手の伴奏が「ら」を連打する、重苦しい雰囲気のところ。イ短調
 A 104小節目から
   クラシックピアノ入門にも おすすめCD  エリーゼのために おすすめ楽譜
   エリーゼのために の楽譜をダウンロード  エリーゼのためにCDをダウンロード


◎ 大ロンド形式  A − B − A − | C | − A − B − A
Cの部分をはさんで、3つの部分に分けて考えることができます。

曲例 : シューマン 幻想小曲集 Op.12 の 第2曲目「飛翔」 へ短調
 B 16小節目 変ニ長調に転調するところから   C 53小節目から 変ロ長調のとこ
   幻想小曲集 おすすめCD  幻想小曲集 全音版楽譜
   おすすめ楽譜 シューマン作品集 ブライトコプフ版(ヤマハライセンス) 商品画像をクリックすると、収録曲名が見られます。幻想小曲集、アベッグ変奏曲、ノヴェレッテンなど


◎ ロンドソナタ形式  A − B − A(提示部)− C(展開部)− A − B − A(再現部)
ロンド形式と、ソナタ形式が 融合しちゃった形です。
ソナタ形式みたいに、3つの部分に分けて、Aで 第一主題  Bで 第2主題 という扱いになります。

ベートーヴェン ピアノソナタ 第8番 「悲愴」 Op.13 の 第3楽章(終楽章)
・そどれ み♭ーふぁ れーみ♭ どーー ってのが、第三楽章だよ〜ん。 ハ短調

この曲、ロンドソナタ形式の模範例として、よく説明に使われます。 私も高校の楽式の授業、これでした。
上記の形式の最後に コーダ(終結部) が ついた形になってます。

 提示部 78小節目まで 第一主題(1〜17) 第二主題(26〜33)
 展開部 79〜120 二分音符で、どー ふぁー し♭ー み♭ー ってところ
 再現部 121〜210 183小節目から、3連符で ・どれ みれど ふぁー のとこからが、コーダです。
   ベートーヴェン3大ピアノソナタ おすすめCD
   ベートーヴェン ピアノソナタ集 第一巻 1番から15番まで収録楽譜


◎ もっと自由に変形 、拡大しちゃった ロンドもありますよー

曲例 : ウェーバー 舞踏への勧誘 Op.65 変ニ長調
  序奏 ー A − B − A − C − D − A − B − コーダ、終末句
おまけ。 ウェーバーさんは、モーツァルトの奥さん コンスタンツェの いとこです。
   舞踏への招待 おすすめCD  おすすめ楽譜 ロンド・ブリランテも入ってます


なるべく、有名曲を 選んだつもりなんですが、いかがでしょうか?
これからは、「おぉ! ロンド形式!」って思いながら 聴いてくださいね。

ロンドのもとになった、古い歌と踊りについては、こちらの投稿記事を お読み下さい。
   「輪舞曲〜ロンド」チェ・ジウが ヴォカリーズを弾いてたね


posted by ドルチェせんせ at 02:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽用語な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事からのTBをお願いしましたが、
考えてみたら以前に「お許し」をいただいておりましたので
本日、本文中にこの記事とリンクいたしました、ありがとうございます。

それにしても、現在とは「うって変わった」とてもアカデミックな記事ですね。
たいへんに勉強になり、また感動いたしました。
Posted by PINK MOZART. at 2008年03月26日 22:15
PINK MOZART.さん
大先生にそんなお言葉をいただくと、恐れ多くて、ぶほー!!!デス。
発掘ありがとうございます。
PINK MOZART.さんちの美味なお料理に絡ませてやっても良いと思っていただけるものがありましたら、いつでもどれでもつないでください。嬉しいわ〜。
意外にも、理屈の授業だ〜い好きで楽しくてたまらなかった人です(爆)。
でも、こーゆー記事は、ほんとに日の目見ないので、ミーハー路線をひた走り・・・。
広告戦略としておいしいかどうか計算する小ずるさを身に着けました。
たまに採算度外視でプロコさま〜♪とか騒いで、自爆します。
Posted by ドルチェ at 2008年03月27日 02:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。