新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2006年01月05日

あけおめ☆ことよろ

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくねん♪

お正月は、正月専用のCMが流れ、この後、またTVCM曲も 改編されたりするのかなぁと 見守っておりますが。 どうなりますでしょう。

年末、カレーや、リアップのCM 他、非常に聞く機会の多かった、ベートーヴェンの「第九」は、もうおしまいになるのかなぁ?
年明けも引き続き、ここのとこ、リスト の「愛の夢 第3番」が、よく流れていますね。
ここでも、日東紅茶と、ニベアボディのCM曲 としてご紹介しましたが、現在は、キャノンのEOSだっけ?カメラのCMでも流れてるのを 聞きました。 ブームなんでしょうかね?

ここを始めた時、CMのクラシック曲の話じゃ、すぐネタ切れしちゃうんじゃないか と心配してたんですが、思いの他、ネタはたっぷりあるようです。
ぐずぐずしてて、書く前に CM曲 かわっちゃったり・・・
おかげで、映画の中のクラシック曲にまで 話がいかないのよー。
嬉しい悲鳴というか、「クラシックも愛されてる〜!」と感激しております。

興味のない人への普及活動をテーマに 始めたブログではありますが、専門的なお話でも 検索してもらえることが増えたようで、やっぱり、それはそれで、とっても嬉しいです。
つい、マニアックな話にも走りがちな ドルチェですが、難しい時は、さらっと読み飛ばし、上手に活用していただければと 思います。
「ほしかった情報 +α をお持ち帰りいただく」ってのを モットーに、今年も 頑張って書きますわよ。
いつも、話長いですが、パッと見で 大筋つかめるように、重要事項は太字にしてあります。
お眼に留まりましたら、じっくり読んでね。
どうぞ、暖かく見守って、時には助けてやってくださいませ。

今年は、モーツアルト生誕250年。
大変お下品で 楽しいお方なのですが、神童のイメージを どこまで打ち破っていいものやら 悩むところです。
すごい歌の訳詞、何曲か見つけました。 教育上かなりよろしくないです(笑)。

あ。年末ジャンボ かすりもしませんでした。 一枚しか買ってないから、いっか〜。

ドルチェの関連記事--------------------------------------------------------
ベートヴェン第九の話 キャノン ピクサス CM曲
日東紅茶のCM曲は? リストさんってば編曲がお好き
ニベアボディ CM曲。リストさん、親子そろって不倫の子持ち


posted by ドルチェせんせ at 00:46| Comment(3) | TrackBack(0) | ドルチェ♪のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
こちらへのコメントありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

私はどうも文章が難くなってしまって、どうしたものかといろいろ試してはいますが、なんかしっくりこないです(T-T)。
ドルチェ先生の説明はうまいですよ。私は興味深々で読んでます。

モーツアルトの話、楽しみですね。
下品なところも人間らしくていいですよね。

それでは、また来ます。
Posted by lonnie at 2006年01月05日 07:30
 せんせ、明けましておめでとうごじゃります。
今年も宜しく御願い致します。

こちらに来ていただいて、恐縮です。

これでウチにも箔が付くってもんですワ。

せんせ、ちょっと質問なんですが、30過ぎてからピアノ習いだしても弾ける様になりますん?

え〜と、人前に出て演っても恥ずかしくないくらいに。
Posted by 学太郎。 at 2006年01月05日 18:26
お二人とも、よいしょがお上手〜。 ブタの如く木に登りそうです。

lonnie さん
ほんとに、少しでも、わかりやすく伝えようとすることの難しさを痛感する毎日です。
ギターの譜面みたいなの、どうしてレイアウトがくずれないのか、すごいなぁと思ってみています。
あれを書くだけでも、すごい労力では?
モーツァルトは著作権切れ楽曲とはいえ、本に載ってる訳詞はどういう扱いになるのか、著作権の面からも、どこまで書いていいものやら悩むところです。
あぁ、でもしゃべりたい・・・

学太郎。さん
いくつからだって、弾けるようになりますよ〜。
大人になってから始めるほうが、苦労が多いのは否定できないんですけども。
頭で先に理解しちゃうだけに、実行できないもどかしさがつらいみたいですね。
本来、楽器演奏は体感して体に叩き込むべきものであって、頭より体。
歌って踊っての大きい動きから、徐々に小さな指先の動きにつなげていくのが一番なんですが、大人にお遊戯させるのもかわいそうですしね。 指導側としても、もどかしいとこなのです。
動物的にやるほど上達は早い。
とにかく一曲ずつでも弾ける曲が増えればいいのか、将来的に自分で弾きこなせるようになりたいのか、目的をはっきりさせて学習方法を選ぶと良いと思います。
いっぺんに難しいことを望まず、少しずつ確実にできる技術を積み重ねていく方が、長い目でみたら早道なんですけどね。 お好みにあった学習法を提案するのも、私たちのお役目なのです。
Posted by ドルチェ at 2006年01月06日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。