新 着 記 事
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2005年12月24日

変奏曲(ヴァリエーション)とは?

主題(テーマ)と、いくつかの変奏からできてる曲のこと。
主題を設定し、さまざまに変化させる「変奏」って技法を使います。

例えば、メロディーに飾りつけをしたり、逆行させたり、伴奏を変化させたり、音符の長さを拡大・縮小させたり、おっかけっこにしてみたり、テンポ、拍子、調をかえたり、和声を変化させたり・・・ 
変奏の数についての決まりはありません。 いくつ変奏しようがオッケー

主題は、自作で新しく作る、別の自作曲から持ってきて使う以外にも、他の人の曲や、民謡なんかを使うのもあり。
そーゆー時は「○○の主題による変奏曲」なんて題名がついてます。
この、○○による・・・ってのは、ほんとたくさんありますね。
超人ヴァイオリニスト、パガニーニの曲なんかは、いろんな作曲家がこぞって「変奏曲」作っちゃってる、愛され主題です。


変奏曲は、こんな風にも 分類できます。

★厳格変奏(装飾変奏)
主題がまったくわかんなくなっちゃうほど変化させることはありません。
装飾による変奏。和声進行はそのまま残します。 古典派の時代は、これが主流。
 例えば、
  トルコ行進曲がついてる、モーツァルトのピアノソナタ 第11番 K331 の第一楽章
  楽譜: ピアノ学習者におなじみ ソナタアルバム 第一巻だと、第10番の曲です。

★自由変奏(性格変奏)
主題の雰囲気を残して、大胆に自由に変化させちゃいます。
ほとんど原型をとどめてないような変奏もありなので、慣れない人には、テーマとのつながりがわかりにくい部分もあるかもしれません。
ベートヴェンが確立。それ以降の作曲家たちに 大きな影響を与えました。
 例えば、
  ベートヴェン ディアベリ変奏曲(ディアベリのワルツによる33の変奏曲)
  楽譜: ベートーヴェン変奏曲集に、ディアベリ バリエーションも入ってます

★低音変奏
低音に主題を置いて、しつこく繰り返しながら、上声部だけを変奏させたり、全然別のものを弾いたりします。バロック時代は、これが主流。
この手法を使った、舞曲「シャコンヌ」や「パッサカリア」も、変奏曲の一種です。
 例えば、
  バッハ シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番の5曲目)
  ピアノ編曲版 ブゾーニ編曲 バッハ シャコンヌ


う〜ん、なるべく簡単な言葉で説明しようと思っても、上手く書けないですぅ。
深く興味のある方は、作曲関連や、音楽形式についての本で勉強しましょう。(逃げ)

これあたり、勉強になるよ。  石桁真礼生 「楽式論」


参考文献
 新音楽辞典(楽語)  楽式論  やさしくわかる楽典


SK2のCMで、変奏曲の話をしたんで書いてみました。
んじゃ、よいクリスマスを♪

----------------------------------------------------------------------

同じ主題を元に作曲された曲を比較、紹介してみました。ドルチェの投稿記事です。
   ・パガニーニの主題によるピアノ変奏曲 ☆ あれこれ


posted by ドルチェせんせ at 06:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽用語な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドルチェさんこんばんは!

今まで変奏曲の「種類」までは気にしていなかった(知らなかった)んですが、分類すると面白いですねー♪

「自由変奏」は作曲していて楽しそうですが、限られた条件のなかでメロディを作っていく「厳格変奏」に魅力を感じます!
まさに作曲家の腕のみせどころ…みたいで。

…トルコ行進曲で有名なモーツァルトのピアノソナタ第11番は「K331」…ケッヘル番号一つ覚えました(笑)
Posted by sumito96 at 2005年12月25日 01:24
すっご〜い。覚えちゃうんですかぁ?
私は、ソナタアルバムの楽譜で、もちろんカンニング(笑)
一般的に出回ってるケッヘル初版番号で書きましたが、改訂版のK6(ケッヘル第6版・右肩に小さい6)だと、300iってドコモみたいな番号になってます。

厳格変奏と言えば、メンデルスゾーンのピアノ曲で「厳格なる変奏曲」って、もろな題名の曲が。
通称「げんバリ」。 ベートーヴェンも、初期の変奏曲は、この分類。
作曲専攻の人たちと違って、簡単にしか授業でやらなくて、私もあまりよくわからないんですけどね。
音楽形式に限らず、和声でも、対位法でも、最初の勉強は禁則だらけの規則がんじがらめ。
さわりしか授業がない私たちは、ここで終わっちゃいます。
もう少し教わりたかったような、難しいことやらんですんで良かったような、びみょーです。
Posted by ドルチェ at 2005年12月27日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。