新 着 記 事
(11/19)バッハ「シャコンヌ」ピアノ編曲版(ブゾーニ&ブラームス)楽譜とCD
(11/09)フィギュアスケートの使用曲たち☆グランプリシリーズ2011
(01/11)あけおめ☆ことよろ6(フィギュアおすすめCD)
(03/01)真央ちゃんからの金メダル?
(02/28)ラフマニノフ前奏曲集おすすめ楽譜☆真央ちゃんの鐘をピアノで弾こう!
(02/22)真央ちゃんの、ラフマニノフの前奏曲「鐘」(プレリュードOp3-2)
(02/08)ベートーヴェンが4割引!?
(01/09)あけおめ☆ことよろ5
(01/15)あけおめ☆ことよろ4
(12/14)フィギュア2008グランプリファイナルの使用曲☆クラシック編
(11/19)真央ちゃんの「仮面舞踏会」を弾こう! ピアノ譜ダウンロード
(11/07)小室哲哉にまつわる我が家の事件簿&ヴィヴァルディ
(10/08)アニメ☆のだめカンタービレ巴里編 気になる曲は♪
(08/07)運動会曲「道化師のギャロップ」 オーリスだって疾走中
(08/02)アマゾンで試聴できなくなった???
(07/22)アヴェマリア対決、エビピラフ VS ドルチェアイス
(07/17)CMオリジナル曲探しに お役立ちアイテム
(07/13)スズキSX4 CM曲、西本智実指揮ジュピター
(06/30)プロコフィエフのピアノロールCD、自作自演+他人の曲
(06/27)ピアノロールの話。大作曲家たちが弾いた演奏を聴こう!

ぶろぐらんく小   ☆★☆ もっと過去の記事を探す 目次・記事一覧表へ   ☆★☆トップページへ
 
Web piano-bravo.seesaa.net

2008年10月08日

アニメ☆のだめカンタービレ巴里編 気になる曲は♪

じゃっじゃっじゃ〜ん。 超ひさしぶりに お出まししてみた。
バリバリにさぼってるうちに、早くも10月。
また、のだめが始まっちゃいますぅ。 のだめのパリ編デス。

ドラマのようには萌えられない私ですが、新春スペシャルドラマ版で登場しなかった話も、アニメ版では登場するとのこと。
やっぱ見てしまうのよね。 永久保存版、録画しちゃいます。
だってさぁ、シャウエッセンのCM曲として「ベト7」が流れた時に、「のだめ!」かと思って 心ときめきませんでした?
罪よね、あのCM。 アニメの提供枠で、ぜひ流してほしいCMだわ。


「のだめカンタービレ巴里編」
フジテレビでは、10月9日から放送開始
毎週木曜 24:45〜 の放映ですが、初回は時間変更で、24:50〜
フジテレビな関東地区以外では、放映開始日や、時間が違うようなので、公式サイトでご確認を。
テレビアニメ「のだめカンタービレ 巴里編」公式サイトhttp://www.nodame-anime.com/
フジテレビのサイトだと こっち → http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/nodame2-anime/


で、やはり気になるのは、番組で流れる曲のこと。

オープニングテーマ曲は、ゴスペラーズ 「Sky High」 (キューンレコード)
ラフマニノフの曲をアレンジし、服部隆之さんが作曲ですって!
ラフマニノフのどれを使うのだ?  もしや、ルイが弾く、Pコンの3番か???
   ぶっふぉーーー!!!   鼻血ぶーぶー。
・・・・と勝手に盛り上がったのも束の間、公式サイトでチラッと聞けた部分は、ピアノ協奏曲でも 第2番のほう。 ミルヒーの指揮で 千秋さまが弾いたアレだ。
公式サイトの 右サイド、「スペシャル」のところを見に行くと、プロモーション映像で、アニメのバックに流れてます。 第3楽章の第2主題のメロディーを、ゴスペラーズが歌ってるのが聞けます。
また2番かい・・・。 あぁ・・・。
のだめや フィギュアスケートや 映画なんかのおかげで、第2番と出会うチャンスは いっぱいあるわけだから、少しは、第3番も宣伝してあげてくれー。
3番のが、ド派手で、おもしろいのに・・・。

エンディングテーマ曲は、宮本笑里×Solita「東京 et 巴里」 (ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
こちらは、ラヴェルの「ボレロ」がアレンジされてるんだとか。
こっちの曲は、作曲者が ラヴェル連名になっていなかったので、どんな風に「ボレロ」が隠れているのか、楽しみです。

隠れてるといえば、のだめアニメ公式サイトに 髭男爵を探せ! なコーナーがあるんだけど???
アニメの中に、毎回、髭男爵が潜んでて、クイズで何か当たるらしい。
なんでやね〜んバー


アニメの中で登場してくる曲については、
のだめ巴里編アニメ版の使用曲CDで、ぜひ曲目をチェックしてみましょう。↓
のだめカンタービレ 巴里編 のだめカンタービレ 巴里編
モーツァルト ショパン 梅田俊明

ERJ(SME)(M) 2008-10-15
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る by G-Tools


スペシャルドラマのパリ編で、すっとばされた曲としては、
ヤキトリオでプーランクや、リストの「波がどうたら・・・」が、登場してくるあたりが 嬉ちい。黒ハート

のだめでは、音高、音大時代に流行ってたってか、おなじみの学習アイテムが、わらわら登場してくるので、学生時代を思い出し、かなりグッっときます。
一般的な有名曲ばかりでまとめないリアルさが、のだめの良さなんでしょうね。 学校で使われやすい曲っての、あると思うのです。
リストの「波の上を歩くパオラの聖フランチェスコ」 は、8分くらい。 演奏時間的に、試験や、ちょっとした演奏会に使いやすかったりして、弾いてる学生が たくさんおりました。
友達が ぶらぼー! に演奏してたりすると、自分も挑戦してみたくなるわけで、流行っちゃう。
日頃ズルをして、左手を甘やかし、筋肉が落ち切っているのを 初っ端から思い知らされる曲でもあり。
たまに弾いてみては、すごいショックを受ける、と(爆)。
左手動かねー。 やべー、筋肉痛バリバリ〜 と、低次元で苦しんでるところ、
バリバリ左利きの友達が弾いたら、海面をフーっと風が吹き抜けていくようで、素晴らしいのなんのって、もう。
こっちはトライアスロンか サバイバルか、足つりながら 自力でもがき泳ぐ フランチェスコ聖人に成り下がってるのに・・・。 ううう。
聴くより、弾くほうに人気があった曲だったので(リストって、そーゆーの多くない?)、一般的な曲の知名度としては、どんなもんなんでしょう。 のだめ効果で有名曲になれるでしょうか?
これって、「波を渡るパウルの聖フランシス」だったり、ポールだったり、フランソワだったり。
曲名が長いのと、読み方の違いが いろいろあったりして めんどくさいので、私の周りでは、リストの「波がどうたら」 で通じてました。 「伝説の波のほう」とかね。
小鳥に説教たれる聖フランチェスコさんとともに、<2つの伝説>として、2曲まとめて CDに収録されたり、リサイタルでとりあげられたりするケースのが多いかな?
「小鳥がどうたら」は、学校では人気なかったけど。弾きにくそうだしね、技術不足につき(爆)。
のだめの お城でリサイタルシーンは、ドラマ版より、たっぷり時間をさいてくれそうだと期待してよいかしら? むふふ。


ということで、本日の試聴コーナー♪
amazonが相変わらず試聴できないので、HMV のサイトにとびます。
HMVは、作曲者の作品表から検索できるのが便利。 上手くひっかからないCDもあるけど、それなりに使える。
長生きなリストさんの場合、まず、その曲数の多さに圧倒されます。
むむむ。 知らない曲だらけなんだよなぁ・・・(汗)。
リストの、作品、Keyboard のタブで、
 ・Legendes(2), for piano, S.175 (LW A219) (1863)   か、
 ・St Francois de Paule marchant sur les flots (Legendes No.2) S.175/2 (LW A219/2) (1863)
のとこをクリックすると、この曲の収録CDが探せます。 他にも、試聴できるのが潜んでるかも。

リスト「波の上を歩くパオラの聖フランチェスコ」を試聴♪
 → Keyboard Works: Lise De La Salle(P)+liszt: Piano Worksicon るんるん
曲目とサンプル 
8が、のだめリサイタル曲「波の上を歩くパオラの聖フランチェスコ」  Legendes (2) for Piano, S 175: no 2, St Francis de Paule walks on water
ついでに、11は、千秋くんの卒演曲「メフィストワルツ第1番」
全然関係ないけど、5の バッハのオルガン編曲もの、この曲すげー好きなんだよなぁ。
と、なんとか聞いてもらおうと画策してみたり(笑)。

せっかくなので、もう1方の伝説、小鳥さんの曲も聴いてみる?
 → Piano Works: Stephen Houghicon るんるん
曲目とサンプル
3が、伝説の1番「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」 Legendes (2) for Piano, S 175: no 1, St Francis of Assisi preaching
1は、またまた「メフィストワルツ第1番」
4は、<詩的で宗教的な調べ>より、「孤独の中の神の祝福」 この曲、とっても好き。


☆プーランク☆
あとね、プーランクはピアノ曲も大変魅力的なので、ヤキトリオついでに、興味を持っていただけたら。
ヘンテコ大王プロコフィエフに負けず劣らず、ヘンテコびゅーてぃふるなメロディーを作ってくださるお方なので、ヘンテコ王子とお呼びし、お慕い申し上げています。
プーランクさんは、超大金持ちのボンボンなので(ローヌ・プーラン社の御曹司、アスピリンで築いた巨万の富を相続、って本に書いてあった)、見た目はともかく、フランシス王子さま☆  モーホーだけど。
彼はパリジャンなので、プロコさま(ウクライナのソンツォフカ村、農場管理人の息子)より、お洒落〜なヘンテコぶりです。
なんつーか、人バカにしたようなメロディーとか出てくると、マジしびれる(笑)。
プロコ様んちにやってきては、楽譜書くのを手伝ってくれたり(ロシアバレエ団 ディアギレフ互助会 ってとこ?)、トランプ遊びのお相手をしてくれたり。
のだめに登場する「ピアノとオーボエとバソンのための三重奏曲」より36年後の曲ですが、プーランクの「オーボエソナタ」は、亡きプロコフィエフに捧げられています。
黒木くんのレパートリーにどうだろうか。
どうでもいいことだけど、プーランクのピアノ協奏曲の出だしは、コーヒールンバ♪ 喫茶店



-------------------------
アレルギーを抑えないと 耳に水が溜まってきちゃうので、薬で眠くてどうしようもありません。
(耳の不調については、ここでもグチって迷惑かけたので、治ったら報告しなきゃなんですが、半分くらい良くなったとこから先に進めず。現在は、滲出性中耳炎の小康状態モード?耳管狭窄症でとどまっていて、水溜まらなくなったのに、鼓膜が動きません。鼓膜陥没。飛行機乗ってるみたいな耳づまり状態。悪化すれば、滲出に戻ります。いい加減、お疲れ気味、やる気出ないのよぉ。ゆるちて。)
なので、ブログも心ゆくままにおさぼりです。
サイト巡りはおろか、パソコンからして、さぼりまくり。すっかり、ネット浦島デス(汗)。
みなさんお元気か、のぞきにいかなくっちゃね。
気まぐれ不定期更新になりますが、あきれず、発見した時には読んでやってください。
のだめ放映開始で、躁状態に切り替わったら笑ってやって。


posted by ドルチェせんせ at 09:20| Comment(6) | TrackBack(0) | のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ別:投稿記事一覧表へ ← 他の記事も見る → 新着記事一覧・トップページへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。